周辺機器

パソコン屋が勧める持っていると絶対役立つ機器~その1「ラベルプリンタ編

絶対オススメなんていう言葉ほど、嘘っぱちに思える程、レビューを鵜呑みにしないおおくすです。 そんな私がラベルプリンタを導入したのは6年以上前の話 福岡で行政書士を開業している知人の事務所で見たのが最初で、「あると便利」の一言。 彼の使い道は主に宛名に印字するためだったらしく、大量に買い込んだレターパックに貼っているのが印象的でした。 私の会社で使っているラベルプリンタは Brother P-touch 9500PCという機種です。 持出用として、P-touch PT-P750Wという機種も使っております。 Brotherのラベルプリンタの機種では、高性能機種にあたり印字品質・速度ともに高品質な事が特徴です。 元々、私は購入した物に日付を書く習慣があり、へたくそな文字で書くよりもラベルプリンタの文字で印刷するほうがずっと精神衛生的に良いです。 さて、ラベルプリンタを2つ持っているそもそもの理由は、PT-9500PCは印字品質速度ともに申し分ありませんが、このプリンタを使うには専用ソフトを別途インストールしなければなりません。 標準ソフトももちろんありますが、私の場合はジャストシステムのラベルマイティを使っています。 POP印刷からラベル印刷まで幅広く、ナンバリングからタック印刷まですべてこなせるマルチなソフトウェアで、一太郎とエクセルにくわえ、ラベルマイティがあればビジネスは十分活用できます。

ScanSnapと電子文書化~デジタルデータ化のススメ

紙データをとにかく整理整頓したい。もう少し効率よく物事をすすめたい。そんな方にオススメなのが、ScanSnap iX500   ScanSnapは、富士通が開発しているパーソナルドキュメントスキャナです。 スキャナだけなら、確かに何処の会社も複合機と称しながら付いているのとどう違うのか? 一般の複合機(この場合は一般家庭用を指し、業務用を除く)と異なる所は 一般の複合機のスキャナはあくまでも付帯サービスに近く、単独としての性能はきわめて低い。 専用のスキャナももちろんあるが、使い勝手が悪い。   実際に取り込むまでのスピードを考慮しても、同じ原稿を1枚読み込むのに、複合機が約2分。 ScanSnapだと10秒。   つまり、5倍~10倍は速いScanSnapはとにかく便利。 使い道を考えるとイマイチわからない。 具体例として

iPhone用モバイルバッテリーが780円、これはお買い得!!

日頃からアウトレット品には目が無い、おおくすです。 衝動買いのために、毎月5000円の予算で買えそうなお得な商品を見つけると言うのがテーマです。 今回はソフトバンク直営店でのモバイルバッテリ Smart energy LU01 for iPhone なんと特別価格780円 【アウトレット】【iPhone 6/6 Plus対応】smart energy LU01 for

モノクロレーザープリンタ PR-L5000NがLAN対応で6000円台

レーザープリンタの調子が悪いので、LAN対応のお手軽プリンタがないか調べてみたら ・・・超型落ち品のNECのPR-L5000Nプリンタがなんと6980円。   驚きのプライス!! 早速ポチッと注文。   このプリンタの特徴は 白黒専用 LANがついている → これ重要 用紙トレイ 250枚 印字スピード 3秒/枚(毎分20枚)   私のところでは、社内書類を印字するときはカラーレーザを使わず、必ずモノクロを使うようにしています。 ちょっとした事ですが、使い分けは大事で、会社でプリンタを導入するなら 2台は最低欲しいところです

OKIから交換用トナーが届く

        先日のプリンタ騒動から約2週間ほどたった昨日、事務所に見慣れない箱が一つ。補充用トナーがOKIから届いたようだ。 ちょうど、イエローが切れたので1本交換したところ表示されたステータスは以下の通り。     おや? すでにシアンとブラックは交換したので、さほど減ってないのだが、イエローのカートリッジ単位が違う?スタートアップが0.8kとなっていたが、なぜか補充用で届いたトナーは0.7k確かに非売品と書いてあり、一般の製品とは違うのがよくわかる。   でもなぁ、どうせなら0.7とか中途半端な製品よりも1.5kを全部入れてくれた方がよさそうに思うのは私だけじゃないだろう。 もちろん、一般流通品と違い、商品から補充品手配までメーカ負担で行っているので、同じ商品を過剰に提供するのは不公平感があると思う。 ※シアン・ブラックはすでに新品交換済み(1.5k仕様となっているのはそのため) ※マゼンダはまだ、初期ロットのため、0.8kと表示