事例紹介

近頃、大手のPOSレジが軒並みタブレットに置き換えられて構成も一段とシンプルになってきました。 私の会社はちょうどそんな時期にオープンした事もあり当初からタブレットレジシステムを導入していた経緯があります。タブレットレジシステムも中小ベンチャーから大手企業まで様々なメーカーが発売しており、その用途は様々です。 私の会社において、POSレジシステムを導入するにあたってコスト面を第一に考えた時、まずは無料で実用的に使える会社はないかと考えました。そうしたときに、2社が候補に挙がりました。 Airレジ SQUARE POSレジ の2つです。 現時点において、月額利用料が無料で使えて今後も継続的に事業が期待出来ると考えると他の会社は検討から除外しました。AirレジとSQUAREの2つは、決済システムにおいて提携しており相互補完に近い関係性があります。 決済システムにおいては 楽天ペイ Airペイ SQUARE の3つになります。各社の特徴を表にまとめてみました。 決済サービスの特徴 項目/会社名 楽天ペイ Airペイ ※SQUARE VISA/Master Card ○ ○ ○ JCB/Discover/Diners ○ ○ ○ AMEX ○ ○ […]

先日ワード付きのアウトレットパソコンを購入した所・・・なんと。 ライセンス認証がされないというアクシデントに見舞われる。 自分の感覚として、正規購入品で使えない事がどうしても許せない訳で、先方は 「アウトレットなんで返金します。」と言うものの、返金したところでソフトは買えない。 言い換えると、「ソフト代より安いセットのパソコンがあれば普通買うだろう?」と いうのが本音です。 *マイクロソフトと折衝 そんな中、早速マイクロソフトに電話をかける。 マイクロソフト アンサーデスク 0120-54-2244(平日9:00~18:00 土日祝10:00~17:00) ここで、音声ガイダンスが流れるのですが、とにかくやっかいなのが「ライセンス再発行」のハードルは無茶苦茶高いと言うこと。 ソフトウェアの正規利用である事を証明する為には、「ライセンスキー」をマイクロソフト側へ申告し、正規利用である事を証明しなければいけないからです。 電話の応対時間も正直長く、繋がるまで30分ほどまち、それから色々ヒアリングの後、営業時間が終わった事もある為翌日に持ち越し、それはそれで残念だったのですが、その後の展開は結構大変 「ライセンスを入手した後のバックアップディスク」というものがあるという。 実はこれが結構くせ者で、ディスクの発行手数料は有償(2000円)で、海外から発送されるという。 海外というと、中古PCの特別ライセンスを入手したときの苦い経験があり、大丈夫か?と思わず思ってしまう自分がいるわけで、約一ヶ月ほどかかるというつれない返事。 ・・・まぁ「今すぐよこせ」という事はもちろんありませんし、無ければそれで困らない現実ももちろんあります。 永続ライセンスの利点で、今回は最新版(2016版)のオフィスを入手する事にしました。   *結論 正規に購入したらマイクロソフトへ電話をかけて掛け合うしかない。 その時は、可能な限りの情報を提供し、妥協できる所は妥協する事。 私の場合は、オフィス365の権利については、放棄する事を求められました。しかし、実害はないので不要と申し入れました。   とは言え、こんな事は早々オススメできる事ではありません。訳あり商品を買うのは自由としつつも、こういう部分についてはしっかりチェックが必要と思うばかりです。

