NTT西日本のフレッツ光を対象にした「コミュニティー割引」のサービス概要

昨日から光回線のフレッツ光ネクスト隼(ハヤブサ)の申込に伴って気になっていた
「コミュニティー割引」の件。
http://www.ntt-west.co.jp/news/1208/120827a_7.html
1421.8:1651:2334:248:350:NONALNUM-32303132C7AF3039B7EE3236C6FC3131BBFE3433CAAC3533C9C330303031:none:1:1::
1635.5:1650:2325:248:350:NONALNUM-32303132C7AF3039B7EE3236C6FC3131BBFE3433CAAC3533C9C330303032:none:1:1::
→公式ページはこちら
所用をこなす合間で確認したところ次の点が分かった。
私は申込自体は「口頭申込」できる事と思っていたのですが、どうやら違うと言う。
NTTの116へ確認したところ、申込書が必要で1枚の書類に
「代表契約者」と「副契約者」として合計3名または3回線の扱いになると言う。
NTTへ確認した際に、分かった事は
異名義でグループを組む事に関する同意書が必要という位置づけで、それぞれの契約者の氏名、電話番号を入力するルール。
代表名義で組む場合は、代表者が他の契約者の同意を取り付ける事で契約をとりまとめ、以下のイメージで割り引きされる。
39:928:421:350:159:120827a7b:none:1:1::
契約の仕方では、一括で割引を行う方式と、個別に割引を行う方式があると言うが
契約形態に関わらず「個別割引」が望ましいと思う。
今のところは、申込をする用紙を請求したところ書面の到着は来週以降だという。
来週の木曜日頃までには届いてほしいものである。
10月1日から適用されるよう交渉しているのだが、どのみち日割りという位置づけで言えば、一日あたり10円の割引。と言う事ですから、わずかな金額に見えるとしながらも、決して侮れないのです。
コミュニティ割引の良いところは、西日本エリアの光回線ユーザなら誰でも良い点。
申込をする相手を間違えなければ、これほどお得なサービスは無いと思うのです。
申込書が届いたら改めて紹介致します

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.