Category: 雑記帳

新しい元号が決まる~平成→令和の元号換算について考える

2019年4月1日に新しい元号の「令和(れいわ)」が発表され、平成は4月30日をもって終了というお話。 様々な元号案が上がったというが、読みにくいという事からこの元号案に決まったと思われる。 世間の関心事はお祝いムードである一方、システム屋の私にとってみれば新しい元号における諸問題を少し整理してみると 「和暦・西暦」と「新旧和暦経過措置」の換算問題が浮上する 昭和と平成の区切りが1989年で昭和64年と平成元年と偶数・奇数から 今回の平成31年・令和元年の「奇数・奇数」は数字の並びとしては不自然であるが、計算上の都合は非常に良い。 さて、次の問題が 【平成→令和の元号換算】 一例として 平成39年 → 令和9年 平成31年 → 令和1年(元年) という事から、平成3x年は 令和x年になるという事から 単純に平成31年以降は単純に30を引けば良いという事。 生命保険などで平成50年というのも、理論上話でいけば 令和20年となるので、それはそれで良いかと 免許証の有効期限問題も気楽になりそうです。 特に免許問題で「いつが有効期限になるんだ!」という話をあちこちで聞きましたが、このように整理して見ると「なんと単純な」事だと気づくのです。 平成が31年以降は30を引けば現行の元号に変わる事から、次の継承についても奇数年で退位すると今回のようにスムーズに切替が出来るのではないかと見ています。 私の世代としては、あと1つは元号が変わるところまで生きているので、このときの話は次も必ず出てくる事だと思います。   もっとも、昭和という時代が遠くなり、明治・大正という時代に生きた人もそう遠くない内に「最後の明治生まれの人が亡くなりました」というニュースが流れる事でしょう。 あと80年もたてば、最後の昭和生まれが亡くなりましたというニュースがあるように、いまの30歳以下はすでに平成生まれである事実。   時代の流れをひたすら感じる今日この頃です。

長崎発飛行機の旅

2月6日 長崎から東京までフライト チケットの購入の仕方が良かった事もあり、機内サービスが良かった LCCはどうしてもコスト重視感があるためか、最小限で搭乗手続きになってしまう。 今回は、そういったことが全くわからない中で、なんでも盛り込んでおこうという考えは、旅慣れした方からみたら無駄なんだが、自分にとっては一大イベントである。 日頃は列車が多く、飛行機は10数年振り 当時と環境も変わって東京までの移動が、劇的に安くなった もちろん、いろんな特典を利用したら可能であるものの、通常から安いのはいい カード会社のラウンジ利用 楽天ビジネスカードは使えないオチ   普段から楽天カードのプレミアムカードを利用しており、ラウンジも使えるところまではよかった しかし、、、 楽天ビジネスカードは、なんと対象外! 色がゴールドなだけで、特典対象外なんだとか、、、 今後、出張が増えるときに備えてラウンジで使える上級カードを持っておくことも大事だと痛感。 フライトにおける携帯電話の運用管理 携帯電話の機内モード切り替えのアナウンスが無かったことに少し驚いた もっとも、フライト中は圏外になるので、そもそも必要がないのかあるいは、実害がないから放置かは定かでないが、機内モードにしておくに越したことはないと思う 長崎から東京までの巡行時間は約一時間 これからしばらく高度が下がり、着陸 もっと時間がかかりそうな感じだったが、この速度ならば、あっという間だなと思う 九州での暮らしがのどかすぎて、大都市に行く機会すらない 仕事で東京までという時代は変わって、地方だからできないとは思ってない。 地方には地方での暮らしがあり、都市では都市の暮らし方があると思う。   東京長崎も日帰り旅行が可能な時代 過密なスケジュールをこなしながら初日を終える