法人化する際に、株式が良いか合同が良いか?と言う話はあちこちで見聞します。 ざっくりした話として、株式・合同・合資・合名の4つの法人格について解説します。 1 株式会社 日本国内においてスタンダードと言われる法人格。ほぼこの名前が付いている事がほとんどでしょう。 2006年までは、資本金が1000万円以上という制約があり、設立にも相応な条件がありましたが、法律が改正され1000万円未満でも設立が可能になりました。 改正前非常に多い法人として有限会社がありましたが、こちらは法律改正と同時に廃止され、既存の有限会社は解散しない限り存続可能です。 なちゃって株式会社を設立するならば、資本金も1円でいいのでは?と思います。 (もっとも、資本金1円で設立する法人は怪しくてしょうがありません)   2 合同会社 法律改正と同時に設立が可能になった法人格 有限会社の代わりとかいいますが、現実には合資会社の改良版という意味合いが強く、法人の仕組み、持ち分会社へ分類される事から違いがありません。 設立要件は、資本金の設定が必要ですが、役員は1名で済み(この点は、合資会社と異なる)。 また、合資・合名では無限責任社員(いわゆる個人の資産をもって弁済に充てる役員)を1名以上おく必要がありましたが、合同会社の場合は全員有限責任社員(出資した金額を上限に責任を持つ役員)となります。 私は、株式会社とせず合同会社を選びました。理由は一人で設立できる法人格を持つ事であるのでその役割は十分果たせるからです。 また、非公開会社として外資系企業の日本法人は軒並み合同会社として設立している事もポイントです。(例:アップル、モービル、ユニバーサルミュージック、西友、ケロッグ) 3 合資会社 2名以上の役員で設立をする法人。 無限責任社員と有限責任社員で成り立つ法人格。資本金の設定はなく、出資した金額等で会社の規模が決まる。 合同会社の設立ができるまでは、非常に多い法人格です。2006年以前の法人格としてはかなりの数ができたと言います。   3 合名会社 2名以上の役員で設立をする法人。(法律改正後は1名で可能になった) 2名以上の無限責任社員で設立する法人格。 合資会社以上に結びつきが大きい法人格ですが、現在は一人でも法人を設立する事が可能になったりしています。(合資会社はいまでも2名以上と規程がある) 合同会社と違い、無限責任であるため、現在では法人設立はまずありません。(合名会社にする理由が見つからず)   合同会社にしろ、株式会社にしろ法人格を持つ事は信頼性があがります。 契約する主体も法人名で可能になります。   […]

先日、法人化した、おおくすです。 久々更新しているのがなんとも複雑な気分ですが、書きたい話題は山ほどありますのでぼちぼち更新していきます。   さて、法人設立に欠かせないテーマの一つに「定款作成」があります。 私の場合、法人設立に掛かった費用と言えば 会社実印 ゴム判 登録免許税 の3つですが、資本金を50万円に設定した事もあり、登録免許税は最低60000円 (登録免許税は、資本金の0.7%と60000円のいずれか高い方を適用) 100円未満の端数は切り捨てる→参考資料   どのみち、必要な費用は色々ありますがその中でも登録免許税は、合同会社の場合60000円から可能な所は、上手く活用すべきと思います。 知名度云々で株式会社が・・・という方もいますが、重要な事は法人格を持つ事であり、株式会社だから可能で、合同会社だからできないという事はないからです。   さて、法人設立に必要な作業として 「定款作成」 というものがあります。 この定款作成は、非常に面倒と思いますが、必要事項を穴埋めするだけで作成可能ですので問題はないと思います。   いくつかのアレンジはありますが、私の場合は慣例に基づく記載でかわしましたが、入れておけば良かったかな?と思う点は 1 電子公告に関する特別事項 2 代表社員を社長と定める但し書き に関する事項だけ追加したら良かったかな?と思いましたが、法律行為を行う場合は、代表社員になるため、意味はなさそうです。   定款を紙で作成すると、印紙税を40000円納める事を書いていますが、自分で電子定款を作成する事も可能です。   自分で電子定款を作るための手順 1 Windowsのパソコン Windows7以降なら問題ありません […]

記憶に新しい事ですが、先週末から相次いでYahoo!から誤報メールが相次ぎました。   一つ目がこれ、既にあちこち記事が掲載されているので、今更感もありますから、一応お約束に紹介します。久々話題にのったくらいの話でしょう。 この件について、誤報した会社からのプレリリースとYahoo!からの謝罪文 やれやれ感があった訳です。 その次に届いたのがこれ   全くノーマークぶりを記録する訳で、ヤフオクレターなんて普段読まないし、結果的にまたか!と言うことがさらに思い知らされるわけです。     ここまで連続コンボだと、本当恐ろしいものです。   明日は我が身と思い、メールの取扱には細心の注意を払うよう徹底したいところです。

