. . .

Category: 携帯電話

Apple製品発表会を見て~Apple Watch series3

Appleの発表会は秋の風物詩というか、すでに恒例行事になって真夜中の発表会をベッドの中にはいってiPadで見ていました。 途中寝落ちしながら、iPhoneXの話題のところで目が覚めて、その間のApple WatchやApple TVの話題はスコーんと見落として後から見るというオチ。 iPhone7のデザインがiPhone6とデザイン面で差がなく、iPhone7から搭載された電子マネー機能が画期的だった一方、iPhone8において充電機能の多様化と若干のデザインの仕様変更を除けば、CPUが高性能になっている事は当然としつつ、買い換えるという購買意欲は沸きませんでした。 今回Apple Watchが新たな機能とともに始まった事は、これまでApple WatchがiPhoneのおまけであって、iPhoneがなければ意味がないセットのようなものでした。 今回のモデルはApple WatchにeSIM(狭義のSIM)が搭載される事で通信ができる様になった点と、通話ができる(つまり電話番号を両方保有でき、端末は同時に利用する必要がない)点からApple Watch が新しい電話機として使える事を意味します。 このサービスが展開されるのが、ドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社のみで、他のMVNOで利用できるという情報は今のところ見つけきれず、結果的に格安ケータイではフルに性能を発揮出来ないと言う(2017/9/15現在) 今後、この辺りについてもMVNO向けに対応する可能性はありますが、いずれにしても現時点においては対応は不可と考える方が賢明です。 月額オプション料金(税別) 会社 サービス名 料金(税別) ドコモ ワンナンバーサービス 500円 KDDI(au) ナンバーシェア 350円 ソフトバンク Apple Watch モバイル通信サービス 350円 各社新規契約の段階では、月額料金は何れも無料で展開する予定となっており、無料のまま展開するかどうかはまだハッキリしていません。 ※テザリングのオプション料金はいつのまにか形骸化してしまい、有料で請求された事例が見つかりませんでした。 これまでの持論として、iPadは格安SIMを使う事も選択肢として十分検討する余地はあると申し上げました。 しかし、iPhoneについては格安SIMで利用するか判断が分かれると考えておりました。その理由は、通話定額やLINEの年齢認証などといったサービスレベルが格安SIMにおいては省略されており、今回のApple Watchの登場で、改めて主要キャリアとMVNO事業者の差を見せつけられた様に感じます。 一方で、iPhoneの契約を最小限に留めてApple WatchとiPadを持ち歩くという事も今後考えられると思います。 私自身は、通話のたびにiPhoneを探して利用していましたが今後はカバンに仕舞ったままで必要な時だけ開いて見るという事になると思います。   発売が楽しみになりました。

ApplePayがいよいよ始動!

今日からApple Payが始まって悲喜こもごもな事になっているようです。 早速登録してみようと試みるのですが、どうやらうまく行かない。 登録できるカードをサッとまとめてみました。 カード発行会社 カード名 国際ブランド 登録可否 備考 JCB JQカード JCB ○ JCB リクルートカード JCB × 三菱UFJニコス リクルートカード VISA × 楽天カード 楽天プレミアムカード VISA △ ビジネスカードも不可 三井住友カード アマゾンカード MasterCard ○ YJカード ヤフージャパンカード JCB × イオンカード イオンカードSUGOCA VISA × JCB シナジーカード JCB × 法人カード 驚いた事は、JCBであっても必ず登録できない点。 つまり、対応するかどうかは国際ブランドではなく、発行カードによって可否が決まると言う事です。 VISAが不可といいつつも、登録できそうなカードも存在しています。 少なくとも法人カードはダメのようです。 今後の動きに注目しつつ、SUGOCAが登録できなかったのは残念。 ・・・・長崎なのでJQカードで代用すれば良いのですが、もう少しスマートに使いたいです。

iPhoneがついにVoLTE対応!auもデータ通信+通話が可能に!!

