. . .

Category: パソコン

パソコン屋が勧める持っていると絶対役立つ機器~その1「ラベルプリンタ編

絶対オススメなんていう言葉ほど、嘘っぱちに思える程、レビューを鵜呑みにしないおおくすです。 そんな私がラベルプリンタを導入したのは6年以上前の話 福岡で行政書士を開業している知人の事務所で見たのが最初で、「あると便利」の一言。 彼の使い道は主に宛名に印字するためだったらしく、大量に買い込んだレターパックに貼っているのが印象的でした。 私の会社で使っているラベルプリンタは Brother P-touch 9500PCという機種です。 持出用として、P-touch PT-P750Wという機種も使っております。 Brotherのラベルプリンタの機種では、高性能機種にあたり印字品質・速度ともに高品質な事が特徴です。 元々、私は購入した物に日付を書く習慣があり、へたくそな文字で書くよりもラベルプリンタの文字で印刷するほうがずっと精神衛生的に良いです。 さて、ラベルプリンタを2つ持っているそもそもの理由は、PT-9500PCは印字品質速度ともに申し分ありませんが、このプリンタを使うには専用ソフトを別途インストールしなければなりません。 標準ソフトももちろんありますが、私の場合はジャストシステムのラベルマイティを使っています。 POP印刷からラベル印刷まで幅広く、ナンバリングからタック印刷まですべてこなせるマルチなソフトウェアで、一太郎とエクセルにくわえ、ラベルマイティがあればビジネスは十分活用できます。 ラベルマイティは、ホームユースとビジネスユースがありますが、DMなどの様に連続印刷がなければ基本的にホームユースで十分事足ります。   PT-9500PCは確かに高性能ですが、金額もそれなりにします。当時約5万円ほどで入手した記憶があり、かなり高額な機械を購入した印象がありました。 それから、ラベル印刷が日課になっています。     実際、ラベルプリンタはキングジムのテプラをはじめ、ネームランドなど様々な機種があります。 では実際、選ぶ際のコツはどこにあるか?大きく3つあります。 1 パソコンと接続可能な事 2 印字ソフトが内蔵されている事 3 バッテリ駆動が可能な事   3のバッテリ駆動については、据置で使うならあまり気にする必要はありません。 ただし、1と2については、絶対必須です。 この点だけに着目しておけば、どのメーカを選んでも大きな差はなく、十分なパフォーマンスを得られると思います。私はたまたま、ブラザーを選んだに過ぎません。 それくらい、私の中ではメーカに優劣はなく、「ラベルプリンタ」は一家に一台は是非欲しい。という事です。 PT-P750Wは、最初からラベルソフトが内蔵されており、ソフトを購入する必要もなければ外出先のパソコンに接続するだけで利用できるすぐれた機能が付いています。 もちろん、面倒なプリンタドライバのインストールはもちろん「不要」 セキュリティが厳しいオフィスにおいて、プリンタの使い回しもしやすくメンテナンスも非常によい。 もちろん、据置端末としての性能も十分あり、Wi-Fiに対応している事から、ネットワークプリンタとして複数台の印刷に耐える機能になっています。 LAN対応のラベルプリンタなんかオーバースペックに聞こえますが、Wi-Fiである事は、USB接続も不要な点も注目です。 AC電源無しで駆動させる方法として、乾電池と充電型専用リチウムバッテリの2WAY式になっている事も非常にユニークです。 私は、持出が多い為、充電式にして外出先でラベルシールを打ち出ししています。 事前に作る事もありますが、その場で臨機応変に印字できるのは魅力です。 PT-P750Wの実勢価格は2万円前後ですが、PT-9500PCと比較しても印刷品質と速度、これに加えて用紙幅がPT-P750Wが24mmまでに対し、PT-9500PCは36mmの違いだけです。 24mmまではどちらも対応しており、大きな差異は認められませんでした。   ラベルマイティは、名刺印刷からラベル印刷までなんでも使えるので、ラベルプリンタがなくともきっと役立ちます。 ラベルプリンタはオススメの一台です。  