最近、スマホのカード決済をやってみようといろいろ研究する事、早数年。 私の会社にもようやくスマホレジプリンタが届きました。 画像はプリンタとiPad miniを並べた様子です。   実際に使ってみると思ったより小さい事がわかります。 縦12cm、横8cmと至ってコンパクトな大きさである事がわかります。 個人的にはこの倍くらいを想像していましたので、このサイズには正直あっけにとられました。 もっとも、この機械の相場が税込4万円をふまえ、安いパソコンなら1台は買えるし、iPadとプリンタなどをすべてそろえると結果的に10万はかかると思うだけに正直言ってぞっとします。   このプリンタの特徴は、bluetooth対応である数少ないモバイルプリンタです。 その上、現在開発されているアプリケーションでこのプリンタに対応しているソフトが大多数である事も導入を後押しする事になりました。   このプリンタに対応している主要ソフトウェアは 楽天スマートペイ Square Airレジ スマレジ の4つです。 Airレジ+Square、 スマレジ+楽天スマートペイ で利用出来るため、大変便利と思います。 スマレジはLANタイプのプリンタに対応しているため、店舗では店舗用プリンタ、外出先ではモバイルプリンタという使い方も出来ます。   レジ管理のためにこういったプリンタが必要か?と言えば、手書きでも当然代用出来ますが、サービスの正確さや客観性を持たせる意味では、今後重要になると思います。   でも4万円は高いと思う方に朗報 楽天スマートペイの加盟店審査を可決した後、加盟店ページからSM-S210iプリンタが特別価格で購入できると言う特典があります。 スマホレジを検討している方には、是非カード決済システムも併せて導入してみるのも一つです。 クレジットカード決済が出来るのは非常に魅力です。 […]

おなじみのハードディスク。 なぜ壊れるのか?考えてもわからないハードディスクの裏側。 あまり見慣れない画面に少し戸惑いながら  ・・・。滅多に検出されないWindowsからの警告メッセージ。 起動時間こそ大してかかってないものの、毎回このメッセージが出るのも考え物。 この後、予想される事としては起動しなくなると言う状況が待ち構えており、油断できない状況です。 ハードディスクの交換の手順は割愛しますが、近年あまりにも多くのハードディスク障害が多く、復旧に相当数な時間を要しています。 最悪は、OSが一部損傷してその状況からの復旧もあるため、様々な事情に対応しなければなりません。 状態としてはこのように検出されました。 これが出てしまうとどうしようもありません。小手先の作業だけではどうしようもならず、エラーが出るのをだましだまし使うかとなる始末です。 ハードディスクだけは、ロットや当たり外れがあるためどこのメーカが確実でどこが悪いと言う目安はありません。SSDに関しても、ベストはインテルとしながらも、インテルが絶対安全とは言いません。 くれぐれもバックアップはこまめにとるかミラーリングなどの構築でより安全性の高い作業環境の構築が望まれます。

先日、パソコンの修理でネットがつながらないという話から、現地を確認したところホームページにアクセスできない状況がありました。 具体的にアクセスできなかったサイトは マイクロソフト ヤフー ライン でして、これらがウイルスと考えてみると思いきや、原因を探すとどうやら違うらしく・・・。 直接接続だとつながり、ルータ経由だとおかしい。 いろいろ検証した結果、ルータがおかしいと判断。代替品を持参し、後日再度設定へ   設定後、何事もなく接続されて一安心だったのだが実にルータのトラブルが多い。 ここ2010年前後のルータ故障が多かったのは、ダントツでプラネックスだったのだが、近頃はバッファローも目立ち、少し不安が残ります。 今回の不具合機種に関しては偶発的なことより、ac規格のWi-Fiチップの不具合もあるのではと少し勘ぐってしまいます。 新しい電波規格がどんどん開発され、対応機種も増えていますが現実問題としてどこのメーカなら問題なく使えるかどうかはどんどん情報を集約していくしかほかなりません。   私自身が、推奨できるメーカとしてあげるならNECが一番いいかと思います。     個人的におすすめしたい、イチオシの機種はこちら↓ 金額も4000円台と非常に手頃ながら、ネットワークもギガビット対応の点が非常によい。   コンパクトで安く抑えるならこちら↓ コンパクトなタイプながらも、安定の性能で金額もきわめて安いのが魅力。 新品ながら3000円程度で購入できます。 欠点は、ルータの性能があまりよくないので、高性能なタイプならこちらを選ぶことに   2014年現在、現行販売分において最高スペックの商品。ネットワーク部分もギガビットに対応している。 価格差は約1万円ほどありますが、NECのルータがおすすめな理由は、安定動作していること。 筐体デザインに関しては、相変わらずセンスがありませんが、性能という点で見れば見た目は気にすることじゃないと私は考えます。   今後はどこのメーカのルータを導入するかも考えていく必要が出てきました。