ついにきた!! VoLTEが、、待ちに待った感がするサービス。   これまでauのケータイは通話とデータ通信が同時利用が出来ない事が欠点だったところ iOS8.3でこのVoLTEサービスが正式にリリース。     今のところ、最新版iPhoneが対象のようですが、今後は標準でVoLTE対応という事がうれしいですね。 設定画面として一部初期設定が必要ですがこれで、通話+データ通信が同時に利用出来るのでauの最大の欠点だった片側利用がなくなり、より利便性が向上すると思います。 auだから使い勝手が悪いと言う欠点は払拭される。   本当待ちに待ちました。

インターネットやケータイの通信コストを下げる考え方

NTTのコラボ光が流行語にでもなりそうな一方で、今後の通信コストはどうなるのか?が目下気になる話題です。 我が家のインターネット環境を考えると無駄が多いなと思いながら、いたずらに時間だけが過ぎる事は仕方ありません。 さて、インターネットの通信コストを下げる一つの目安は 1 用途 2 頻度 の2つで考慮しなくてはいけません。     1用途について 携帯電話のMNVO(回線間借り事業者)における、通信インフラは再販系でない限りサポートで困る話もありません。 それ故か、順調に利用者が増えています。 特にMVNOが有力なサービスは、iPadを使ったアプリケーションの利用にあります。 私自身は、日常からスマートフォンを利用していますが、それと別にiPadを利用しています。 こちらの用途としては、スマホレジの為で、それ以外の機能はもちろんスマートフォン同様ありますが、私用で使わない為か普段からカバンの中に入れています。 時々、充電が切れているので、週に1回は残量確認をして充電するようにしています。 電池の持ちが良い点には少しホッします。 MVNOの最低単価は約500円~1000円。 契約条件にもよって変わりますが、最低利用期間も無く必要以上の本人確認も無い為、利便性はきわめて良好です。 最近は音声通話のプランも付加され、通話料金自体は完全従量制です。 通話頻度が低い人には最適かもしれません。 私の場合は、定額通話とはいえ、毎月2万円近くの通話実績がある為、従量制にした途端破綻は目に見えています。 いくらデータ通信が安くても本末転倒です。この点を見ても、契約のバランスはきわめて重要である事がわかります。私自身の仕事が、ネットよりも電話中心である事を裏付ける話です。 私自身がスマートフォンと従来型携帯の2台持ちをしていた理由は、通話とデータ通信のバランスがきわめて悪かった為です。 近年の実績を考えると、2台持ちが必ずしも正解とは言えませんでした。 2台目のケータイをソフトバンクで980円持ちが流行った背景には、通話料が相応に割高で毎月980円以上の通話料が発生する事を見込んだ利用が多かったのも一つの要因かもしれません。もっとも、ケータイがいくつも手元にあっても仕方ありませんし、使う頻度や用途で考えると2台持つより1台で済めばそれで良いと思うからです。   結論 通話をするかしないかがMVNOを検討。 1)通話あり 定額通話+パケット=月額6500円~ 2)通話なし MVNOの通話+パケット=月額1600円~ ※5000円分の通話料は、約2時間(125分・250度数/20円単位)。   2 頻度 利用頻度という問題はきわめて大きな要素です。 利用頻度が低くても、最低限利用出来ると言うことは大事です。 携帯電話業界における昨年までのトレンドが、2台持ちで月額2,000円が、現在は1台で1,600円である点はまさに画期的です。 「通話は着信専用で、外出先でメールやネットが利用出来る程度。」と言うライトユーザのニーズに合致した結果とも言えます。   固定回線の問題 固定回線は安いのか高いのかイマイチわからない。この部分で検討した場合 1 固定回線の最安はいくらか? 2 不自由なく利用出来る速度はどのくらい? 3 光回線の是非 特に注目すべきところは、光回線の是非の部分。 固定回線の最安は、地元CATVで1500円。 ただし、回線速度は1MBpsに限られます。 ITサポートで訪問した際、1MBPSで足りるか?と言う問いには、通常利用ではたぶん問題ない。 この「たぶん問題無い。」という所がポイントで、回線速度を必要としないサービスは1MBpsで十分事足りる。計算です。 たぶんと前置きした理由は、待ち時間におけるストレスを感じにくい所があるからです。 深夜のピーク時に、光回線で殆ど速度が出ないケースもあるため、同様な理由が言えます。   光回線の平均が5000円ですが、これを下げるにも様々な条件があり正直難しいところです。 最近のauスマートバリューが脚光を浴びていますが、こちらも費用の付け替えが正しく、元々の支出を減らしていればあまり効果はありません。 つまり、トータルコストを見た場合に、スマートバリューを考慮して単価をはじくよりも、すべてのサービスにギリギリの単価を計算して契約した方がお得となります。   […]

