. . .

Category: ソフトウェア

OSの入れ替えとクローンツール~EaseUS Partition Master

ハードディスクの容量があっぷあっぷになり出すと、そろそろ買い換え?と思いきや、重い腰を上げる事が多い私です。 しかしながら、自分のパソコンの事ならまだしも客先のパソコンで同じ事を言えるか?と言えば残念ながらNoであり、なんとかしなければいけない(死活問題)な訳です。   そこで、今回紹介するソフトが Partition Masterというソフト。 ダウンロードページは「こちら」   このソフトの良いところは、Windowsを起動した状態でコピーができる事と、独自OSの状態でコピーをする二つのパターンがあります。 どちらもそれなりに良いのですが、普段から利用するこのソフトの大きなメリットは何か?   大きな特徴は、パーティションのサイズを調整することができる事 良くあるパターンとして 500GBのハードディスクがあるうち、Cドライブに50GBしか割り当てが無く、残りをDドライブに割り当てていると言うパターン。 よくパソコンの容量が少ないとエラーが出る場合に、ほとんど使っていないDドライブの容量を調整し、Cドライブの容量を増加(厳密には割り当て直し)させる事が可能になるのです。 もちろん、Windows7等にも標準でパーティション変更機能は搭載されているものの、現実は使い勝手や万一のリスクを考慮した際に、お世辞にも使い勝手は良いとは言えません。     メインメニュー フリー版ですが、たいていの作業はこちらで対応可能です。   パーティション管理をクリックしたメインメニュー よく使う操作が左にリストアップされていますが、ほとんどがOSをSSD/HDDに移行する。 で事足りると思います。     割と簡単に操作できます。 作業時間は、結構長く平均2~3時間は覚悟しなければいけません。   気になるプロ版とフリー版の違いについて   決定的に異なる部分は「対応ディスクサイズ」が最大16TBである事。 16TB?と言う途方も無い数字はいまだ見かけておらず、フリー版においても8TBですから同様です。 何れ発売されるとは思いますが、当面はフリー版で事足りるでしょう。   実行速度の差 フリー版よりプロ版の方が動作速度が「速い」らしい。 (実際の速度要素として、パソコンの性能やSSD等のメディアで左右されるため)フリー版であろうと、製品版であろうと相応の違いはあるものの、一番左右されるのはパソコンの性能。これがもっともな理由です。   さて今後の課題として、 日本語の文法がおかしい箇所が多くこの部分が改善余地と思います。もっとも、日本人が作る日本語ソフトの表現もイマイチわかりにくいのですが。   Partition Master製品URL↓ https://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.html  

料金受取人払郵便作成支援ソフト~Ez Post Print

料金受取人払郵便の事を紹介したのが6年前。 初めて作る料金受取人払郵便はとにかく、失敗の連続。 何度も郵便局へ通い、書類をそろえ原稿を作り、審査を待つ。   料金受取人払郵便作成支援サービス~拙作Ez Post Print 名前がちょっと長いですが、いわゆる「原稿作成」サービス。   普段の業務を簡素化する事を目的にしたオンラインサービスです。 同様なサービスを展開しているところはほかに見かけないので、超マイナーと思われる。   気づけば3回目の更新を迎える。 料金受取人払郵便の特徴は、「正式な着払い郵便」として許可されている事。 この郵便物の特徴は 「切手の予納」が必要ない事。   当たり前の様に思いますが、この切手がいらない事は便利。ただし、予納がいらない代わりに「手数料」が別途発生してしまう。 方法によって多少異なりますが、1件あたり20円前後かかると覚えておくと良い。 (税制改正前までは、即納20円、後納15円。ただし、税率8%変更後は即納21円、後納は15円のまま) ※後納が15.4円、即納が20.5円のため。 ※参考)NTTの場合は、小数点が発生する場合の請求は切り捨て、割引は切り上げる。   そんな訳で、何年かぶりにバージョンアップしたEz Post Printは、独自ドメインを取得・・・したのは昨年の話。 それから1回目の更新をしているので・・・約1年半ほど放置していた事になる。   ・・・・まずはアドレスを新しく、次にメインページのリニューアル。   まだまだバージョンアップは続く。 →Ez Post Print(http://ezpost.jp)

