Category: 電話サービス

格安通信環境構築のノウハウ

格安通信の会社が多く、増えてきて良かったと思う一方、カスタマサービスが気になる事も多々あります。 携帯電話の料金体系が キャリア系の定額通話+データ通信 と MVNO系の格安データ通信+従量通話 の2つの流れにほぼ進むだろうと言う印象です。     電話番号にこだわらなければ、MVNOで直接契約し、端末とカードを入手するだけで月々の利用料はわずか2~3000円です。これが、キャリア系になると最低でも7000円~10000円ですから差は歴然です。 私の場合は、通話が多いため通話端末はキャリア系で契約し、データ端末をMVNOと言う事にしました。 通話端末は iPhoneで、データ端末はiPad+モバイルルータですが、iPadで大方仕事ができるため、モバイルルータを利用する事がめっきり無くなり、本当にいるのかな?と思うようになりました。 モバイル端末に限った話ですが、世間の話題はNTTの回線卸売りによる光回線の料金体系の話に軸足が移るだろうとみています。 個人的な話ですが、回線卸売りが始まったとはいえ、最終的にはNTTの関与が無くなる訳でなく、2015年現在も併売というのが実情です。 むしろ、卸売りと言うよりも「請求を他社サービス合算」できる要件を広げたと言うのが率直な感想です。言い換えると、当社に合算すると請求がさらにお得ですよ。と言うだけで、サービスなどについては今までと何ら変わらない。 その点だけを鵜呑みにできないのが今回の事情かもしれません。 以前も取り上げた話題として、「決して安くないコラボ光」と題している事にもなりますが、ひかり電話+通信回線+ISPの3つ合計で最安値が4610円。(戸建て契約の場合) NTTフレッツの場合、4610円(長期割引、電話、通信回線、ISP) ケーブル会社の場合が、5030円(長崎の場合、電話+通信回線) BBIQが5200円(5年契約、ギガコース、電話1回線) 単純にこれだけをみれば、NTTフレッツがわずかに安いのです。 それよりも、現実的な料金の提案としては 提案1 ソフトバンクのホワイトBB+ソフトバンクケータイ+MVNOの組み合わせが5320円 提案2 ケーブルテレビの利用で、3100円(固定回線+モバイルの場合) 提案3 NTTの光回線を利用する4610円+携帯回線   どれも便利そうでちょっと不便な印象があり、定番の良さは捨てがたいものです。 金額がかさむ代わりに、万一のサービス体制が万全なキャリア契約を選ぶか、万一のときは自己責任という方が良いかは少なからず選択の余地があると思います。   目先の安いももちろん大事ですが、長期的に安いを選ぶか?あるいは便利を選ぶかは人それぞれではないか?と思う今日この頃です。

auの通話定額プランと従来プランどちらがお得か?