au Wi-Fiルータ HOME SPOT CUBEが3/31で受け付け終了。その後無償譲渡。申し込むなら今がチャンス!

auのWi-Fiスポットのルータ(Wi-Fi Cube)がメーカ(プラネックス)のサポート終了に伴い、ルータのレンタル料を無料にする。 廃止に関するリリースはこちら   この文面を見る限りでは、本来はプレリリース発表と同時に受け付け終了でも良いのですが、2ヶ月の猶予をもって受け付け終了し、その後の2ヶ月末で廃止。   この文面を見る限りでは、レンタルを本気でするつもりはなく、希望者には差し上げます。と言うようにも受け取れてしまいます。   ただ、申し込みをしていない場合は、この機会に是非申し込みをしてみるのも一つです。   申込期限は2015年3月31日まで   申し込みの対象ユーザ auスマートフォンを契約し、パケット定額契約を行っていること。 申し込み方法 こちらから申し込み可能です。    

MVNOに最適なSIMフリーのスマホやタブレットは?

昨年から本格的に始まったMVNO(移動系仮想通信事業者→回線再販会社)ですが、ようやく各社サービスもそろってきて選ぶのも使うのもほぼ充足したかな?と言う印象です。 まず、SIMフリーと言いながら、実際に使うのはNTTドコモのSIMカードが殆どですから、他社のSIM等検討の余地すらありません。 ただ、MVNOを抜きにして、SIMフリーならSIMの供給元は、CDMA方式のauを除くほかの会社はカードを入れ替えて使う事が可能です。   以前は、通話SIMと通信SIMを別々に利用するのがトレンドと言いましたが、最近は通話SIMも登場した事から、本当の意味で1台持ちで済むと言うのが大方の見解です。 そうすれば、携帯電話の2台もち契約するよりもスマートですが、通話のSIMと通信のSIMを別々に持つ理由があるか?と言うとやや説得力に欠けます。   昨今、2台同時に使うと言うパケット共有サービスがありますが、OCN等MVNOも同様なサービスがある為 たとえばiPhone+iPadの組み合わせで利用したい場合も   iPhone → 通話+パケット  →1600円~ iPad   →パケット共有SIM →450円~ 合計 2050円 と使うだけで、実に月額2050円という破格値となります。     これを、同業他社のドコモ・ソフトバンクに置き換えると iPhone →通話+パケット →6500円 iPad →基本+共有+SPモード →2500円 合計 9000円~     つまり、この計算はこのような理屈になります 1 通話し放題を契約するなら、ドコモやau、ソフトバンクとの契約が必須である事。 2 ドコモなら通話のみの契約が可能(auとソフトバンクはデータ通信の契約が必須)   とはいえ、こういう契約なら安くないと思うのが普通です。   これは、一般的なiPhone/iPadでの契約ですが、格安に利用すると考えるなら海外版のスマホ・タブレットも選択肢に入れるのも手です。 こちらはSIMカードが2枚させるタイプです。データ通信+通話で分けるのも良いし、あるいは電話番号を2つ持ちたい方にオススメです。 こちらは、LTE対応のスマホです。金額はそれなりにしますが、AppleのiPhoneに比べ、半額以下で入手出来ます。   対応するSIMの一例   さらに、タブレットを選ぶとしたらiPadが最低50000円前後する為、格安で選ぶなら 1万円以下の超格安 2万円前後のそこそこ 3万円以上のばりばり   定番のiPad     あちこちでこの話題していますが、私は従来型ケータイ+SIMフリータブレットが一番ベストではないか?と考えます。  