メールとデスクワーク~Becky!InternetMailのススメ

一日のメール送信数は平均2~3通。 一ヶ月に換算すると、50~100通の間でしょう。   メールソフトは、Becky!InternetMailが一番使いやすく、通が使っているメールソフトです。 玄人向けと言うよりは、メールソフトの操作体系を変えたくない方には是非おすすめです。 IT系同業者でWindowsを使っている企業のメールソフトは Outlook Express Windows Live Mail Thunder Bird が多く、中にはGmailで送ったり、Macのメールソフトを使ったりしているケースもあるため、一言に利用形態は様々です。 私がBecky!を使うようになったそもそもの理由を思い出す・・・んですが、いつのまにか使い出していた。ところです。 メールソフトは、企業活動において生命線です。   私が、Becky!を一押しするには、理由があります。 なぜならば、WindowsXPの公式サポート(いわゆるBugfixパッチ)が今年4月で終了になります。 さらに、Office 2003のサポートも同時に終了となります。 今後はOffice2007ないし、WindowsVista以降のOSを利用するのが主流になります。   Becky!がこのご時世なぜおすすめできるか?と言えば 「OSのバージョンアップが行われてもソフトは使い続けられる」 「操作体系が変わらないので、XPからWindows8にバージョンアップが容易」 「データ移行作業がフォルダのみの移動で済み、メンテナンスの時間が短い」 といった利点が数多くあります。   一度使い出すと、ほかのメールソフトが使いにくいと言うほど、軽快な動作に複数のメールアカウントを管理できる点。 受信プロトコルもpop3サーバとimapサーバの両方に対応しており、この点からも利便性は格段に上がります。 とにかく、ソフトの性能から言えばかなり多機能です。 私は、テキストメール中心ですが、HTMLメールも簡単に作る事ができますし、添付ファイルのアップロードも容易です。   メールソフトの操作を1から勉強したくないと思うかもしれません。 シェアウェアですので、お試しで30日間無料で利用できます。 操作性は約20年近い歴史で培われたものがあり、動作の安定性には定評があります。 Outlook Expressに比べ、ユーザは少ないですが、数少ない国産メールソフトの中でもかなり優秀の部類です。 ユーザのクチコミはこちら   多機能で、ビギナーからプロまで幅広く使えるメールソフトはこれ以外見たことがありません。 Windowsでメールを使うなら迷わずBecky!です。 ダウンロードやライセンス購入はこちらからできます。 販売価格 4000円(税別、手数料別)    

オンライン請求書作成サービス Ez Workβ版リリース

構想だけは長かったオンライン請求書作成サービス。 EzWorkβ版をリリース このサービスでできる事は「簡単に見積書・請求書」を作成し、印刷して投函できると言うサービス。   メインページ   見積書一覧(既存データの編集などが可能) 入力ページ 出力画面(PDF形式)   できる内容と言えば、至ってシンプルでこの内容に適合する業種はおもにフリーランスなど原稿料の見積もり・請求に関するものとして利用が可能なところ。 また、窓付き封筒の標準レイアウトに準拠しているので、印刷して封筒に糊付けですぐに投函できるところが面倒くさがり屋の私にはありがたい機能。 私の会社出使っている封筒はこういったレイアウトです。 この封筒はオーダーメイドで作成しましたが、市販品でも特に問題ありません。 私が、窓付き封筒をオーダーメイドする事にした本当の事情と言えば、料金後納郵便のマークをあらかじめ印字しておける事でした。 窓付き封筒にどうしてもしたかった理由は、封筒の宛名欄の書き損じもあり得る為、なおさらです。 解決すべき課題はまだ山積みですが、まずはβ版で利用者をつのり、無料版・有料版につなげていき新たな収益源になるよう月並みですが、取り組んでいく次第です。

