Category: ソフトウェア

OSの入れ替えとクローンツール~EaseUS Partition Master

ハードディスクの容量があっぷあっぷになり出すと、そろそろ買い換え?と思いきや、重い腰を上げる事が多い私です。 しかしながら、自分のパソコンの事ならまだしも客先のパソコンで同じ事を言えるか?と言えば残念ながらNoであり、なんとかしなければいけない(死活問題)な訳です。   そこで、今回紹介するソフトが Partition Masterというソフト。 ダウンロードページは「こちら」   このソフトの良いところは、Windowsを起動した状態でコピーができる事と、独自OSの状態でコピーをする二つのパターンがあります。 どちらもそれなりに良いのですが、普段から利用するこのソフトの大きなメリットは何か?   大きな特徴は、パーティションのサイズを調整することができる事 良くあるパターンとして 500GBのハードディスクがあるうち、Cドライブに50GBしか割り当てが無く、残りをDドライブに割り当てていると言うパターン。 よくパソコンの容量が少ないとエラーが出る場合に、ほとんど使っていないDドライブの容量を調整し、Cドライブの容量を増加(厳密には割り当て直し)させる事が可能になるのです。 もちろん、Windows7等にも標準でパーティション変更機能は搭載されているものの、現実は使い勝手や万一のリスクを考慮した際に、お世辞にも使い勝手は良いとは言えません。     メインメニュー フリー版ですが、たいていの作業はこちらで対応可能です。   パーティション管理をクリックしたメインメニュー よく使う操作が左にリストアップされていますが、ほとんどがOSをSSD/HDDに移行する。 で事足りると思います。     割と簡単に操作できます。 作業時間は、結構長く平均2~3時間は覚悟しなければいけません。   気になるプロ版とフリー版の違いについて   決定的に異なる部分は「対応ディスクサイズ」が最大16TBである事。 16TB?と言う途方も無い数字はいまだ見かけておらず、フリー版においても8TBですから同様です。 何れ発売されるとは思いますが、当面はフリー版で事足りるでしょう。   実行速度の差 フリー版よりプロ版の方が動作速度が「速い」らしい。 (実際の速度要素として、パソコンの性能やSSD等のメディアで左右されるため)フリー版であろうと、製品版であろうと相応の違いはあるものの、一番左右されるのはパソコンの性能。これがもっともな理由です。   さて今後の課題として、 日本語の文法がおかしい箇所が多くこの部分が改善余地と思います。もっとも、日本人が作る日本語ソフトの表現もイマイチわかりにくいのですが。   Partition Master製品URL↓ https://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.html  

料金受取人払郵便作成支援ソフト~Ez Post Print

料金受取人払郵便の事を紹介したのが6年前。 初めて作る料金受取人払郵便はとにかく、失敗の連続。 何度も郵便局へ通い、書類をそろえ原稿を作り、審査を待つ。   料金受取人払郵便作成支援サービス~拙作Ez Post Print 名前がちょっと長いですが、いわゆる「原稿作成」サービス。   普段の業務を簡素化する事を目的にしたオンラインサービスです。 同様なサービスを展開しているところはほかに見かけないので、超マイナーと思われる。   気づけば3回目の更新を迎える。 料金受取人払郵便の特徴は、「正式な着払い郵便」として許可されている事。 この郵便物の特徴は 「切手の予納」が必要ない事。   当たり前の様に思いますが、この切手がいらない事は便利。ただし、予納がいらない代わりに「手数料」が別途発生してしまう。 方法によって多少異なりますが、1件あたり20円前後かかると覚えておくと良い。 (税制改正前までは、即納20円、後納15円。ただし、税率8%変更後は即納21円、後納は15円のまま) ※後納が15.4円、即納が20.5円のため。 ※参考)NTTの場合は、小数点が発生する場合の請求は切り捨て、割引は切り上げる。   そんな訳で、何年かぶりにバージョンアップしたEz Post Printは、独自ドメインを取得・・・したのは昨年の話。 それから1回目の更新をしているので・・・約1年半ほど放置していた事になる。   ・・・・まずはアドレスを新しく、次にメインページのリニューアル。   まだまだバージョンアップは続く。 →Ez Post Print(http://ezpost.jp)