携帯電話の渡り鳥契約は果たして吉か?~乗換とMVNOを比較する

さて、かねてから言われていた「携帯電話」の契約は一カ所で長く使うのと、2年ごとに乗り換えるのはどちらがトクか? と言う話題は記憶に新しく、私は一カ所で長く使う方がトクだと考える方です。 如何せん、そういう考え方をしている一方で、MVNOの様な格安通信事業者も併用している私ですが、一般ユーザと私の場合の料金構成を比較してみましょう。 ※MVNO=仮想移動体通信事業者の意。この内容においては、事実上の格安通信会社である事から本来の意味とは違う使い方をしています。予めご了承ください。   世間一般の通信環境構成は 1 携帯電話 2 固定通信網 の2つで構成され、この料金でどのくらいかかるか?が一つのポイントと言われています。   一般的な携帯電話料金はスマートフォンを利用することから、6934円(税別・通話料別)、税込みで約7488円です。 昨年から始まった通話定額プランにおける料金は、6500円(税別・0570等通話料別)、税込みで7020円とこちらも結構な料金であるのは確かです。 これらをMVNOに置き換えると月額1600円(税別・通話料別)、税込み1728円で利用出来る事から、従来の料金プランとの比較で、5760円の差が出る計算です。 つまり、通話料別のパケット7GBコースであれば、MVNOに今すぐ乗り換えても2ヶ月目で元は十分取ります。 もし、携帯が対応してないとしても、キャリアフリーのiPhoneを購入するにしろ、海外製端末を購入しても、半年~1年の間に元を取る計算になる上、2年目からはそういった料金における差が無いのも事実です。   MVNOの中で選ぶなら何処がお得か?と考えた時、単独利用ならばBiglobe、複数台を検討するならOCNです。   通話料が高いと言う問題も、実際のところ約5000円分の通話料=125分(1分40円で試算)で考えると、一ヶ月に2時間も通話しない人なら、MVNOを利用して影響はありません。 特定のサービス(年齢認証サービス)が受けられない事を除けば、後のサービスはなんら影響ないと思います。 ただ、こちらも今後改善されていく見通しですので、ますますMVNOで利用するデメリットにはつながらないと考えています。   通話料の問題以外については、若干の制約として、通信プロバイダのドメインが何処を使うか(ネットワーク経由)において、これまで自動的に携帯会社と判定されていたのが、Wi-Fi経由と誤認される可能性は十分あります。 裏付け根拠として、私の会社で運営しているポータルサイトの判定材料に、ドコモならspmode、auならau-net、ソフトバンクならpandaworld等と言うドメインを一つのキーにして判定していたものが通用しなくなる意味になります。   通話は殆どしないが、着信程度の連絡に使いたいならMVNOの活用は多いにありです。 私がMVNOに感心を持ち、スマホ定額のコースに不満だった理由は、毎月の通信量が平均1~2GB程度しか利用しておらず、下手すると1GBも使ってなかった事がそもそもの理由です。   >キャリア契約がメリットになるケース 専用コンテンツ(例:d**サービス、おサイフケータイ、DCMX等) 通話定額 家族割引 固定回線との割引 キャリアメール(docomo.ne.jp) >格安通信会社(MVNO)がメリットになるケース 月額のランニングコスト 固定回線との割引 キャリアメール(ocn.ne.jp等) などがあるでしょう。 どちらにおいても、差はさほど見受けられず、これまでがデータ通信専用の展開が基本だったところに通話サービスも始まった事で、仁義なき乗換合戦に加わった印象を受けます。   これで、料金体系として   格安通信会社(MVNO) 1600円~ ワイモバイル 3980円~ 主要キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク) 6500円~   と3つの分類になり、ワイモバイルはソフトバンク傘下の会社ですから、事実上のローエンドサービス事業者の位置づけです。 auに関しては、KDDI子会社のUQモバイル(KDDIバリューイネイブラー)を設立し、格安通信会社と同じ内容で展開しました。 KDDIに関しては、microSIMしか提供しないため、Apple製品は一切利用出来ない状況です。 (Apple製品は原則nanoSIMであり、microSIMの場合はサイズが違うため利用不可) そうなると、KDDI系、ソフトバンク系はMVNOは形式上行っているものの、除外という考えでよさそうです。 […]