拡張子とMS-Office問題

もっぱら 拡張子を見るだけでどのソフトウェアか判断が出来るのはWindowsの名残でありますが (Macの場合は属性ファイルというのがあるので拡張子が必ずしも意味を持つとは限らない) Officeシリーズで有名なワード・エクセルについては ワードがDOC(Documentの略)とエクセルがxls(エクセルスプレッドシートの略と思われる)である これが近年の型式ではdocxやxlsxという形で最後にxがつき4文字拡張子が特徴となっている。 アクセスに至っては、mdbと言う表記からaccdbと全く異なる名称を付けたりとその種類は様々でしょうか。 これからはWindows7とOffice2010がそろそろリリースされる状況ですが、これからの対応を考えると 2003互換表示を作って欲しいところです。 ・・・・そうしなければ、旧来のユーザーは使いにくくて未だに2003が良いというから 悩ましい話題です

Ez PostPrintサービス(料金受取人払作成サービス)をご利用の皆様へ

料金受取人払申請サービス「EzPostPrint」は、昨年11月にサービス提供開始以来、さまざまな利用者にお使いいただいています。 先日、書式に不備があるということで、問い合わせが入り確認したところ 「枠線の長さが1ミリ短い」とか、「郵便番号の位置がずれている」という理由で、申請が却下されるという事態が発生しました。 福岡県の博多支店は、書式確認を「厳密」に行っているためだという。 実際、書式の作成ルールでは、事業所(支店)で指定された郵便番号等で作成した、バーコードを作成して、読み取り試験を行い、手続き上不備がない場合は、受取人払いの申請を受理するという流れです。 本サービスにおいて受取人払いの承認番号は、原則論に則り、承認番号と有効期限の入力は、所定の料金支払い後に可能としております。 理由として、申請を行ったがやはり、諸条件が合わずに申請を取りやめて手数料のみ払い損になる事を防ぐためです。 私の会社から見れば、利用者=すぐに課金という仕組みがシンプルでしっくり来るものです。 しかしながら、現実問題は「利用条件を満たせず、断念するケース」や「印刷環境に対応できないケース」など想定されるパターンはいろいろあると考えるのが普通でしょうか。 そういう点を考慮したのですが、実際博多支店は、承認云々に関係なく、先に承認番号を交付し、それで試作品を提出することを義務付けているのです。 事の発端はここにありました。 実際に、料金発生をさせる上で「仮番号」で手続きを行い、必要用件を満たしているかを確認した上で、正式な書面を交付する手順を省いたことでしょうか。 私自身問い合わせを受けた段階で、お客さん側はすでに、支店の承認をもらったと判断していましたが、この点が後のトラブルを引き起こす結果となってしまいました。 EzPostPrintシステムの構造上、住所欄と承認番号を同時に入力できない仕組みにしております。 理由は、一度承認を受けた書式は、利用者側で任意に変えてはいけない。という規定があります しかし、承認番号・有効期限については、期限があるサービスゆえに、有効期限が発生するたびに課金を行うことは正直、抵抗感がありました。 今回の博多支店の問題は、私の会社が承認を受けた、長崎支店やこのシステムで作成した書式で承認をうけた他の支店のことについて、担当者が「まともに仕事をしていない旨」の発言をしており、これは信用問題である事は言うまでもありません。 本件について、長崎支店の見解を質したところ、誤差について許容範囲はあるが極端に規定から外れていなければ問題はない。ということでした。 もちろん、上位機関である、九州支社等がどのような見解を示すかはわかりません。 私にとって見ても、本サービスを開発することになったもともとの理由は、サービス展開上、仕様書とバーコードの作成手順について説明しているに過ぎず、現実問題、ワープロソフト等で作成できる代物でなければ、ワードなどのソフトで作成するにも正直無理があります。(もちろん、不可能ということではありません。) 私自身ですら、作成するには汎用DTPソフトを使っていましたが、作成に数十分はかかり、印刷の手間を考えても決して容易ではありません。 それからすれば、汎用ソフトを用いなくても、画面上だけで作成できるメリットは大きいと自負しています。 博多支店の関係者に「書式は、弊社も申請の実績があり、仕様書に基づき開発している。作成に当たっては、さまざまな会社が作成している受取人払いの書式を研究した結果。」と説明した。 担当者は「あなたが勝手に研究していただけで、それが郵便会社で承認を受けたわけではないのでしょう」という。 私はこの点について「本システムを使って、他の支店で利用実績がある。どこが問題か?」と質したところ、前述のような「他の支店は、間違った取り扱いをしている。博多支店ではそのようないい加減なことはしてない」と言い切ったのです。 私にしてみれば、書式の審査もせずに、承認場号を先に出すほうがよっぽど「いい加減な仕事」をしていると思うのです。 このような、事情より、本システムは、現在「博多支店」提出分には、対応いたしません。 本件について、ご不明な点ががある場合は、 日本郵便博多支店 092-431-0711 担当:江藤様 までお問い合わせください。 なお、他の支店においては、本日現在、申請が通らないなどの報告はいただいておりませんので、ご安心してご利用いただけますと幸いです。 今後ともよろしくお願いします。