6月から始まった、通話料定額プランの動きが活発になったせいか、「新・プラン」か「従来プラン」はどちらが良いのだろうか?と言う議論が再浮上。 私は新プランへの移行をどうするかを真剣に迷っており、特に拍車をかけている事として「ケータイの寿命」がその決断を迫らせているのです。 目下な事情として新型iPhoneが9月頃に発表される事はほぼ確実視されているなか、今機種変更するのが適当かどうかも判断できずにいます。 ケータイ料金がプランS+Ezwebの組み合わせで月額1850円。 これが新料金プランへ移行となれば、月額2500円で使い放題? と思うんですが実は違う。   現在の料金プランは「通話+通信」の総額で計算されるため、通話料+メール等のパケット料の合計である一方、新料金プランは、通話料は定額で計算されるが、メールなどのパケット料に関しては定額プランへの申し込みが無い限り、一律に発生する仕組みになっています。   私が新料金プランへの移行をためらっているのはまさにこの部分。   スマートフォンならば、基本料金+パケット+パケット定額の三本立てが原則で、最低でも6500円という数字。 従来型ケータイの場合は、月額6000円。   割引施策として有効なサービスが、auスマートバリューの適用。 我が家で適用できそうなプランとして 長崎ケーブルメディア(ケーブルテレビ) BBIQ   の2社が該当するんですが、現状の環境からBBIQへの移行費用の概算として最低でも12400円、月額6700円。スマートバリューの適用で割引は約1000円/回線です。 現状がアナログ回線+ADSLで約3500円ですから割安感ははっきりいってゼロ。 長崎ケーブルメディアならどうだろう?と料金プランを見ると、最低でも3700円のスマートプランへの加入が必須。 確かに、BBIQほどでは無いにしても最低単価が5030円(ネット回線+電話回線の契約が条件)ですから下手すればBBIQの方が安くなる算段です。 今使っているのがソフトバンクのADSL回線ですから、ソフトバンクのスマートフォンの組み合わせで安くなるものの最低単価が約7000円を割らないので、結局はケータイの980円+ネットの1980円という2つ合わせて月額3000円でおつりがでるお手軽プランにしたことは言うまでもありません。 現状の動きから見て、auがケータイより単価の高いスマホへ移行するのは当然とはいえ、今春脱スマホした人間がまたスマホ回帰するのはどこか後ろめたく思うのです。 私がauにこだわる・・と言うより使わざる得ない理由の一つに、固定からケータイ間の通話料定額サービスがあるためです。 他社でも同様なサービスが始まるなら今回のような悩みは確実に減るでしょう。   ケータイから固定への通話は「定額通話」プランでカバーされても、固定からケータイへの通話が有料なのはすごく痛い部分です。   慌てて機種変更する必要は無いにしろ、せっかく切り替えるなら長く使える方が良いに決まってます。   長期利用者向けの妙案があれば使う側にしても、うれしいんですが・・・  

KDD時代の請求書

  KDD時代の請求書が見つかった。 001番の1円通話サービスの時、試しに1回かけた時つかったような気がする。 しかし、2円の請求書が届いたときは驚いた。 たかが2円。でも2円を払うためにコンビニへ行った事を思い出すのですが、書面作るためのコストは2円は軽く超えているはず。 たまに見ると興味深いモノです。

通信コストを削減する聖域無き改革

昨年からの通信コスト削減の効果がようやく見えてきました。 人に言うなら自らのコスト感覚を持ちなさいと言うのは、クライアントにはもちろん、私自身もどこが削れるか考えているものです。   コストを削減するテーマは、誰もが考える当然のことです。   私の会社のコスト関係で申し上げれば、経費の中でしめる割合が高いのは、KDDIとソフトバンク。 通信コストの経費ランキングは次の通り 数字は2014年3月現在(月額・税抜計算)。 NTT西日本 1600円 ▲6900円 NTTコミュニケーションズ 2500円 ソフトバンクモバイル 5500円(うち約2100円は端末代) ▲3000円 ※来年度以降 3360円程度の見通し。 ソフトバンクテレコム 500円 KDDI 8500円 BIGLOBE 1200円 +1000円 ニフティ 1050円 ▲500円 長崎ケーブルメディア(CATV) 2500円  +2500円 合計 23350円(概算税込 24517円 5%試算時) (ちなみに8%の場合、25218円となります +701円の増加) 内訳 削減 ▲10400円 増加 +3500円 差額 ▲6900円の削減   この中で数字が突出しているKDDIも、2013年時点で試算すると以下のようになります。 NTT西日本 8500円 NTTコミュニケーションズ 2500円 ソフトバンクモバイル 8500円(うち約2100円は端末代) ソフトバンクテレコム 500円 KDDI 8500円 BIGLOBE 200円 ニフティ 1550円 長崎ケーブルメディア(CATV)  0円(未契約の為発生せず)  合計 30250円(概算税込み 31762円 5%試算時) この数字から見ても1円でもコストを削る工夫はとにかく大事で、どこに聖域があり、どこが削れるか?を真剣に考えた結果、この内容に落ち着いた理由は次のようになると考えています。 もちろん、数字だけ見ていったい何をこんなに使っているのか?と言う疑問もあるのですが 1)NTT西日本 ADSL回線+FAXの利用。そのため、通話料はほぼ0。基本料金のみです。 2)NTTコミュニケーションズ おもに050サービスの番号。   この番号1つあたり、月額1000円。2つなので2000円。 実際の内訳は、OCNの050サービス等+050アプリとFAXの050サービスが月額1000円。この2つで合計2000円。 この番号の目的は、顧客向けのプロモーションはもちろんの事、出張先でファクスを送信したり、時間外の留守番電話機能を実現したりと使い道は多く、FAXに関しては開始当初に契約した事もあり、覚えやすい番号が選べたのは幸いでした。 3)ソフトバンクモバイル 通話よりデータ通信がメインの会社。 先日までiPhoneを使っていた私が、突如ガラケーに戻したのは、単なる偶然では無く、「ガラケー+プロバイダ」という、最強のローコストサービスができる為です。これは、地域が非常に限られるサービス故、もれなく・誰でものサービスでない代わり、条件に合致すると劇的にコストダウンする会社です。 例)ネットを光回線にした場合とガラケー+ホワイトBBの組み合わせ ※利用条件を合わせる為、光回線はIP電話を加算 光 NTT西フレッツ 7100円 割引後 → 5010円 […]