OCNがついに音声通話つきプランを展開。これで携帯市場は二極化へ

2014年12月からOCNも他社で展開しているMVNO対応、音声通話プラン(月額1600円)をスタートしました。 これまでの主要キャリアとの比較をしながら料金の目安、サービスの利点・欠点をいくつか説明します。     MVNO(回線間借り業者)における、利点と欠点を整理すると   良いところ 月額が安い 月々1600円から利用出来る OCNの回線と合算で請求される為、請求書の一本化が図れる   悪いところ 店舗サービスが無いため、基本的に電話サポートになるため、民間の設定業者に依頼する必要あり LINE等、ドコモ独自の年齢認証サービスを利用するため、一部のサービスが利用出来ない ドコモの通話料金割引サービスが受けられない   つまり、普段はデータ通信がメインでたまに通話が出来ればと考える方には、もってこいのサービスで、設定などもあまり難しく考える必要もありません。 着信がメインで自分から発信をしないならば、これで十分使えるとみています。   私の場合はどうしてもキャリアケータイの方が便利(結果的に安い)な為、MVNOの利用はしていません。 ただ、タブレットなどiPad等を利用するなら迷わずMVNOで契約するのはオススメです。   現状の各キャリアの料金体系は3000~6000円の間で、割引キャンペーンなどを適用しても2500円~4000円の間ですから、到底900円で利用出来ません。 また、2年契約が基本になることもデメリットにあげられますので、なおさらでしょう。   この展開で料金体系が フルサービス系 エコサービス系 の2つになりました。 前者の場合は、ドコモ・au・ソフトバンク・ワイモバイルを指しますが、エコサービス系としてドコモのMVNO連合が中心となって展開しているのは今後の指針になるとみています。   私がauのスマホに切り替えることを決意したそもそもの理由が 「通話料金」がとにかくネックで、データ通信はもちろんですが、通話料金を割安に利用したいことが根底にあります。   現に先月の通話料金は、実に20000円近くの通話料が発生しています。 これが通話定額プランの適用で2700円になる計算ですから、いかに安く使えるかわかります。 通話時間の単位に直すと、約8時間分です。 通話料金が定額になることで、コスト面の精神的な不安が解消されました。 つまり、ある程度ヘビーに通話が多いならば、MVNOにわざわざ移行する理由はありません。 ただ、データ通信など普段は自宅で光回線を利用出来るが、時々外出先で利用したいというライトニーズのユーザや私の様に、データ通信は、特定の用途(Airレジ)を使うための目的で大量のデータ通信は必要としないが無いと困る。 と言うケースに最適です。   MVNOの使い方さえ間違えなければ、確実に月々のランニングコストは激減します。   MVNOの料金プランは、以前ドコモで展開していたXiプランに当てはめるとよくわかります。(金額は概算)   基本料金 780円 SPモード 300円 パケ定額 5700円 合計 6780円+通話料   これがMVNOになると 基本料金 900円 通話プラン 700円 合計 1600円+通話料 とほぼ同じ条件下で約5000円安くなることに気づくはずです。 […]

iPhone用モバイルバッテリーが780円、これはお買い得!!