デジカメと画像処理問題~JTrim

デジタルカメラも1000万画素(いわゆるギガピクセル)の時代になり、久しいものです。 画像処理に持ってこいのツールで一番使用しているのが JTrim 。 これは、元々 株式会社スタジオマップ がサポート窓口として展開していたソフトウェア(フリー)でしたが、諸事情により開発者が直接サポート・運営する事になったソフトウェアです。 (古いバージョンのパッケージにスタジオマップと書いてあるケースがあります) このソフトウェアの特徴として とにかく「軽い」 でかい画像データを読み込んでも「びくともしない」 その上操作が「かんたん」 Windows7でも「バッチリ」 と言うこと無しなソフトウェアで、主として使う用途には *画像サイズの変更(リサイズ) *画像のモザイク処理 *バナーの作成 *かんたんな画像合成 といったあくまでも「かんたん」な事しか出来ません。 高度な画像処理を求めるならば、やはりフォトショップエレメントを使うのが良いでしょうか。 こちらも値段としてみれば1万円前後で購入でき、通常のフォトショップとの違いは CMYKカラーが設定出来ない事が主な特徴となっており そのほか、設定オプションの簡素化など、定番のフォトショップに比べ少ないと感じるかもしれません。 それでも、画像処理に関する機能は本家フォトショップ譲りの操作性・使いやすさは天下一品です。 通常の画像処理はJTrim、本格的な画像修正はフォトショップエレメントと使い分けるとより便利に活用出来ると思います。 パソコンソフトは高いと思いがちですが こういった安価なソフトであっても十分使えます。 是非挑戦してみてはいかがでしょうか?

