IT業界を斜めから見るオトクな情報

価値観について考える

パソコン販売(本職)に関する価値観の差 近年、パソコンを購入するとき、高いから安くしてという人が多い。 予算は4万という中で掘り出し物を提案したところ、これでも高いからもっと安くしてという。 知人づてあるので、無下するわけにいかず、仕入れているために結構コストもかかっている。 よく考えて欲しい 相手はの言い分は 商品の価値がない → 感覚的に高い 来店もせず → 遠方だから来ない 性能も評価せず、ただ金額だけで判断するのはやはりどうかと思う。 自分の仕事が、パソコンと無関係なら採算割れしても生活には支障ないと思います しかしながら、自分はパソコンで生計を立てているので、こちらが提示した金額が出せない人は残念ながらお客様にはなれないんです。 わかりやすい例えで言えば「コンビニの肉まんが高い」と思うだけで、その人は店員に安くしてと言えるでしょうか? 衣料品店にて会計時に高いから安くしてとはたして言えるだろうか? 一方で自分には言いやすいからなんとかなると、思われたんだろうと思う。 他じゃ売れないだろうという事で、買ってやる感なら、正直言って買ってもらわなくてかまわないです。かえって迷惑なんです。 近年、パソコンの価格を安く値切ってくる人名刺デザインが気に入らないと言って何度も修正を求める人は必ずと言って良いほど、納品後トラブルになっている。 パソコンの価格は、会社の規模や方針で違います。また、商品販売後のサポートがあります。 専門外業務に関する価値観~名刺印刷サービス他 専門外業務の一例として、名刺印刷があります。これは、私の会社で使っている名刺やショップカードです。 名刺印刷に至っては本職でないため、テンプレに文字埋めするのが関の山です。名刺印刷代金はほぼ実費で、いただいた原案を元にデザインを行います。 制作時間は平均30分程度です。 誤字脱字は修正しても、文字サイズや位置を少しずらしても仕上がりに影響しないため、こまかい修正を何度も引き受けるのは困難です。 印刷代金と別に名刺のデザインに数万円、出せる人はまず私のところには来ないです。 オリジナルデザインと印刷費を含めて、私が提示した金額で出来るならほかで頼んで構わないのです。 1件あたりの営業コストで考えれば、コスト度外視で行う私と事業として行う会社では掛けるコストは段違いです。 色々考えさせられました  

新しい元号が決まる~平成→令和の元号換算について考える

2019年4月1日に新しい元号の「令和(れいわ)」が発表され、平成は4月30日をもって終了というお話。 様々な元号案が上がったというが、読みにくいという事からこの元号案に決まったと思われる。 世間の関心事はお祝いムードである一方、システム屋の私にとってみれば新しい元号における諸問題を少し整理してみると 「和暦・西暦」と「新旧和暦経過措置」の換算問題が浮上する 昭和と平成の区切りが1989年で昭和64年と平成元年と偶数・奇数から 今回の平成31年・令和元年の「奇数・奇数」は数字の並びとしては不自然であるが、計算上の都合は非常に良い。 さて、次の問題が 【平成→令和の元号換算】 一例として 平成39年 → 令和9年 平成31年 → 令和1年(元年) という事から、平成3x年は 令和x年になるという事から 単純に平成31年以降は単純に30を引けば良いという事。 生命保険などで平成50年というのも、理論上話でいけば 令和20年となるので、それはそれで良いかと 免許証の有効期限問題も気楽になりそうです。 特に免許問題で「いつが有効期限になるんだ!」という話をあちこちで聞きましたが、このように整理して見ると「なんと単純な」事だと気づくのです。 平成が31年以降は30を引けば現行の元号に変わる事から、次の継承についても奇数年で退位すると今回のようにスムーズに切替が出来るのではないかと見ています。 私の世代としては、あと1つは元号が変わるところまで生きているので、このときの話は次も必ず出てくる事だと思います。   もっとも、昭和という時代が遠くなり、明治・大正という時代に生きた人もそう遠くない内に「最後の明治生まれの人が亡くなりました」というニュースが流れる事でしょう。 あと80年もたてば、最後の昭和生まれが亡くなりましたというニュースがあるように、いまの30歳以下はすでに平成生まれである事実。   時代の流れをひたすら感じる今日この頃です。