Windows7でアップデートを行うコツ

昨年、Windows10がリリースされてから、Windows7がなぜかアップデートできなくなる事態が発生しています。 色々な諸説がありますが、真相がイマイチわからない私にとってできる時とできない時がある事に気づきました。 あるサイトで、Windows7のアップデートができないので、やはり諦めるべきか?と言うトピックスを読んだ時、ハッキリ言えるのは、アップデートの方法が確立されておらず従来の方法では無理だという結論に達したのです。 今回は、Windows7のアップデートを確実に始められるノウハウを改めて公開すると同時に、今後はマイクロソフトが既存のWindows7のアップデートが初期の状態において可能になる事に期待します。 ※Windows7のサポート期限は2020年までと記載があることから、約3年です。 事前準備 1)MicrosoftのWindows UPDATEホームページにて次のソフトをダウンロードします。 http://www.catalog.update.microsoft.com/Home.aspx OSのバージョン毎にダウンロード先が異なりますが、Windows7 64bit版または32bit版いずれも対応します。 スタンドアロンアップデータ (1)セキュリティパッチ KB3185911 (2)セキュリティパッチ KB3138612 (3)セキュリティパッチ KB3145739 (4)セキュリティパッチ KB3172605 Windows Update Agentのダウンロード(32bit版/64bit版) Windows Update FIXITのダウンロード(リンク) 2)スクリーンセーバーのバッテリモードを切り替える 初期設定の場合、一定時間が経過すると自動的にスリープモードになります。アップデート完了後は元に戻してかまいませんが、アップデートが落ち着くまでは、スリープモードにならないようにするのがコツです。 作業開始 1)Windows Update Agentをインストールします。 2)セキュリティパッチ (1)~(4)を順次インストールし、再起動します。 インストール完了後、再起動すると次の画面になります。 3)インストールが正常に動作しない場合は、Windows Update Fixitを実施して、Windows Updateの動作をいったんリセットします。2)に戻って(1)~(4)までを全部インストール完了した時点で、改めてコントロールパネルからWindows updateを実施します。 4つのアップデートが完了してから、Windows Updateを実施し、30分ほどそのまま待機します。 画面は相変わらず、検索中の表示が続きますが、内部ではデータを蓄積しております。しかし、一定数がダウンロードされると、シャットダウン画面に「!」マークが付いていることがわかります。このマークが表示されたら作業は完了と判断します。 この時点でいったん、更新+シャットダウンを実施するとWindows Updateが正常に動作している事がわかります。 アップデートの数は、機種やメンテナンス状況にって異なる為、DSP版のWindows7からの場合は、200は越えます。今回のように、メーカカスタマイズ版の場合でも124個と決して少なくありません。 再起動が続き、アップデートの目処が立つと下記のようにメッセージが表示されます。 ダウンロードとインストールが続きますが、どうしてもエラーが表示されてしまう事があります。 ある意味仕方ありません。 最後に ここまできたら、あとは成り行きに作業を進めて問題無く、今後はWindows Updateが正常に動作し更新が続けられる様になります。 新規の時のアップデートのプログラムが不安定な事が原因と思われますが、現実問題、特殊なソフトやサービスを行わなくとも時間をかけて適切な操作を続ける事で、アップデートが可能な事を知ることはきわめて重要です。 私も、様々なサイトでWindows7のアップデートに関する記事を拝見しましたが、どうしても動作検証に乏しく、結果を出せずにいました。 アップデータを片っ端からダウンロードして、インストールした結果、いつの間にかできる様になったものの、どういう操作をしたら良いか数量的な事を検証せず今日に至った訳です。 […]

ScanSnapと電子文書化~デジタルデータ化のススメ

紙データをとにかく整理整頓したい。もう少し効率よく物事をすすめたい。そんな方にオススメなのが、ScanSnap iX500   ScanSnapは、富士通が開発しているパーソナルドキュメントスキャナです。 スキャナだけなら、確かに何処の会社も複合機と称しながら付いているのとどう違うのか? 一般の複合機(この場合は一般家庭用を指し、業務用を除く)と異なる所は 一般の複合機のスキャナはあくまでも付帯サービスに近く、単独としての性能はきわめて低い。 専用のスキャナももちろんあるが、使い勝手が悪い。   実際に取り込むまでのスピードを考慮しても、同じ原稿を1枚読み込むのに、複合機が約2分。 ScanSnapだと10秒。   つまり、5倍~10倍は速いScanSnapはとにかく便利。 使い道を考えるとイマイチわからない。 具体例として 1 申込書などの顧客書類保存用。(こちらは複合機のスキャナと併用が望ましい) 2 名刺の取り込み 3 紙媒体での保存を必須としない資料 4 チラシなどの紙媒体 を一通り読み込む事が可能です。 もちろん、複合機自体でこう言った機能は当然あるものの、名刺を読み込むと言うのはなかなか面倒であるし、手軽さには少しほど遠い気もします。   ScanSnapにもいくつかバリエーションがあり、現行機種は無線LAN対応のiX500Aというタイプになります。   無線LANにも対応している点は従来機種に比べかなり機動力が高まった印象があります。 個人的には有線LANにも対応して欲しかっただけに、少し不満です。次回のバージョンアップに期待しましょう。 しかし、このScanSnapは、一人1台という感覚で利用する事が望ましく、便利である一方、高速動作の機械故に慎重な操作も求められます。 デジタル化したデータの保管先には、クラウドという案もありますし、機密情報を外部にという懸念は当然ですがあります。   いきなり購入して使ってみてよ。言うのもかなりハードルの高い話です。 ScanSnapもいくつかラインナップがあり、それぞれ特徴が異なりますが、私のオススメはiX500です。 日頃から書面が多い方には特にオススメしたい一つです。

