カード決済の仕組みを改めて紹介するテーマも3年経過すると、いろいろ変わってきました。 キャッシュレスサービスも2015年12月の状況から大きく変化しました。   決済システムの状況 各社共通:JCB・ダイナースカード決済に対応 ※アメックスについては、各社対応が分かれたため、足並みはそろわず (アメックスがJCB包括を採用している会社とアメックスを提携先で持っているため) 手数料はJCBの料率が平均3.5%以上(楽天3.24~Airペイ3.74~スクエア3.95) 電子マネー決済の登場 ApplePayが2016年のiPhone7より本格対応した事に伴い、電子マネー決済システムが一気に展開されました。 据置の端末においては、WAONも含め全対応です。モバイルの決済端末はQuicPayおよびiD+交通系ICの組み合わせです。 ※ApplePayがこの3ブランドであるため、Edy・nanaco・WAONについての対応はこれからです。 システムの更改 各社共通:ICカード決済に軒並み対応 電子マネー対応:スクエアを除く全社 プリンタの追加(2015年以降に登場した製品) スター精密 mPOPがコイニーを除き全社対応 スター精密 SM-L200が楽天ペイとコイニーが対応 スター精密 mC-Print2/mC-Print3に楽天ペイとAirペイが対応 従来からのSM-S210iは現行で販売しており、現時点ではSM-S210iとmPOPのバーコードリーダーモデルを導入する事がオススメです。     https://okusu.net/5373/payment-systems-comparison 2015年当時と2019年1月現在までにどう変わったか掲載してみました。 2015年12月時点 決済会社 楽天スマートペイ スクエア Airペイメント コイニー […]

ソフトバンクグループが今夏導入したPayPayの総額100億円キャッシュバックキャンペーン 2018年12月4日に始まったこの企画も10日間で終わるという状況に 当初は1ヶ月くらい続けるか?と見ていましたが、全国各地でPayPayフィーバーが続き、結果的に10日ほどで終わるという大盛況ぶり。 私の会社は加盟店契約を行っても大きなウェーブに乗れそうな雰囲気で無かった事もあり、静観していました。 決済手段として整備する事は常日頃から行っているため、淡々と申込を行っていたところ 審査通過の直後に「キャンペーン終了」というオチ 訴求するどころか、そういえばあったなぁで終わってしまいました。 今回の企画は素晴らしいという事で終わるより「無謀な企画だったなぁ」と今のご時世を反映させたように思います。 締めくくりとしては、「ソフトバンクらしいなぁ」という一言に尽きそうです。   ただ、これでお話が終わってしまえば、単なる独り言ですが、私が率直に感じたPayPayの状況を利用者と加盟店の両方からお話したいと思います。 ほとんどは、PayPayの利用者という立場になると思います。 現実、PayPayの加盟店は少ないのが現状です。 そして12月13日取り扱いの振込については、結果的に14日に着金せずに15日という結果となり、正直あきれました。   私がこういったキャンペーンに消極的な事は、加盟店として何の旨味もないのです。 セールスを行うために拡販出来る商材があれば別ですが、いち個人商店で売り上げられる金額は微々たるものです。 ビックカメラが数日間でPayPayで10億円売り上げたという内容から、キャッシュバックは最低2億円~最大5億円近くあったと見ています。 お祭り状態でPayPayで本当に誰が潤ったのか?といえば、現実誰も得をしていないのが率直な感想です。   PayPayの加盟店条件を見て、マネーロンダリングを想像した人は賢明です。 クレジットカードの現金化し放題じゃないか?と思ったのは想像に難くなく、それが発覚すると即加盟店契約破棄はあり得るのではないか?と思います。   一方PayPayにおいて、他社との比較をした際、AliPayの取り扱いを行っています。(注:AliPayの母体である、アリババグループは、ソフトバンクの出資企業です)   現在、AliPayを取り扱う会社はPayPayの他に リクルート(エアペイ) があります。 一方でWeChatPay(テンペイ)の方は主に 楽天(楽天ペイ) […]

