NTTひかり電話専用番号帯を使わずに電話番号を追加する方法

昨日の話題を知人に話したところ、詳しく説明してほしいという話になり もう少し掘り下げてお話をする事にします。 「ひかり電話」の専用番号帯を使わない事はメリットデメリットありますが 同番移行というのは、NTT側にしてもイレギュラー作業となり、追加料金が発生するのが常です。 たとえば、 095-833-3838をひかり電話へ移行する場合 実際は 095-800-1234という番号に転送という方法を使うのです(裏番号設定) ただし表向きには095-833-3838という番号です この処理によって、同番移行というのが実現します。 ・・・こんなうんちくはどうでもよいから実務的な事を教えろ!と言う声が聞こえてきましたので、具体的な流れを説明します。 <1>NTTへ電話または販売代理店へ問い合わせ (電話番号は 0120-116-116) ※通常は営業系のNTT社員に依頼するのが賢明です <2>アナログ回線の申し込み *既にひかり電話を同番移行で使っている場合、アナログ回線の場合はアナログ回線の新規契約・ISDNの場合はISDNでの新規契約を行う。 ※電話加入権を持っている場合は利用料は日割、加入権を持っていない場合は、1ヶ月分が発生するので注意が必要。 料金:工事費 3150円+基本料金日割料金(加入権がある場合) ※工事費内訳 *基本料金 1050円(工事単位) *新設工事 1050円(番号選定料含む) *休止工事 1050円(1日利用後の廃止) <3>ひかり電話への移行 *追加番号工事 735円 *同番移行手数料 2100円 必要に応じてオプション工事費 1050円~(作業単位) ※派遣工事の場合は+8400円プラス(作業内容により異なる) 合計 5985円~ となります。 通常に専用番号を取得する場合に比べ、数倍のコストが発生しますが それでも、局番をそろえられるメリットは大変大きいのです。 ただし、この工事料金はあくまでも「機器設定を自分」で行う場合であり実際は、特段の理由が無い場合は派遣工事となるという。 この点に気をつけ もし、自分で設定ができないと思うときは 専門スタッフの派遣を素直に依頼するべきです 工事期間は約10日~15日程度かかるため すぐに使いたい場合は、先発で電話回線の開通を行い、ひかり電話の準備が整い次第切り替える方法もあります。 個人的には、この方法はおすすめできません。 くれぐれも Continue reading NTTひかり電話専用番号帯を使わずに電話番号を追加する方法

スパムメールの判定基準とその考え方

いつもの休み明けでした 特別事故が起きたわけでもなければ、緊急性が高い事もなく、平穏な一日でした。 たまっていた仕事を一つ一つこなして、雑務をこなしているのが一番の理想ですが いつものように仕事が進まないのが私の悪い所です。 天候が悪かった事も影響してか少し体調が優れず、スローペースの仕事で済んだのが不幸中の幸いだったのかもしれません。 さて、そんなGW明けで困った話題の一つが 「スパムメールの判定基準」は一体どうなってるん?と言う、私の事務員からの質問。 私の煮え切らない回答が気にくわなかったようですが 私も回答に窮する事があります・・。 では、納得されなかった「スパムメール」の判定基準とその理由を今日のテーマにしたいと思います。 私の会社では、メールサービスのメインを都内のホスティング企業に委託して行っています。 セキュリティ管理は、F-Secure社のゲートウェイシステムを導入しており、このサーバはNTT系をはじめ、比較的採用されている定評あるサービス会社の一つです。 受信する際にメールが迷惑メールに判定される理由として *使用しているメールサーバ(この場合は、[w]SMTP[/w]サーバを指す)がブラックリスト入りしている場合 *送信した相手が記述した文面が「スパムメール」ととられてしまう内容(この辺がかなり曖昧) *送信者のメールアドレスの属性がいわゆる「フリーメール」と呼ばれるたぐいのもの *セキュリティソフトが独自に判定する場合(スコアリング方式) ざっと事例をあげますと、この3つが大まかな理由です。 一般的に多い事例が「メールサーバー」のブラックリスト化。 これは、私たちではどうもこうもできません。 一部の会社では、この問題でメールが届かない事が起きており、非常に問題視しておりますが、すぐすぐに改善できない所を見ると、非常に困難であると言わざる得ません。 私の会社では、一昨年まで、スパムメール対策の一環で、迷惑メールと判定されたメールの受信を一切排除しておりました 近年、このような「正常なメール」が「スパム」と判定されてしまえば、業務上の信用問題に発展する観点より、スパムメールの原則受信に方針を転換いたしました。 そのことから、現在はスパム・非スパムにかかわらずすべて受信しており、メールが届かないといった事はありません。 インターネット上でやりとりするメールの実に90%が迷惑メールと言われています。 この事は、非常にゆゆしきな事です 私の会社では、原則「メール」はウェブ上で公開することは禁止しており、過去に掲載実績があるドメインを除き、非公開にしています。 現在、私の会社で運用しているドメインは「hama.ne.jp」および「ai2station.com」のいずれかですが、平成15年以前から取引があるお客様は、hama.ne.jpにメールをいただいております。 メール一つにとっても、その運用方法で「迷惑メール」になってしまえば、本末転倒です。 では、今回このようなことが起きた事を検証してみました。 メールの文面で、スパムに判定されるのはどうしてか?近年は、添付ファイル+URLの組み合わせが「迷惑メール」に判定される事が増えています。 そのため、添付ファイルは特別の場合を除き、原則添付しない。と言う方針になっています。 それでも、添付ファイルに大量のプログラム添付ファイルを添付する事も増えている為、なかなか進捗が良いとはいえません。 文面で「スパム」になってしまう原因の一つに 「題名が安直なものまたは、無題」 さらに、題名にURLだけが掲載されて、本文が無い(いわゆるアスキーメール) これは、極端な例ですがスパムに認定されているサーバーから送信すると、中身に関係なく「あなたのメールはスパムです」とされてしまい 最悪はホスティング企業を買えざる得ない影響が出る事もあります。 幸い、現在契約している企業では、そのような事故は起きておらずほっとしております。 スパムメールの判定材料に「スコアリング方式」と「ブラックリスト照合」方式があり、スコアリング方式の場合は、メールの文面などを総合的に判定して、高得点=スパム要素が高い場合は、メールに「スパム認定」と付加されて届くため余計迷惑です。 Continue reading スパムメールの判定基準とその考え方