iPhone用モバイルバッテリーが780円、これはお買い得!!

日頃からアウトレット品には目が無い、おおくすです。 衝動買いのために、毎月5000円の予算で買えそうなお得な商品を見つけると言うのがテーマです。 今回はソフトバンク直営店でのモバイルバッテリ Smart energy LU01 for iPhone なんと特別価格780円 【アウトレット】【iPhone 6/6 Plus対応】smart energy LU01 for iPhone SB-SE04-LU25/WH(モバイルバッテリー/iPhone5s/iPhone5c/iPhone5/iPhone5/アイフォン/スマホ/Lightning/充電器/SoftBank SELECTION/ソフトバンクセレクション/楽天/通販) 価格:780円 (2014/10/18 22:24時点) 感想(217件) これだけでも、なんとスペシャルな価格だ!と思いますが     さらに、製造元は「三洋電機」というビッグネームです。 ↑これをとにかく言いたかったのです。 三洋電機と言えば、「エネループ」で有名な会社です。当然、充電池に関しては世界的シェアを持つだけに、電池の性能も十分期待出来るといって良いでしょう。 これまでの実績を多少加味しても、780円ではまず買えません。   あまり、強調してオススメ品をあおるつもりはありませんが、半信半疑で買った私はさておきつつも、   【アウトレット】【iPhone 6/6 Plus対応】smart energy LU01 for iPhone SB-SE04-LU25/WH(モバイルバッテリー/iPhone5s/iPhone5c/iPhone5/iPhone5/アイフォン/スマホ/Lightning/充電器/SoftBank SELECTION/ソフトバンクセレクション/楽天/通販) 価格:780円 (2014/10/18 22:24時点) 感想(217件) 付属のケーブルはiPhone4までのタイプですが、USBのlightning cableをはじめ様々なタイプが利用出来ます。 基本仕様が DC5V 1.0Aとなり、一般的な充電からして1回分ほどです。 重さは84gと携帯電話よりちょっと軽いくらいですが、見た目も結構小さいのでカバンに入れておくとそれだけで安心です。   特にスマホの電池が切れて悲惨な事になるのは多く、私も外出先でスマホを少し触っただけでみるみるバッテリーが減りました。 もちろんこのモバイルバッテリを持っているから即安心ではありません。 車で移動中の時は充電し放題ですから問題無いにしろ、外出中の電源問題は深刻です。 […]

Windows10いよいよ発売へ

windows8の発表から早2年。 ついにWindows10が登場! 大方の予想はWindows9では?と見ていただけに10とは何ともぶっ飛んだ感じすらするWindows10 発売は来年後半の予定から発売の時期は2015年10月第3週あたりが有力です。(これは、過去に発売されたWindowsの販売時期からの推測) WindowsVistaの時同様、バージョンアップを見送りWindows7にした経験をふまえ、Windowsに関してはプレビュー版の状況から判断。 Windows8は様子を見ようと考え、導入を見送ったのですが 今回のWindows10はそれから見ると相当な覚悟が見え隠れします。   ユーザは、ユーザインタフェイスが変わる事を悪いと言うので無く、従来からの操作ができる様に互換性のある配慮が欲しい。と言うだけであり、今回のWindows10がWindows8で不評だった事が解消され、マイクロソフトの進むべき方向性もあわせて示した事を意味するとみています。   これまでデスクトップ中心だったWindowsが、モバイルや産業用機械に至るまで同じプラットフォームで動作する事はきわめて生産効率を上げる上でメリットがあると言われています。 身近なところでは、金融機関のATM、スーパーマーケットのレジ、はたまた銀行の顧客システムに至るまでWindowsで動作しているのは事実です。   今回のWindows10が成功するか失敗するかは誰もが注目しており、もう一つ注目している事が 「OSの価格はどうなるのか?」 と言うこと。   MacOSがついにバージョンアップに必要なライセンスを無料にしました。 ハードウェアとソフトウェアをセットで開発している企業がセキュリティ・サービス向上のためのバージョンアップで費用を徴収する事がおかしかったといえる話です。 マイクロソフトがその点、MacOSと違うビジネスモデル(収益構造)であるため、OSが無料になるとは少し考えにくい話です。   それでも、世界中に相当数のユーザと基幹システムを擁する企業だけにそうそう切り替えが進むとは考えにくいものです。 私の会社のパソコンも来年は交換の時期にかかります。 MacにするかWindowsにするかはまだ検討していますが、条件等を考慮しMacになる可能性も十分あります。   当面は、Windowsの環境が必須な状況だけに即、Windows廃止にはなりません。 プレビュー版が発表されたら利用したいと思います。