長崎発飛行機の旅

2月6日 長崎から東京までフライト チケットの購入の仕方が良かった事もあり、機内サービスが良かった LCCはどうしてもコスト重視感があるためか、最小限で搭乗手続きになってしまう。 今回は、そういったことが全くわからない中で、なんでも盛り込んでおこうという考えは、旅慣れした方からみたら無駄なんだが、自分にとっては一大イベントである。 日頃は列車が多く、飛行機は10数年振り 当時と環境も変わって東京までの移動が、劇的に安くなった もちろん、いろんな特典を利用したら可能であるものの、通常から安いのはいい カード会社のラウンジ利用 楽天ビジネスカードは使えないオチ   普段から楽天カードのプレミアムカードを利用しており、ラウンジも使えるところまではよかった しかし、、、 楽天ビジネスカードは、なんと対象外! 色がゴールドなだけで、特典対象外なんだとか、、、 今後、出張が増えるときに備えてラウンジで使える上級カードを持っておくことも大事だと痛感。 フライトにおける携帯電話の運用管理 携帯電話の機内モード切り替えのアナウンスが無かったことに少し驚いた もっとも、フライト中は圏外になるので、そもそも必要がないのかあるいは、実害がないから放置かは定かでないが、機内モードにしておくに越したことはないと思う 長崎から東京までの巡行時間は約一時間 これからしばらく高度が下がり、着陸 もっと時間がかかりそうな感じだったが、この速度ならば、あっという間だなと思う 九州での暮らしがのどかすぎて、大都市に行く機会すらない 仕事で東京までという時代は変わって、地方だからできないとは思ってない。 地方には地方での暮らしがあり、都市では都市の暮らし方があると思う。   東京長崎も日帰り旅行が可能な時代 過密なスケジュールをこなしながら初日を終える

モバイル決済サービスの比較と検証2019年1月現在

カード決済の仕組みを改めて紹介するテーマも3年経過すると、いろいろ変わってきました。 キャッシュレスサービスも2015年12月の状況から大きく変化しました。   決済システムの状況 各社共通:JCB・ダイナースカード決済に対応 ※アメックスについては、各社対応が分かれたため、足並みはそろわず (アメックスがJCB包括を採用している会社とアメックスを提携先で持っているため) 手数料はJCBの料率が平均3.5%以上(楽天3.24~Airペイ3.74~スクエア3.95) 電子マネー決済の登場 ApplePayが2016年のiPhone7より本格対応した事に伴い、電子マネー決済システムが一気に展開されました。 据置の端末においては、WAONも含め全対応です。モバイルの決済端末はQuicPayおよびiD+交通系ICの組み合わせです。 ※ApplePayがこの3ブランドであるため、Edy・nanaco・WAONについての対応はこれからです。 システムの更改 各社共通:ICカード決済に軒並み対応 電子マネー対応:スクエアを除く全社 プリンタの追加(2015年以降に登場した製品) スター精密 mPOPがコイニーを除き全社対応 スター精密 SM-L200が楽天ペイとコイニーが対応 スター精密 mC-Print2/mC-Print3に楽天ペイとAirペイが対応 従来からのSM-S210iは現行で販売しており、現時点ではSM-S210iとmPOPのバーコードリーダーモデルを導入する事がオススメです。     https://okusu.net/5373/payment-systems-comparison 2015年当時と2019年1月現在までにどう変わったか掲載してみました。 2015年12月時点 決済会社 楽天スマートペイ スクエア Airペイメント コイニー VISA/Master ○ ○ ○ ○ AMEX ○ ○ × ○ JCB ○ × × ○ Diners/Discover ○ × × ○ 楽天カード ○ × × △国際ブランド […]