日頃からアウトレット品には目が無い、おおくすです。 衝動買いのために、毎月5000円の予算で買えそうなお得な商品を見つけると言うのがテーマです。 今回はソフトバンク直営店でのモバイルバッテリ Smart energy LU01 for iPhone なんと特別価格780円 【アウトレット】【iPhone 6/6 Plus対応】smart energy LU01 for iPhone SB-SE04-LU25/WH(モバイルバッテリー/iPhone5s/iPhone5c/iPhone5/iPhone5/アイフォン/スマホ/Lightning/充電器/SoftBank SELECTION/ソフトバンクセレクション/楽天/通販) 価格:780円 (2014/10/18 22:24時点) 感想(217件) これだけでも、なんとスペシャルな価格だ!と思いますが     さらに、製造元は「三洋電機」というビッグネームです。 ↑これをとにかく言いたかったのです。 三洋電機と言えば、「エネループ」で有名な会社です。当然、充電池に関しては世界的シェアを持つだけに、電池の性能も十分期待出来るといって良いでしょう。 これまでの実績を多少加味しても、780円ではまず買えません。   あまり、強調してオススメ品をあおるつもりはありませんが、半信半疑で買った私はさておきつつも、   【アウトレット】【iPhone 6/6 Plus対応】smart energy LU01 for iPhone SB-SE04-LU25/WH(モバイルバッテリー/iPhone5s/iPhone5c/iPhone5/iPhone5/アイフォン/スマホ/Lightning/充電器/SoftBank SELECTION/ソフトバンクセレクション/楽天/通販) 価格:780円 (2014/10/18 22:24時点) 感想(217件) 付属のケーブルはiPhone4までのタイプですが、USBのlightning cableをはじめ様々なタイプが利用出来ます。 基本仕様が DC5V 1.0Aとなり、一般的な充電からして1回分ほどです。 重さは84gと携帯電話よりちょっと軽いくらいですが、見た目も結構小さいのでカバンに入れておくとそれだけで安心です。   特にスマホの電池が切れて悲惨な事になるのは多く、私も外出先でスマホを少し触っただけでみるみるバッテリーが減りました。 もちろんこのモバイルバッテリを持っているから即安心ではありません。 車で移動中の時は充電し放題ですから問題無いにしろ、外出中の電源問題は深刻です。 […]

スマホに最適なヘッドホンの選び方

携帯電話を機種変更する事にしたそもそもの理由が、ハンズフリーのヘッドフォンに対応した携帯電話が故障した事が発端でした。 街中で見かけるヘッドフォンを使っているユーザの殆どが、携帯端末にヘッドフォンをさして使っているところをよく見かけます。 私の場合は、でかいスマートフォンを四六時中持ち歩く事を考えず、事務所にいるときも音楽再生で使うし、外出の時はカバンに入れたままにして、音楽再生をしつつ通話割り込みが入ったらすぐに切り替わると言う使い道になっています。 今使っている機種は kinivoのヘッドセットでbluetooth対応なところと割と軽いのが特徴です。   携帯電話のペアリング(接続)も割と簡単です。 充電はmicro usb端子が付いており、android系の端末であれば接続部分も共通で使えるので便利です。   私がケーブルのヘッドホンを使わず、bluetoothにしたか?   第一にもちろん、コードレスである点は当然です。 その上で、避けて通れない事情があります。「スマホの大型化」です。 スマホが大型化する事で、手持ち通話をする事が結構苦痛であるのはもちろん、端末の性質上画面を見ながら会話する事が増えました。   一度bluetooth対応に切り替えるともうコード付きのタイプには戻れません。 コードタイプが使いづらくて仕方無いのです。   私はアナログのヘッドホン端子を使う事はほぼ皆無になりました。 使うとしても、スマホでクレジット決済に用いる場合だけであり、すでに音声利用では無くデータ利用の目的が強いのです。 こちらもいずれはbluetooth対応のカードリーダが主流になると思います。   話がそれましたが、bluetooth対応ヘッドホンを使うのは、スマホを手元に置くよりも普段は音楽再生等を目的にカバンに入れておき、通話も兼用。   金額も2000円前後と割と手頃なので、モバイルバッテリーとusbケーブルを一緒にカバンにしまっておくのも一つでは無いでしょうか?