NTTのひかり電話専用番号帯を使わない裏技

裏技といえる事では無いのですが、手続きを行う上である程度の知識と経験が必要になるだけに個人的には「危険な荒技」として紹介したいと思います。 NTTのひかり電話で設置するメリットは「番号帯」を選ばずという前提であれば、便利ですが やはり「固定電話」=「地域特定」の手段として、よいのですがやはり番号帯を縛られない「ひかり電話」の回線は、時として困る事があります。 長崎では、801や893~895といった番号帯が割り当てられ、見た目として番号帯がそろっていないのはみっともない典型で、NTTに対し「なんとかならんか?」と相談したところ 「ありますが、大変です」 という言葉からでたのは 「アナログ回線休止復活」+「ひかり電話同番移行」という方法となり 工事費は1万円を超える大工事 ・・・。 安くないんですよ これが ふつうにひかり電話追加なら1700円ですから その差が約5倍 ・・・。 たかが電話番号ですが どれを選んでも同じお金を払うなら よい番号を選びたい それが心情という物ではないでしょうか。 なお この方法は、とにかくお金がかかります 手続きのリスクも相当あります どうしてもというときは、NTTのベテランに対応を求めるなど その知識が豊富なスタッフに依頼するべきでしょう。 では、また明日

お金の使い道?

今日、ある方と取引先に同行訪問した。 なかなかの仕事ぶりに流石と思う反面、ありゃりゃという顔を見て少しホッとした。 逆に彼に対して非常に親近感がわいた。 私が今の仕事を始めて早9年。立ち上げ準備期間を含めると10年になるのだが、その間に得た経験は今に生きている。 仕事の経験をどれだけ生かすかという課題は常に持っている。 私の中でコンピュータの仕事をしたいという気持ちは、少年時代から持っていた夢だったが、いまこうやってIT企業の端くれとして仕事ができているのはうれしくも思うし、きびしいと思う事もある。 今日、移動中の会話で、日常何にお金を使っているか?という話になった。 私自身は、目立ったことにお金を使っている方ではない。 パソコンも基本的に中古が中心だし、最近になって漸く、デスクトップ型を買い換えたし、ノート型は5年前に購入したっきりだ。 日用品は必要品以外購入してないが、下着がくたびれているのを見て、ここ1年かけて買い換えてみた。 素材は旭化成の[g]テクノファイン[/g]を使った繊維で非常に伸縮がよく、履き心地がよい。 性格が凝り性なので、結構一つのメーカと決めたらずっと買うリピータ ただ、なかなかまとまったお金を出す事を躊躇するせいか、いつも500円・1000円といった金額でちょっとずつ買うのが一つの楽しみ。 自分の趣味にお金をかけているほうか?といえば、正直なところ「これといった」ほしいものが無く、パソコンの専門書を1~2冊購入したりするのが関の山かもしれない。 パソコン屋だからパソコンにお金をかけているイメージかもしれませんが、私自身は「動けばよい」人間ですし、壊れたら部品交換で修理するのも日常茶飯事ですからなおさらである。 そんな事で、お金の使い道を考えてみたら、何にも思い浮かばず ・・・・テレビは? と思われるが 実は我が家には「[w]テレビ[/w]」というものがありません。 別に貧乏とかそんな事ではないのです 見る習慣が無いだけで・・・。 では、また明日

ネットバンク口座開設のすすめ

って少し仰々しいタイトルを付けましたが ネットバンクの口座開設は意外と面倒で 「ウェブサイト」審査 というやっかいな事案があります。 私の会社では、ジャパンネット銀行と楽天銀行(旧イーバンク銀行)の口座を開設しているものの どちらの銀行の開設基準は「ウェブサイト」があることを前提にしているのです。 そのため、ジャパンネット銀行に口座を開きたい人はまず「ウェブサイト」を立ち上げなければいけません。 そのときに「作りかけ」だと「完成してから再度申し込みなさい」と突き返されるため、 完成してから初めて口座申し込みができます。 このことから、口座開設に多少面倒さはありますが、一度開設してしまえば便利な銀行ともいえます。 私の会社では 「収納専用」として、地元銀行を利用していますが、入金用口座としてジャパンネット銀行を使っています。 リアルタイムに入金がわかるメリットはもちろんのこと、振込手数料が安価な点は大変便利です。 ヤフーオークションなどの口座にも利用可能なため、この点もかなり便利です。 やはり、地方銀行・都市銀行問わず法人向けのインターネットサービスは有料で、個人・法人の条件が均一なジャパンネット銀行は他のネット銀行に比べ不便さはあるものの、利便性は一番じゃないかと思うのです。 まだまだ研究の余地が多い分野であるものの 今後の動きに注目したいです。