モノクロレーザープリンタ PR-L5000NがLAN対応で6000円台

レーザープリンタの調子が悪いので、LAN対応のお手軽プリンタがないか調べてみたら ・・・超型落ち品のNECのPR-L5000Nプリンタがなんと6980円。   驚きのプライス!! 早速ポチッと注文。   このプリンタの特徴は 白黒専用 LANがついている → これ重要 用紙トレイ 250枚 印字スピード 3秒/枚(毎分20枚)   私のところでは、社内書類を印字するときはカラーレーザを使わず、必ずモノクロを使うようにしています。 ちょっとした事ですが、使い分けは大事で、会社でプリンタを導入するなら 2台は最低欲しいところです 1台はモノクロレーザプリンタ もう一つはカラーインクジェットプリンタ が基本です。 カラー文書の提出が多い場合は、カラーインクジェットの代わりにカラーレーザーという手もありです。 コスト面を考慮しなければ、カラーレーザー一台でももちろんかまいません。   コスト面で申し上げると モノクロレーザー 5000円~10000円 カラーレーザー 8000円~20000円×4+α と割高な事があげられ、カラーはC(青)M(赤)Y(黄)K(黒)の4本を交換する必要があります。   私のところは、場所の問題でプリンタを一人1台ずつ使いたい。と言う理由です。 その上でコスト面を考慮した際、カラーを不用意に使うのももったいない感覚がぬぐえないのも一つでしょう。   ベストバイなプリンタはなかなか見つかりませんが、気兼ねなく印刷したいならもっておいて損はありません。  

パソコンの故障を特定する手順と考察

故障を特定する考え方は様々ですが、手順を考えると割とわかりやすいものです。   パソコンが起動しない場合の基本的な考え方は 「電源ケーブル」が正しいか? 「アラート」が正しく点灯しているか? 「電源」が正しく供給されているか?   のところです。 特にケーブルが正しいか?と言うのは、「そんなものみたらわかる」とおしかりを受けそうですが、ケーブルの断線などが原因でやはり接続がうまくいかないケースは良くあるものです。 しっかり確認したいポイントです。   次にみるポイントが「アラート」に関する点。 アラートとはいわゆる「警告」というものであり、警告灯がどのように動いているかが一つのカギになります。 ランプの点灯色も以前はまちまちでしたが近頃は、グリーンないしブルーのランプなら「正常」で、レッドなら「異常」という要領です。 アラートが点灯するのは異常を表すのですが、機器によってはアラートと正常が同じランプで切り替えるパターンもある為 「ランプが赤く点灯ないし、点滅」していたら「危険」というのは一般的な考えにも通ずるところです。   最後に「電源」 電源のユニットが故障すると回路への供給が不安定になるため、電源ユニットは確認する上でかなり重要な意味を持ちます。   電源が故障していなくても、関連部品が故障して動作しないパターンは多々あり、必ずしも電源とは限りません。 疑わし時はすべてのパーツを交換して原因を探るのは、故障診断の際避けて通れない事です。   案外、気になる部分は多いものです。   故障して動かなくなった?ときは下手に触らず相談が一番良さそうに思いました。  