DMのマーケティングは非常に難しい DMで効果測定が得られるから、便利だと言う。 しかしながら、それが簡単にできるなら誰も苦労しない。 DM営業で思いつくこと 実際のところ、DMを送る事に効果的な手法は何か?といえば、単純に「日頃から商品を買う」事が多いなら当然としつつ、それ以外の開拓を進めるのはどうやったら良いか? 1 名前をとにかく売り込む 2 CMを流す 3 広告を打ち出す 4 DMを送る などがある訳で、名前を売り込む事は非常に難しい。 CMを流す事は大事だが、これも名前を覚えてもらう事が狙いなので、付随目的になる 広告を打ち出す点については、媒体として使い勝手が良いものはそうなく、すり減りにくいものが望ましい。 私は過去にとある方々と新聞広告(1日分・3万円)を出稿したことがありますが、このときの経験で申し上げると、連絡が来たのは他の新聞広告営業からで、顧客からの連絡は無かった。 しばらくは反応があるだろうと思ったが、見込めず広告についてはそれっきりである。 考察 さて、新規顧客開拓における各社の取り組みとして考えた場合、効果がありそうな事を考えると 1 既存顧客へDMをおくる 2 店舗の前でちらし・ポスターを貼る 3 店舗周辺の不特定手数の個人・店舗にDMを配る という訳ですが、一番成績が出やすいのは1しかない。 それじゃ、、、あんまりなので2と3について まず、ちらし・ポスターの効果は、非常に小さく即効性は期待出来ない。 ただ、張り続ける事は何に代えても大事で続ける事の大事さを説く、「継続は力なり」を体現している。 具体的対策 新規顧客開拓で心がけている事は、自分の職種がどの位置になるか?という事 これらをまとめると概ね次の部分になってくる。 1 取扱商品 「最寄り品」(例:新聞・たばこ・牛乳・たまごなど) 「買回り品」(例:衣料品・耐久消費財・外食など) 2 客単価 […]

ホームページ制作に必要な情報って何か? 大事なことは大きく3つ 1 連絡先 2 料金 3 今のご時世に即した内容←これ重要 実際に必要なものはこれくらいです。 創業当時はホームページの制作で生計を立てていました。(現在は、新規の契約は凍結して既存のお客様のみの対応です。) 創業は2001年とインターネット元年と言われる頃にはじめて約10年ほどは仕事がありましたが、昨今は新規の契約として単価を得るには難しい状況です。 これは、無料でテンプレートを駆使したウェブサービスが充実して、簡単なホームページは私も含め専門業者に依頼する必要はないと思います。 今日とある業者から、「スマホ対応のサイトがないとお客さんからそっぽ向かれますヨ」と言われたらしく、お客さんは「スマホサイト作った方がいい?」と聞かれ、 私は「制作した費用対効果が見込めなければ不要」と申し上げました。 現実問題 ホームページ制作は見栄えだけで集客できるほど現実は甘くありません。 料金については、利用する方の「気持ち」で安いか高いは決まります。 そのため、安いことは当然としつつ、今のご時世に即していないところは正直、ホームページを作っても効果が見込めません。 つまり、ホームページで掲載する情報は「必要する内容」が掲載されているかどうかにかかっています。   つまり、「全国・世界的」に希少価値があるものについては、ホームページがあるかどうかにかかわらず、問い合わせは増えるし売り上げも上がる。 必要な情報で有益といえば「限定発売」というものがあれば、それだけで十分といえます。 ただ、その掲載している内容の信頼性をどこにとるかといえば 1 店舗・事務所などが存在するか 2 会社概要がしっかり作成されているか 3 問い合わせに関する方法が明確に記載されているか 4 問い合わせ方法に電話以外の方法が用意されているか 5 独自ドメインを取得してホームページ管理に関する意識が高いか こうやって情報を絞っていくと、自ずと必要とする内容は見えてくるし、何をもって正しいかどうかを判断する材料になるかと思います。 私が現在作っている自社ホームページにおいて、問い合わせは山ほどはありませんが、1週間に1回のペースで新規のお問い合わせをいただいています。 この原則であっても、競合と競り勝ったのがその件数だったということです。 今自分の会社に何が足りないかを研究しなければなりません。 そのため、今のご時世に即したサービスはとにかく「まず取り入れる」気構えが何よりも重要です。 […]