メールとデスクワーク~Becky!InternetMailのススメ

一日のメール送信数は平均2~3通。 一ヶ月に換算すると、50~100通の間でしょう。   メールソフトは、Becky!InternetMailが一番使いやすく、通が使っているメールソフトです。 玄人向けと言うよりは、メールソフトの操作体系を変えたくない方には是非おすすめです。 IT系同業者でWindowsを使っている企業のメールソフトは Outlook Express Windows Live Mail Thunder Bird が多く、中にはGmailで送ったり、Macのメールソフトを使ったりしているケースもあるため、一言に利用形態は様々です。 私がBecky!を使うようになったそもそもの理由を思い出す・・・んですが、いつのまにか使い出していた。ところです。 メールソフトは、企業活動において生命線です。   私が、Becky!を一押しするには、理由があります。 なぜならば、WindowsXPの公式サポート(いわゆるBugfixパッチ)が今年4月で終了になります。 さらに、Office 2003のサポートも同時に終了となります。 今後はOffice2007ないし、WindowsVista以降のOSを利用するのが主流になります。   Becky!がこのご時世なぜおすすめできるか?と言えば 「OSのバージョンアップが行われてもソフトは使い続けられる」 「操作体系が変わらないので、XPからWindows8にバージョンアップが容易」 「データ移行作業がフォルダのみの移動で済み、メンテナンスの時間が短い」 といった利点が数多くあります。   一度使い出すと、ほかのメールソフトが使いにくいと言うほど、軽快な動作に複数のメールアカウントを管理できる点。 受信プロトコルもpop3サーバとimapサーバの両方に対応しており、この点からも利便性は格段に上がります。 とにかく、ソフトの性能から言えばかなり多機能です。 私は、テキストメール中心ですが、HTMLメールも簡単に作る事ができますし、添付ファイルのアップロードも容易です。   メールソフトの操作を1から勉強したくないと思うかもしれません。 シェアウェアですので、お試しで30日間無料で利用できます。 操作性は約20年近い歴史で培われたものがあり、動作の安定性には定評があります。 Outlook Expressに比べ、ユーザは少ないですが、数少ない国産メールソフトの中でもかなり優秀の部類です。 ユーザのクチコミはこちら   多機能で、ビギナーからプロまで幅広く使えるメールソフトはこれ以外見たことがありません。 Windowsでメールを使うなら迷わずBecky!です。 ダウンロードやライセンス購入はこちらからできます。 販売価格 4000円(税別、手数料別)    

オンライン請求書作成サービス Ez Workβ版リリース

構想だけは長かったオンライン請求書作成サービス。 EzWorkβ版をリリース このサービスでできる事は「簡単に見積書・請求書」を作成し、印刷して投函できると言うサービス。   メインページ   見積書一覧(既存データの編集などが可能) 入力ページ 出力画面(PDF形式)   できる内容と言えば、至ってシンプルでこの内容に適合する業種はおもにフリーランスなど原稿料の見積もり・請求に関するものとして利用が可能なところ。 また、窓付き封筒の標準レイアウトに準拠しているので、印刷して封筒に糊付けですぐに投函できるところが面倒くさがり屋の私にはありがたい機能。 私の会社出使っている封筒はこういったレイアウトです。 この封筒はオーダーメイドで作成しましたが、市販品でも特に問題ありません。 私が、窓付き封筒をオーダーメイドする事にした本当の事情と言えば、料金後納郵便のマークをあらかじめ印字しておける事でした。 窓付き封筒にどうしてもしたかった理由は、封筒の宛名欄の書き損じもあり得る為、なおさらです。 解決すべき課題はまだ山積みですが、まずはβ版で利用者をつのり、無料版・有料版につなげていき新たな収益源になるよう月並みですが、取り組んでいく次第です。

拡張子とMS-Office問題

もっぱら 拡張子を見るだけでどのソフトウェアか判断が出来るのはWindowsの名残でありますが (Macの場合は属性ファイルというのがあるので拡張子が必ずしも意味を持つとは限らない) Officeシリーズで有名なワード・エクセルについては ワードがDOC(Documentの略)とエクセルがxls(エクセルスプレッドシートの略と思われる)である これが近年の型式ではdocxやxlsxという形で最後にxがつき4文字拡張子が特徴となっている。 アクセスに至っては、mdbと言う表記からaccdbと全く異なる名称を付けたりとその種類は様々でしょうか。 これからはWindows7とOffice2010がそろそろリリースされる状況ですが、これからの対応を考えると 2003互換表示を作って欲しいところです。 ・・・・そうしなければ、旧来のユーザーは使いにくくて未だに2003が良いというから 悩ましい話題です