OKIから交換用トナーが届く

        先日のプリンタ騒動から約2週間ほどたった昨日、事務所に見慣れない箱が一つ。補充用トナーがOKIから届いたようだ。 ちょうど、イエローが切れたので1本交換したところ表示されたステータスは以下の通り。     おや? すでにシアンとブラックは交換したので、さほど減ってないのだが、イエローのカートリッジ単位が違う?スタートアップが0.8kとなっていたが、なぜか補充用で届いたトナーは0.7k確かに非売品と書いてあり、一般の製品とは違うのがよくわかる。   でもなぁ、どうせなら0.7とか中途半端な製品よりも1.5kを全部入れてくれた方がよさそうに思うのは私だけじゃないだろう。 もちろん、一般流通品と違い、商品から補充品手配までメーカ負担で行っているので、同じ商品を過剰に提供するのは不公平感があると思う。 ※シアン・ブラックはすでに新品交換済み(1.5k仕様となっているのはそのため) ※マゼンダはまだ、初期ロットのため、0.8kと表示 ※今回交換したイエローは初期ロット品より少なめの0.7k とは言え、今回の件が全員が全員連絡して依頼するか?と言えば少し疑問が残るし、メーカの周知方法も限界があると思う。 商品登録を行うとお得な情報が多いと言うのはもちろん、今回のようにリコールが発生してピンポイントで対応するのも一つだろう。 もっとも、私に言わせれば自己申告で発送依頼かけるより、ユーザ登録しているのだからS/N(シリアル番号あるいは製造通し番号)で無条件に発送したほうがずっと良い。 メーカとしてみればエビデンス(証拠)と発送した際の返却リスクを考えれば当然、通知を出して依頼した人だけ送る方がアナログ的とは言え、実数の把握はしやすいだろう。 事情はどうであれ、よいメーカです。 補充用が1.5kのトナーなら◎だったのになぁ・・。その点だけ残念。  

パソコン屋は壊した台数が多い程上達する。

今日、某所で預かった動作しないハードディスクを検証すべく、実験用ハードディスクを付けたところ プスプスと・・・妙な音が 最後には煙とともに「ポンッ」と言う音が。 ・・・・ハードディスクが燃えました。 過去に幾度と無く、こういった事例を扱ってきましたが、今回備品のハードディスクを2台壊しました。 最初の1回は「ひょっとしたら調子悪かったのでは」と言う理由だったが 2回目は、「こりゃおかしい」という確信に変わった。 容量もあまり多く無いので、もちろん通常の利用には当然不適ですが、機器の取扱は改めて気をつけなければと思った。   まぁ、本日の格言 「油断するな」「過信するな」「無茶するな」 そんな訳で、しばらくパソコン修理と出張が続きそうな日々です。

OKI c301dnのスタートアップトナーが少なかったらしい・・。補充用を提供してくれるぞ

我が家のレーザプリンタのホープ OKI C301dnはおもに、カラーレーザーの中でも請求書発行の用紙に限って利用しており、普段からの頻度はモノクロのCanon LBP-1310に比べかなり少ない。   今回はこの右下にあるOKIのプリンタでメーカより次のプレリリースが発表された。 日頃は当社製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。 さて、当社が販売いたしましたA4カラーLEDプリンタC301dnに同梱のスタータートナーカートリッジおよび消耗品用イメージドラムユニット(型名:ID-C4LA)添付トナーカートリッジの一部において、ユーザーズマニュアルなどに記載の印刷可能枚数(ISO/IEC19798パターンを使用した連続印刷時の参考値)よりも早くトナー交換が必要となることが判明いたしました。 C301dnをお使いのお客様におかれましては、お手数をおかけしますがプリンタ本体およびイメージドラムユニットのシリアルナンバーの確認をお願い申し上げます。お使いの製品が対象シリアルナンバーに該当する場合は、補填用トナーカートリッジ4色セットを、下記「無償提供方法」にて無償提供させていただきます。 お客様には、ご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。今後、このようなことが無いよう品質管理の徹底に一層の努力を重ねてまいりますので、引き続き当社製品をご愛用賜りますよう、心よりお願い申し上げます。     早速調べてみると、おいらの型番は、AK2xに該当するらしく、補填用トナーカートリッジの申し込みをする事に。 到着まで2~4週間というが、年末年始が入るから早く届いても来月末までには届けば良いかなと心なしに期待しているところである。 とはいえ、「なんかトナーの減りが早いなぁ。」とおもいつつ、レーザプリンタの初期トナーの量はあまり期待できる訳でないから、気にもとめてなかった。   こういうこともひとえに利用しているヘビーなユーザがいるからだとつくづく実感。   カラーレーザーを使いたくないより、普段はモノクロレーザーで十分事足りるせいか、頻度は少ない。 それでも、減りが早いと感じるのは、私だけじゃ無かったようだ。   とは言え、すでにトナーは2本交換したし、残り2本も順次交換の時期に来ているからちょうど良い時期だったのは確かである。   こういうとき思うのが   「ユーザ登録って大事」だなと改めて痛感した。 ユーザ登録は、新品で購入したときは忘れずにしたいものです。   ちなみに、、、OKIをはじめ一部のメーカはユーザ登録をしないと「正規保証登録」を行わないメーカもあります。 (いわゆる見なし保証期間または保証無しに近い扱いとなる) 十分気をつけましょう。