近頃インターネット契約におけるトラブルが多く発生し、その対応に多くの時間を割いています。 今回、公益性が高いお話しのために、営業ノウハウではなく公知としてご紹介いたします。 前提としては、テレマーケティング(電話営業)および訪問営業における、契約解除の基本ルールは 1 契約締結から8日間の無条件解約の異議申し立て 2 虚偽または誤認させる説明 とされています。 ただし、全額が無条件でキャンセルではなく、8日間の間に発生した利用料金(通話料・コンテンツ料)などの役務については、請求ができる事も規定されています。   本件については、インターネットを利用して申し立てが可能になり、総務省より電気通信事業者(いわゆるプロバイダ・通信会社)へ連絡をとる制度があります。 (2018年6月現在) 紹介ページ http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/d_syohi/shohi.htm   ガイドライン http://www.soumu.go.jp/main_content/000530619.pdf   お問い合わせフォーム https://telecom-user-report.soumu.go.jp/form/pub/19436_otcb_1/index ホームページの注意事項にも記載がありますが、あくまでも本件については調査するしないの最終的な決定権は、総務省および提供事業者にゆだねられております。 ただ、リストを見ると大手企業の名前がすでに記載されているところから、問い合わせが多い事業者が一目瞭然です。 ただし「事業所は初期契約解除制度の適用外」であるのはその他、商事取引においても同様の制限を受けており、一般個人における消費者保護は行政機関として保護する一方、企業は自助するようにという事です。 本件については「個人契約」を主体としていますが、商取引においては「個人」「法人」の違いはありませんので、同様に適用を促すのが基本です。 この制度が、迅速に対応できる事はなく、あくまでもアクションプランの一つとしてとらえていただく事が重要です。 個人であれ、企業であれ不利益を被る契約を続ける事は精神衛生的によろしくありません。     現場でのトラブル防止策 私はこのような事案が多い事を鑑み本当に必要かどうかを入念に調査し、お客様と契約締結いたします。 契約の際はお客様に対し私が概略を説明し、その後の重要説明事項は提供事業会社の担当者より直接ご説明し契約締結いたします。 これは、担当者を複数据える事で説明内容の一貫性・矛盾・相違がないかを確認するためです。 […]

2018年1月より私の会社では、モバイルの電子マネー決済システムに加え、据え置き型電子マネー決済システムの導入を行いました。 決済システムを導入する事になった経緯は後述したいと思います。   クレジッドカード カード会社/ブランド JCB VISA Master AMEX Diners JCB ○ ○ ○ 三井住友カード ● ● 楽天カード ● ○ ○ 凡例 ●は自社発行のみ決済 ○は●を除く他社発行分全て決済 電子マネー ブランド/カード会社 決済区分 JCB 三井住友カード QUICPay […]

すっかり12月になってしまい、今年もあと残すところ3週間ほどになりました。パソコン屋としてはてんてこ舞いです。店頭の在庫も次々にはけてしまい、次なにをするかを考えなくちゃいけない季節です。 さて決済システムが多様化し、今後どのようなビジネスが増えてくるかは全く見えてきません。私が近頃力を入れているのは、多様化する決済システムの構築です。 近頃、便利だと思うようになったのは、SQUAREの請求書サービス。 請求書を発行する事については、これまでの課題は支払方法が現金のみという仕組みが一般的です。 これがインターネット通販が主流になってくるとやはり請求書もクレジットカード払いができたらいいなと思うのは、常であり私も試験的にSQUAREの請求書払いをはじめました。 これが一番良かった点は、銀行振込かクレジットカード払いかを選べるところです。 入出金に関しても、水曜日締めの金曜日払いと毎週精算される点は、資金繰りの面から見ても有効です。 →SQUARE(スクエア)請求書   利点 主要ブランドのクレジットカード払いができる 入金サイクルは翌日、遅くても翌週の金曜日までに入金される 請求書の書式を作らなくとも電子請求書として発行できる 欠点 取扱手数料が3.24%~かかる 請求書の書式に自由度が少ない 銀行振込を前提とした内容でない 審査結果によってJCBのみ取扱ができない事がある   総評 上記の利点・欠点はありますが、概ね一般的利用においては、なんら支障はなく利点の方が多いと考えます。 いままでありそうで無かったのが正直な感想です。とくに、企業の大小を問わずメールにて請求書発行を行うケースが増えており、必ずしも紙面で発行しなければいけない理由が無くなったのもこのサービスを後押ししている印象を受けます。 クレジット払いに抵抗がある方は少なかれ一定数いますし、私の様にクレジット払いができたら便利という考えもあります。 私の持論ですが、「クレジット払いする人はするし、しない人はしない。」で良いと考えています。 一律にこの方法がダメと決めつけるのではなく、選択肢として与える事が重要です。