法人化3周年

今日、5月1日は私の会社の創立記念日でした。 久しぶりにお昼は、鰻にしました。 私が法人化をすることになったきっかけといえば、インターネット事業の低迷と新事業への転換がありました。 現実は、転換というよりも原点回帰という言葉がしっくりきました。 この数年の間に数人雇用しましたが、正直育成は難しいと実感しました。これも一つの経験です。 20代の頃、会社勤務をしていた時代を思い出すと、成績はもちろん、接客時間の長く振り返ってみればコスパの悪い社員だったことでしょう。 今更ながら当時の同僚や上司に申し訳なかったと思います。 結局は、長くは勤務できず約2年ほどで退職しました。   さて私の会社におけるパソコン屋は正直いいまして、モノを売ればよい職業ではなさそうです。 業種として見た場合に、医師や弁護士と同じ立ち位置だということに気づきました。 さすがにお客様から先生とは呼ばれませんが、現実はそういった専門職は信頼性と的確な判断が要求され、次がないというプレッシャーがあります。 様々な症例を調べて適切な解を提示することは正直難しく、相手によって説明を工夫する必要があります。 コストかけても修理したい人、安く仕上げたい人様々です。   仕事にも変化が出てきました。 長崎市において、IT専業の会社がどの程度あるかといえば、正直言いまして一桁です。 エリア全体で一番多いのが、佐世保市です。(それ以外の地域は1軒あるかないかです) 私が出店しているこのエリアには、半径5キロ圏内に大手量販店が4カ所あり激戦区です。 同じことを行っても勝ち目がないので、サポートをメインに展開することにしました。   初年度 オープン当初   2年目 デジタルラボを中心に展開   当たり前にこだわるという姿勢はずっと持ち続けていた一つのテーマです。 常に変化を続けてようやく、いまのスタイルで落ち着いたのもちょうど2年目の終わり2017年に入ってからでした。 それから3年目を迎え、今日法人化して丸3年、店舗オープンもまもなく3周年の節目を迎えます。   日頃から私は皆さんに次のようなお話をします。 常に変化を続けなければ生きていけない。 好きな事とできる事は違う。 自分やりたい事と相手が求めている事の違いを見極めなくてはいけない。 あきらめたら終わり。最後までもがくのが大事。 だめと思ったら相談してみる。答えが出なくとも何かヒントが見つかる。 借金は金融機関から。一度でも個人から借りるとすべてが終わる。 相反する事ばかりですが、仕事とはそういったモノだと痛感します。 所々白髪が増えてきました。   何事も無理はできないので、本当一つずつ少しずつです。 世間は連休が始まりますが、私の仕事はいつも通りです。  

Apple Watch series3 cellularモデルを使って見る

先日の製品発表を見て、これは買おうと思ったApple Watch 今回で3代目になる製品を私がなぜ選んだか?理由をお話ししたいと思います。 私自身は、ケータイを2000年に持つまでは、腕時計を良くしていました。 しかし、ケータイを使うようになってからは時計はケータイの時刻で確認するのが常となり、昨今腕時計をする習慣すらありませんでした。 腕時計を付けない理由は、もう一つありまして普段は事務所でデスクワークをしている事もあり、あらゆるところに時計があるのでわざわざ腕時計で確認する必要がありません。ましてや、物をよく忘れる事も災いして時計を紛失するのが多く、それ以来腕時計は付けなくなりました。   これまでのApple Watchをみて、率直な感想は「1日使えない時計に果たしてメリットがあるのか?」だったのです。 初代の製品は確かに画期的でしたが、デジタルガジェットの時計に5万円近くのお金を出す勇気は正直ありませんでした。 2代目はそういった欠点を補うべく、防水や電子マネー対応がありましたが、iPhone7があれば事足りるのにそこまで必要か?という印象すら受けました。   今回の3代目で、セルラーモデル(携帯版)を見たときに、詳しい説明を見るまでも無く「これは買いだ」と予感しました。 詳しい説明を見るとさらに期待が確信に変わりました。その理由を述べたいと思います。   購入の動機 1 Apple Watch単体で通話ができる 2 iPhoneを自宅に忘れても通話やメールができる 3 電子マネー(Suicaなど)が動作する為、ケータイを手元に持たなくても利用できる 4 SIMが搭載されている為、外見は時計でも実際はケータイとなんら変わらない。 5 時計なので軽い   それでもって、早速注文しようとAppleのネットショップにログインしたところ・・・・出遅れて「納期が5週間」。   それでもって、ダメ元でauのオンラインショップで予約注文したところあっさり、届くということに溜まっていたポイントも割引に使えて結果オーライでした。   ただ、今回のApple Watchの利用条件としては、MVNO(いわゆる格安ケータイ)では契約ができない事になっており その理由は、LINEの年齢認証と同じ理由でキャリア回線でなければ認証が受けられなければ使えないようです。   Apple Watch Cellular版動作の仕組み このサービスの特徴が説明では少し不可思議でしたので、今回auで契約した事でわかった点があります。 1 Apple Watchには携帯電話番号が割り当てられる(れっきとした090の番号です) 2 Apple Watchに割り当てられた電話番号に発信すると、iPhoneも着信する 3 iPhoneの番号に発信すると当然ながら、両方着信する という事がわかりました。 私の予想は、iPhoneの番号(A)とApple Watchの番号(B)とした場合、iPhoneの番号がApple Watchに転送されるというイメージでした。そのため、Apple Watch専用の電話番号に発信しても専用のため着信しないと予想していました。しかし、結果はApple Watchの番号にかけようが、iPhoneの番号にかけようが結果は同じだったという事。 そんなはずあるのか?という事ですが、Apple Watch専用の番号があるとはいうものの、現実は電話番号をたすき掛けにして2番号併用する事で実現していると言う事でしょうか。 iPhoneとApple Watchの両方に主番号と副番号をそれぞれ割り当てるイメージで、au側としては、両方に信号を発信してどちらかが着信したら切れるという仕組み。 それゆえに、iPhoneにもApple Watchの番号が着信しなければいけないという事になったのでしょう。 理屈はどうであれ、物理的に電話番号が2つ存在し、なおかつその電話番号は何らかの形で利用できる点は特筆する点と言えます。 発信としては利用できないにしろ、着信番号としては利用できるならば、他に使い道があるのではないかと考えてしまいます。   […]