プロが勧める「電話回線からインターネット契約」の賢い契約と段取り~住所が決まったらまずNTT116へGo!

インターネットの契約に限らず、電話回線の手続きは煩雑かつやっかいな段取りを求められやすいものです。 [the_ad id=”6864″] 私が過去10数年の間に培ったノウハウとして次の段取りは、大変重要なものです。 私の周りでも店舗や事務所をオープンした方、自宅を引っ越しした方が多々いらっしゃいますが、的確な手順はここ10年以上変わっていません。 まず、引っ越しやオープンなどをする場合に決まるのは、「住所」 住所が決まったらまずはNTTへ電話番号選定を依頼する「開通依頼」をかけるところから始まります。 開通依頼の際、電話・ファクスを個別に取得するケースと、電話のみを利用するケースがありますが、半数以上が電話のみでファクスは兼用が多い為、1番号契約が基本になります。 1)電話番号選びは超重要! 電話番号の局番はできるだけ、最初の市内局番は「ぞろ目」が無いか確認します。 たとえば、長崎市内だと811、822、833が同一エリアにあります。他のエリアの場合であれば、844、855があります。 それ以外については番号提供がされていないまたはNTT以外の電話番号のため、除外します。 番号選定のコツは市内局番にあり、ホームページやチラシ、名刺などに印刷する際、間違いを見つけやすくなる為、番号選定は1ヶ月くらいかけても良いほど重要な作業です。 電話番号はどれを選んでも同じお金を払うので、覚えやすく気にいった番号が出るまで根気よく折衝が望まれます。 2)電話番号の局番はそろえよう NTTの場合、電話番号の局番が違うと請求の締め日が違う為、電話番号は局番をそろえるのが鉄則です。 たとえば、長崎において095-822局番と095-833局番では前者が月末締めに対し、後者は10日締めです。 これは、住んでいる場所とか個人・会社関係なく、電話番号で締め日が異なります。 請求書を合算などしたい場合でも締め日が異なれば当然できません。この点も注意が必要です。 局番をそろえるのは、口頭で伝える際にも大事です。 私の会社は、833-3838と833-3839と連番にしています。 これは慣習的な「番号選定」で、連番の最初が電話で次がファクスまたは代表子番号。の考えです。 大会社などでは代表が1000番だとすれば、1050番までざっと50回線持っているケースも珍しくありません。 一般個人などでは現実的な回線でありませんので、せいぜい2回線または3回線です。 電話番号の連番化は特別な事情が無い限り、取得が基本になります。 3)インターネット回線の種別はソフトバンクケータイ+ホワイトBBを基本に考えよ ソフトバンクケータイの利用者も3000万回線を超える規模になり、国民の3人に1人はソフトバンクという時代です。 インターネットの契約で、ADSLを使うのは時代遅れと思うかもしれません。 しかし、月々のランニングコストを考えれば月額1980円ははっきりいって魅力です。 一般固定回線の契約が一般家庭用なら基本料金1750円+ナンバーディスプレイの400円で2150円。 これにADSLのADSLを足して合計4130円。(消費税・通話料は別途) 事務用で契約となれば、事務用加算額をくわえて、合計5730円。 光回線ならば、同一の契約でもホームタイプで、7500円。 (基本料 5400円+プロバイダ1200円+ひかり電話基本500円+ナンバーディスプレイ400円で計算) 差額は実に1600円。