近頃、大手のPOSレジが軒並みタブレットに置き換えられて構成も一段とシンプルになってきました。 私の会社はちょうどそんな時期にオープンした事もあり当初からタブレットレジシステムを導入していた経緯があります。タブレットレジシステムも中小ベンチャーから大手企業まで様々なメーカーが発売しており、その用途は様々です。 私の会社において、POSレジシステムを導入するにあたってコスト面を第一に考えた時、まずは無料で実用的に使える会社はないかと考えました。そうしたときに、2社が候補に挙がりました。 Airレジ SQUARE POSレジ の2つです。 現時点において、月額利用料が無料で使えて今後も継続的に事業が期待出来ると考えると他の会社は検討から除外しました。AirレジとSQUAREの2つは、決済システムにおいて提携しており相互補完に近い関係性があります。 決済システムにおいては 楽天ペイ Airペイ SQUARE の3つになります。各社の特徴を表にまとめてみました。 決済サービスの特徴 項目/会社名 楽天ペイ Airペイ ※SQUARE VISA/Master Card ○ ○ ○ JCB/Discover/Diners ○ ○ ○ AMEX ○ ○ […]

店頭の端末がタブレットに置き換わって、それに対応した機器がふえてきました。 私の会社では、iPad + Airレジの構成で展開しており、持出ができる端末として利用しています。 写真:タブレットとmPOPプリンタの構成例   写真:楽天ペイ(電子マネー決済)と据え置き型クレジット端末の導入例   今回、導入したものは新型POSレジシステムのmPOPというプリンタ+キャッシュドロアの機器で、当初はAirレジのみでしたが、現在ではほとんどの会社が利用可能になり、楽天ペイを除き対応しています。 レジシステムの導入に際し、決済系は主要会社全てを網羅し、クレジットカード・電子マネー・QRコード決済がすべて可能になりました。 導入を始めた2013年頃からしてみても約4年で様変わりし、決済の利便性においては、楽天ペイが主要決済会社の中では独走していますが、キャッシュドロア対応のプリンタには一切対応しておらず、モバイル系プリンタのみになっている点があります。 決済後のレシートはメール送信ができるとは言え、心配性な私は渡して安心する気がします。 レジシステムにおいて、環境構築をするために様々な施策は急務で、まずは端末をいかに導入し、他のシステムと連携を図るかにかかっています。   レジ周りが狭い私の店舗では、mPOPを早々に導入したものの、意外にも置く場所に困りました。 その理由はいくつかあり、 1)理由は実に簡単で目立つ場所に置くと、店舗運営上危険である。 2)今までと同じ場所に置くなら、置き換えるメリットがない。 3)設置したいが程度のよい棚がなかった。   レジプリンタ環境の例:カウンター内に、バーコードリーダとプリンタ・カードリーダーを配備。棚は3段ボックスを改造した自作品 写真:側面からみた様子。お客様側からは一切見えない位置のため、秘匿性を確保できる。 ようやく程度のよい棚を作る事ができカウンターの足下にレジを置き、レジと棚は専用のフックで固定したりと可能限りの防犯対策を講じました。 実際のところキャッシュドロアーとプリンタを更改したかった理由があります。 1)レシートサイズがモバイル用のプリンタと用紙が共有できた事 2)電源や配線を減らしたかった 3)バーコードリーダーを使いたかった とくに、電源や配線を減らしてもBluetoothの場合充電するために配線は早々減りません。 そうなると、物理的な機器を減らす方が得策と考えました。 棚は3段ボックスを改造し、短い板を4枚ネジ止めしてL字の金具で固定する等をして、補強しました。 […]

毎回の様に、時代に逆行している日々を送る毎日です。 巷はVISAデビットが便利と言う昨今、VISAデビット無しを希望する理由はあるのか?素朴に考えて見ました。   ジャパンネット銀行の個人口座において、VISAデビットあり無しについては、議論の余地はそうありません。 しかし、法人口座については事情が大きく異なります。 「口座名義が法人だが、VISAデビットの場合、署名欄がある事。」 そもそもクレジットカードというものは、ひとり1枚という考えに基づく為、署名欄に「企業名」を書くわけにいかず、 署名無しでVISAデビットを実施する事が得策か?と言えば、違う訳です。   楽天銀行のデビットカードは個別配布型の為、個人名が記載されますが、ブランドはJCBで年会費が1枚につき1000円別途発生します。 ジャパンネット銀行は無料ですが、VISAカードの特性上、有効期限がついてしまいます。   楽天銀行の個人口座のように、キャッシュカード+デビットカードの組み合わせならば十分活用の幅があると考えますが、