IT企業アレコレ

プロの仕事術~時間節約と効率化

法人化してから、毎日車で通勤です。 自宅から片道1時間近く掛かるため、なんとなく時間が勿体ない様に思う日々です。 営業時間こそ、まだ短いものの今後は長時間営業ができる様に体制を整えるのも当面の課題です。 一日のスケジュールをどうこなすか?はやはり準備に掛かっています。 「時間の無駄を省き、無理な動きを減らす。」 基本はこの部分につきます。   私は、「作業」と「仕事」は別物と考えています。 考えて行動するのが「仕事」であり、言われたとおりにするのが「作業」です。 与えられた時間より早く終わるようにするのが「仕事」であり、与えられた時間を過ぎても終わらないのが「作業」である。 この差は、 「仕事」は「内容」で報酬が決まり、「作業」は「時間」で単価が決まる。   言い換えると 同じ1時間の業務でも、仕事であれば「1件あたり5,000円(ただし1時間で終わる)」

NTT東西の光コラボレーションサービスの転用について

2015年1月28日に、NTT東西から発表された光コラボレーションサービスの転用の流れについて説明が掲載されました。 2月1日から転用(転出)に必要な番号を通知されるので NTTの116(携帯からは0120-116-116)にて転用番号の連絡を行い その際 1 現在使用中のひかり電話の番号 2 契約者名 3 設置場所住所 4 支払い方法の確認など(払込・引落・クレジット) この中で、支払方法の確認などと書いてありますが、これは少し気になる話です。 本人確認を厳格にする狙いもある為、払込ならば直近の請求書(NTTファイナンス請求分)、引落の銀行口座(支店・口座番号・名義など)、クレジットカードの番号の一部またはカード会社(VISA等)を尋ねられる可能性は十分あります。 また、厳格な確認の一環として契約中の電話番号へ折り返し確認をもって本人確認するケースもあります。 いずれにしても、支払明細書の確認をもって手続になると考える必要があります。 今後の懸念事項(長期割引の解約金に関する諸問題)はここで触れられていないだけに、そのまますんなり進むかが心配です。   この辺りの懸念事項はいずれ表面化するのではと考えています。

ソフトバンク通信子会社4社がソフトバンクモバイルに吸収合併

昨日のプレリリースを見て驚きを感じた方は多々いると思います。 結局、これは何が目的だったのか? 改めて検証と今後の流れについて予測をしたいと思います。   現在、固定+移動体を同時に展開しているのは、KDDIだけでKDDIもかつては、固定のKDDIと移動のauを吸収合併しています。 ソフトバンクの場合は (旧)日本テレコム → ボーダフォン → ソフトバンクモバイルとして現在に至ります。 一方お ソフトバンクテレコムは、ボーダフォンの時、固定通信事業を売却して、(新)日本テレコムとなり、こちらもソフトバンクが結果的に買収した経緯があります。 その後、ボーダフォン・日本テレコムの両社をソフトバンクモバイル、ソフトバンクテレコムと社名を変更し現在に至ります。 昨年、PHSのウィルコム、移動体のイーアクセス(イーモバイルブランド)を合併し、ワイモバイルと改称しています。 結局の所、ワイモバイルも今年の4月にはソフトバンクモバイルに吸収されると言う結果になったわけです。   そうなると、固定・携帯・PHS・ADSLをすべて手がける通信総合商社になるソフトバンクモバイルは、9年目にいよいよ全制覇という時代の流れを感じます。  

NTT光回線のホームゲートウェイの痛い話

昨年、NTT西日本とこんなやりとりをしました。 ホームゲートウェイのメーカで、NECなど数社が担当しているが、私はNECにしていただきたい。 と言う話をした。 コールセンタの某氏より「メーカ指定などあなたに指図される筋合いは無い」と言う痛烈な一言を受け、その事がきっかけで1年も経たずに光回線を撤去する事になったのは記憶に新しい。 そんな中、本日こんな記事を見た。 これは、ホームゲートウェイの端末でMIは三菱電機を指す。 私はNEC至上主義で無く、ISDN時代から端末の実績が一番ある会社はNECであると言いたいだけで他意は無い。 ISDNも、ADSLもFTTHに至るまでNECのシェアははっきり言って大きい。 なかばこの話について、今回の記事を見て揚げ足をとるつもりは毛頭なく むしろ「やはり起きてしまったか。」と言う気持ちにさせられた。 NTTのホームゲートウェイは NEC(型番NE) 沖電気(型番KI) 三菱電機(型番MI) 住友電工(型番SE)

大手通販会社とamazonの違い

先日、部屋の荷物を整理すべく収納ケースを購入しました。 最近のネット通販は店頭価格と同じか或いは1~2割安いのが一般的で、私の購入動機は 「自宅まで運ぶのが面倒」 それでもって安いに越したことはない。 と言う最もな理由で選択。 購入したのは9月10日の昼間。 それからメールが自動送信が1通、システム受付が1通、出荷依頼メールが1通とここまで10日のうちに届き、11日の夕方に出荷完了のメールが届く。 伝票番号が記載されているので、早速確認すると荷物は鳥栖(佐賀県)から出る仕組み。 さらに、クロネコヤマトと佐川急便で荷物が出荷されると自動的にメールが届く仕組みになっており、荷物の取りこぼしがなくより安心です。 そんな訳で、今日届くのか・・と言うが、おかしい届く気配がない。 と出荷状況を確認すべく、運送会社へ連絡。 おおくす「荷物の状況を調べてください・・・伝票番号は5xxx-xxxx-xxxxです。」 オペレータ「日付指定が入って翌日になっているようです。」 おおくす「今日の配達で大丈夫なので午後から配送に回してください。」 オペレータ「かしこまりました。」