(家庭用なら3370円) つまり、年間にして約2万円。家庭用なら、約4万円の差額が発生する算段です ソフトバンクのケータイなんか持ってないと言う場合でも、2年契約のホワイトプランを契約して980円+1980円の2860円です。 もちろん、最低利用期間を持ちたくない場合は標準プランという方法もあります。 この方法のほかにも、いくつか案はありますが提供エリアが比較的広く、安く利用する方法はあるかもしれませんが、全国どこでも利用できる案としてこれが一番最適です。 ADSLはちょっといや、やっぱり光回線を使いたい。 と言う意見はごもっともです。この点についてソフトバンクのホワイトBBありきとは毛頭ありません。 インターネット回線がADSLにする理由は「コストパフォーマンス」が最適というだけで、回線品質や速度は光回線と比較しても、差は明らかです。 それでも、電話番号選定は光回線にしようがしまいが、絶対です。安くなるとか楽だとか言っても、絶対電話番号選定は最初にするべきです。 電話番号選定を最初に行い、光回線へ電話を移行する場合やはり費用が新規で取得する時に比べ、倍は違ってきます。 しかし、NTTに限らず、インターネット回線とセットで電話を敷設する場合、番号選定はできず開通直前に****番と○×○×番です。と振り出されるのがオチです。 特にホームページやチラシを作っている場合は、電話番号が決まらないのははっきり言いまして致命的で、移転の際の電話番号が事前に案内できないのも困ったモノです。 名刺やスタンプカードをオープンと同時に作りたいと思うなら電話番号は住所が決まった時点でNTTで番号選定をし、移転日の調整だけ行えば十分です。 私のお客さんのケースですが、上記理由で番号選定を早めに実施しましたが、移転の直前になって「光回線の空き端子が無い為、予約待ち」となった事がありました。 当初は、ISDNで2番号取得して、光回線開通と同時にひかり電話移転のスケジュールでしたが、急遽アナログ2回線にして、回線増設工事+ADSLの工事に変更し、光回線が利用できるまで暫定契約で約2ヶ月利用しました。 光回線が、工事予約決定(通常は工事可決と呼んでいる)しなければ、電話番号選定に入らないが、アナログやISDNであらかじめ工事予約をしておけば万に一つ工事ができなくなった場合でも、ヤフーBBなど各種ADSLや他社光回線への変更が可能になり、チラシの作り直し、工事依頼の変更が全くもって不要になります。 この作業の事を通常は、「番号ポータビリティ(持ち込み)」工事と呼び、番号選定においてNTTに依頼したあと、電話やインターネットを他社で利用する場合でも電話番号が変わらない為、自信もっておすすめできる100%失敗しない手順です。 私自身、普段は「絶対」「確実」「100%」と言う言葉は使いませんが、このやり方は過去10数年変わっておらず、若干変わったといえば、ISDNからアナログへの番号選定が可能になった為、番号の枠が若干広がったくらいで手順は変わっていません。 ISDN全盛期の変則依頼と言えば、「アナログ回線の番号をISDNで新規利用したい」がありました。ちょうど、今の光回線専用番号を使わず、アナログ番号専用が希望というのとかぶります。 しかし、現時点では、アナログ・ISDN時代の時とは事情が違い、他社回線利用も視野に入れながら対応となるため、この手順は大変重要な意味を持ちます。 家電量販店経由で依頼すると連絡が入るBBCC(ブロードバンドコンタクトセンタ)は番号選定をやりません […]