Ez Post Print(料金受取人払郵便の申請支援)サービスの紹介

昨日より、拙作Ez Post Printサービスを始めました。 http://ezpost.hama.ne.jp/ 上記サービスを用いて作成したサンプルはこちら↓↓ http://ezpost.hama.ne.jp/img/ezprint_sample.pdf まだ、目だった宣伝は行っていないのですが、早速利用者があるなど驚ました もっとも、サービス面についてどういう機能がよいかまだ手探りで、今回開発した新サービスは今後の機軸ともなる基幹プログラムが組み込まれているなど、中核サービスになると言う実験的サービスとも言えます。 システムの規模からみて、小規模・単機能サービスとしては上出来と言いたい所です プレリリースにも書きましたが、今回のサービスは主として「料金受取人払郵便」の申請を初めての方でもわかりやすく・使いやすい物とする為であり、システム化した本当の理由は「私がこういったサービスあったら良いのに」という事です。 ただ、どの程度まで自由性を持たせるかとか、ひな形のラインナップをユーザに作成してもらう機能を付けるなど、まだ課題はたくさんあり、山にたとえるならやっと、山に登り始めたといった所では無いかと考えています。 システム開発は、常に「誰かの為に」なるサービスではなく「自分が使いたい機能」を追求した結果と考えています。 今回のサービス開発に至った理由は3つほどあります 1:毎回原稿作成するたびに、汎用アプリを使うのは正直しんどい 2:だれかソフトやホームページをつくっていると思ったが、しっかり説明したサービスがない 3:昨年夏に取り上げたブログの記事が未だに上位ランキングにノミネートされている事 つまり、需要はあるが「どこから手をつけてよいか分からない」というのが現状では無いかと見ています。 ネットのよろず相談を読み返しても、的確な答えを出しているユーザは皆無に等しく だからといって、特別なサービスに思っている面が多い事も一つの要因ではないかと思います。 オンラインカード決済にPayPalを採用した理由は、「少額決済」が可能である事、システム組み込み開発が容易である点が上げられます。 これは、今後ネットショップを検討されているお客様が、既存のカートにPayPalを組み込める事をPRする目的もあります。 一度、会員登録して使用感を体験いただければ幸いです。

Internet Explorer8の新機能研究

あまりにも下馬評がわるすぎたInternet Explorer7から約1年ちょっとでInternet Explorer8がリリースアップされた事は記憶に新しい事と思います。 以前利用していたppBLOGがInternet Explorer7だと軒並み全滅した事を考えれば、待望と言うべきか、キチンとバグ対策して欲しいと思う私です。 さて、新しいInternet Explorer8は、アドオンが他社のブラウザに追随する形で急激に増えた印象を受けました。 これを見て、感じた事がデフォルトでyahooの検索機能があり便利!とおもったら、なぜかYahoo!本家のリンク・・・(これは、ヤフーとマイクロソフトの提携の一環と思われます)、困ったなぁとおもったら、アドオンで「Yahoo!Japan」があることをみつけてホッとする。 このほかにも様々なベンダーがアドオンプログラムを開発しているので、是非使ってみてはいかがでしょうか・・・ Internet Explorer8アドオンプログラム http://www.ieaddons.com/jp/

リモート操作プログラムの善し悪し

近年、リモートコントロール(いわゆる、遠隔操作)が通信インフラの向上により格段の進歩を遂げました。 一方で、遠隔操作そのものは、便利そうですがやはり怖い一面もあるため、どうしても難しい面も持ち合わせているのです。 その一つが、パソコンの状態をいつでもチェックすることができるモニタリングがその一つです。 ただ、リモート操作に一番優れているのは、OSメーカの機能にはやはりかなわないといった所でしょうか。 ほとんどのソフトウェアにおいては、OSのログインが行われていないと、制御そのものがはじかれてしまいますが、Windows標準で搭載されているリモートデスクトップであれば、そのような事も無く、便利であるものの 「クライアント側の設定」が異常に難しく、遠隔操作するよりも設定で頓挫した経験があるのもリモートデスクトップです。 バージョンを重ねる毎に使いやすくなっていると言う話ですが、一向に良さが見えません。 ローカルでつなげられる事は確認しているため、インターネット回線(いわゆるグローバル)でも可能と見ていますが、難関の一つに外部とのルータによるセキュリティがまた一つ絡んでくる為、実際に使う場合は、PPPoEのマルチセッションによる接続が別途必要になると見ています。 もちろん、ほかにも方法はいくつかありそうですが セキュリティ面を考慮した対策は、今後も重要になると思うところです。 リモート操作プログラムは、あくまでも相手の同意が無ければいけない性質でありますし、その機密性は保つべきと思います。 近年は、なんでも遠隔操作によるサポートが増えてきており、色々と問題も生じております。 本当のトラブルというのは、現地でなければいけない場面も増えている事から、今後の対策を考えて行かねばと思う所です。