回顧録

【アーカイブ】障害者とコンピュータ~ALS患者とパソコン

今回のテーマは筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者と音声支援ソフトに関する話題です。 2020年現在において理解を深めるため、一部補足をいたします 原文は当時のまま、24年ほど前に執筆した原稿です。 この原稿は以前ALS患者の生活について直に携わった頃の話です。執筆当時は、まだ高校生だった私の視点です。考察が浅い部分や不適切な表現については当時の感性としてご覧ください。 「障害者とコンピュータ」   「ビデオゲームが有害だって?昔、ロックンロールもそういわれたもんさ」 宮本 茂 氏(任天堂株式会社 ソフトウェア開発のチーフ プロデューサ) みなさんは、ビデオゲームをどのような感覚で遊んでいますか?障害者とコンピュータどこにどういう接点があるのでしょうか。これについて、一つ考えて欲しいと思います。 私は先日、ある障害者の家を訪ねました。その方は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という重度障害を持っていました。症状は体が思うように動かないうえ会話困難な方でした。 そこで、少しでもコミュニケーションを図れるようにするために、意思伝達装置(トーキングマシン)を行政側が導入し、その指導を私がすることになったのでありました。納入は私が来る2週間ほど前にすでに行われておりました。 私は、彼のことを少し聞いていました。話によると、 「ファミコンをすることが出来る」と。 これが功を奏すとはこの時点では全く想像もしていませんでした。 早速、指導を始めました。起動するとWindows3.1が上がってきました。そこから、音声装置が起動し、動作し始めました。起動はしましたが、思うように動きません。困ってから、マニュアル、ソフトをとにかく見て、あれこれしましたが、うまくいきませんでした。私が、よく分からず、席を外すと彼が手足を使い、動かし始めました。私は「大丈夫かな?」と見ていましたが、さっき出来なかった私よりうまくやっていました。

全方位型ビジネス~ネタは常にどん底の中にある

仕事に、ノウハウがあるとすれば、人生の生き方にはノウハウはない。 何が正解かわからないがまずはやってみる。 ぼく自身、この仕事を十数年続けている時に思うのが、 「思い立ったらすぐ動け」 を基本に考えている。 これは、過去の失敗に基づく事である。   若い頃は、つい家族や親戚などの意見を受け入れてしまい、自分の意図せずになる。 相手は自分の発言の結果で責任を取る事は無いが、その通りやった当人はたまったモノじゃない。 そういう経験があり、自分の中で身についた事は 「親を頼る事はしない」むしろ、頼る相手はいない。 と言うことを学んだ。   当時から、今の仕事について父親からはあまり良い印象は無く、兄は高卒で国家公務員(ちなみに海上自衛官である)で、おまえは大学までいって個人で仕事を・・・・以下略。 である。

回顧録~ぼくが量販店をやめる事になった理由とパソコンサポートにかける熱意

人間正直者が馬鹿を見る そんな社会はだめだと言うが、実際正直者が馬鹿を見ないためにはどうするか? 誰かが犠牲になる必要がある。 ボクはあえて嘘をついた。 ぼくは仕事に取り組む時は、準備8割、実践2割と考える。 準備の段階で不備も問題点も当然把握しているが、正直にそれを伝える事はマイナスだ。 だから、馬鹿のフリをする。   今回、ある外注業務を受けたのだが、明らかにおかしい事は気づいていた。 別に機械が故障しているとかしていないではなく、何となくである。 私はパソコンの故障診断をするとき、外見で「故障」しているか「正常」かを判断する指針を持っている。 それは、自分の中にあるルールに基づいている 医者が死亡確認をするのと同じで、私もパソコン屋としての診断手順がある 1 外見の破損はないか? 2 電源ははいるか?

回顧録(3)~NTTと私

今でこそ、IT全般を当たり前のようにこなしているのですが、NTTとのやりとりは結構古く、十数年前にさかのぼります。 平成9年といえば、私がちょうど大学に入った頃、当時はケータイやPHSが普及し始め、ポケベルが末期と記憶しています。 ちょうどこの頃には、こんな歌も流行りました。 [yt:P34S7aP-Esc:425:350] 多感期だった、私のトレンドは、むしろパソコン通信でした。 nifty-serve(現@nifty)やPC-VAN(現Biglbbe)のフォーラム参加は今で言う、mixiやfacebookのやりとりに近く、私から見ると、原点回帰になったのかなと言う印象を受けます。 この頃、パソコン通信を個人レベルで展開したのですが、電話回線を最盛期は4~6回線引いていました。 電話番号もぞろ目で取得していたのは、ちょうどこの頃の話で移転するまで、長らく利用していました。 今の電話番号に切り替えて今年で7年です。 電話番号にこだわるようになったのは、事業を本格的に行うようになってからですが、覚えやすい番号(いわゆる良番)の部類は、固定番号では全桁同じで取得したのは過去に2回ほどで、後は3桁同番または繰り返しぞろ目(いわゆる3838のような番号)が中心です。 電話番号の話をするとまだまだ書けそうです。 話しを少し戻しましょう。 当時パソコン通信を中心に生活をしていた私は、ポンコツのノートパソコンを片手に、片道20分のデジタル公衆電話まで歩き、わずか10分の通信をして帰る生活をしていました。 今でこそ、イーモバイルのような端末をつけて行うのですが、まだ当時はモデムをつなぎ、テレカとモデムでやりとりしていたのが懐かしく、一日かけて原稿やデータを作り、10分の間にデータをやりとりする。生活がかなり続きました。 それから、ISDN回線を引き、昨年の夏まで利用していた訳ですから実に10数年お世話になった事になります。

回顧録(2)~量販店時代の話

当時、教員採用試験の不合格通知が届き、さてどうするか?と思ったところに、小浜町(現雲仙市)でインターネットセミナーの話がはいった事は 良い経験になりました。 その後のセミナー成功の後、当時のゼミ担当の先生と一緒に、熊本で学会があるから行ってみようとなった。 当時のテーマが「長崎のインターネット事情」という事で、県内のシンクタンクや行政・教育機関を訪問していた頃で、何かの役に立つかもと言う事で向かったのが、熊本県玉名市。 学会は、先生が所属していた経営工学学会の九州支部会。 そこで、基調講演を行ったのが、キューブスという会社 いろいろ説明をされていましたが、私が覚えているのは社名と年商の話だけ。 それ以外、何一つ話を覚えていない自分が情けない。 この後、いろいろな方と会食になり、そこで会った量販店の方と知り合いになる。 いろいろ話をする中で、さて何の仕事をするか・・と言う話になったときに、「じゃあ長崎の店長を紹介するから」という話になりました。この話がきっかけで、在学中にも関わらずアルバイトという立場で量販店勤務が始まったのでした。 この量販店時代は自分にとって、社会人1年目をフライングではじめたような感じです。 (この時点で何か違ったのですが、当時はそれすら気づいていませんでした・・。) 同級生は、正社員で就職が決まっているなか、自分がアルバイトで就職っていうのは正直なところ、後ろめたい気分を持っていました。そのせいか、親兄弟にはこの事実は辞める2ヶ月ほど前まで言えませんでした。(大学まで卒業して、アルバイトじゃ・・と言う事です。このエーアイスクエアステーションの話はそれからさらに後の事です) この量販店時代は自分にとって、面白い事よりも、社会の厳しさを痛感しました。 また、会社勤務はこれを最後に無く、今日に至ります。 この量販店勤務で培った事、社会の矛盾を大きく知らされました。