ScanSnapの活用とドキュメント管理

昨年から、書類の電子化を進めているおおくすです。 電子化とデータ管理の関係は非常にシビアで、導入まで方針が定まらず、電子データ化にあたって 「データ」のバックアップがしっかりできる構造 「ネットワーク化」を行い、スタンドアローン(単独)で利用せず共有化 「手元」で操作できるレイアウト   を考え試行錯誤の上、やっと書類の本格管理に至っているところです。   領収証や請求書のデータをこれまでは紙ベースで保管していたものを今年から領収証のみ、スクラップブックに処理して、請求書関係の書類は原則電子化にし、CD等で保管。の方針です。 データの電子化は、とにかく書類が多い私にとって悲願と言うべき案件で、保管している書類は契約書も電子化しています。   特に契約書の電子化等は、携帯ショップではすでに原紙をショップで保管せず、打ち出した書類をサインしてスキャンした後、顧客へ渡す仕組みです。 ショップには個人情報を残さず、原紙をユーザに渡す方法は至って自然ですし、私もこの方法を採用しています。 さらに、私のところでは書類関係は、原則FAXで受領する仕組みをとっており、FAXで届いた原稿をScanSnapにかけて保存する場合と、PDFで届いたFAX原稿をそのまま保管するケースがあります。   いずれにしても、書類の電子化は安易に複製が不可能な非可逆方式(一度保存するとオリジナルの状態に戻せない事を言う)な為、改ざん防止にもつながり、手間も省けるねらいもあります。       最新型のScanSnapはLAN対応になって利便性が向上しており、これもまた便利です。 私は、定番のS1500シリーズを利用していますが、両面同時にスキャンするスピードがとにかく速く、ストレスを感じません。   ScanSnapの良さは、スピードが速い事と何よりも、両面同時スキャンができる事です。 サイズも比較的小さく、使う時だけ広げても良いし使い勝手が良い。   特に無駄なボタンが無く、動作も本体からは開閉でスイッチが入り、読み込みはスタートボタンのみ 制御はすべてPC側で行う手軽さですが、専用ツールが必ず必要で利便性は若干落ちるかもしれません。 TWAINに対応しておらず、関連ソフトの連携は一工夫必要です。   現在は、ScanSnap […]

通信コストを削減する聖域無き改革

昨年からの通信コスト削減の効果がようやく見えてきました。 人に言うなら自らのコスト感覚を持ちなさいと言うのは、クライアントにはもちろん、私自身もどこが削れるか考えているものです。   コストを削減するテーマは、誰もが考える当然のことです。   私の会社のコスト関係で申し上げれば、経費の中でしめる割合が高いのは、KDDIとソフトバンク。 通信コストの経費ランキングは次の通り 数字は2014年3月現在(月額・税抜計算)。 NTT西日本 1600円 ▲6900円 NTTコミュニケーションズ 2500円 ソフトバンクモバイル 5500円(うち約2100円は端末代) ▲3000円 ※来年度以降 3360円程度の見通し。 ソフトバンクテレコム 500円 KDDI 8500円 BIGLOBE 1200円 +1000円 ニフティ 1050円 ▲500円 長崎ケーブルメディア(CATV) 2500円  +2500円 合計 23350円(概算税込 24517円 5%試算時) (ちなみに8%の場合、25218円となります +701円の増加) 内訳 削減 ▲10400円 増加 +3500円 差額 ▲6900円の削減   この中で数字が突出しているKDDIも、2013年時点で試算すると以下のようになります。 NTT西日本 8500円 NTTコミュニケーションズ […]