ビジネスにおいて大事なことは、準備がとにかく大事です20代、30代~50代、60代以降でそれぞれ違うと思います。 私は22歳で独立し、2017年現在も今と変わらず仕事をしています。 2001年の当時は、ITサービス業者は雨後の筍のように多く乱立した時代でした。10年もたたないうちに大多数が絶滅し、現在は一強多弱の時代になりました。 そんな当時、2001年4月当時に取り組み、2017年5月現在も通用することを書いてみました。   営業に必要なツール 名刺 会社概要の資料 携帯電話 インターネット回線 パソコン iPad であるのは大方予想がつきます。名刺はパソコンで作る人も多くいますが、やはり仕上がりやデザインなどを考慮しても専門業者に依頼するのがおすすめです。 現在は、名刺印刷の会社に依頼して100枚、2000円の製作費で準備してもらうことも可能です。 携帯電話の契約は、格安ケータイの類もありますが、やはり安心して利用する観点から、ドコモ・au・ソフトバンクのいずれかで通話定額のプランに契約が必須です。 私はauがメインになっていますが、通話エリアを考えるとドコモがお勧めです。 通信については、タブレットを利用するのがベストで、SIMフリーiPadの端末がおすすめです。docomoの場合はSIMロック解除は不要です。 2年間で、分割払いをしながら端末を入手して2年経過したらmineoやOCNといったMVNO系通信会社に移行するのがベストです。ある方のブログを読みながら、モバイルルータが便利だという記事を拝見しましたが、昨今モバイルルータを利用する道義的理由が極めて低くなりました。 iPadで業務が可能であり、その大半は実を言えばメールのやり取りであるのです。     準備しておきたいこと ホームページ(独自ドメインを取得) 事業用の銀行口座 クレジットカード(デビットカード) 事務用品の契約 運送会社の定期契約 ホームページの重要性 ホームページは、ネット銀行(ジャパンネット銀行・楽天銀行)で口座開設する場合は、必須です。もちろん、ホームページなしで開設も可能ですが、ものすごく審査が厳しくなるため、ホームページがなければ事実上開設は不可と考えていいでしょう。(個人口座であれば身分証明書があれば可) 社名選びは「ドメインが取得可能と確認してから」決めるのがコツです。 […]

ひさびさパソコン以外の話題です。 往年の任天堂ゲームユーザーだった私が、久々に遊んでいる事が珍しい程はまっているゲームの話。   さる2016年12月15日に発表された、スーパーマリオランもそこそこ遊んだあと、先週ファイアーエムブレムヒーリーズが発売。   ゲーム内容は、スーパーマリオランと違い、アイテムの課金があるゲームですが「課金=サーバーの利用の受益者負担」といった印象です。 1000円はらえば、8時間ぶっ通しでゲームがプレイできますが、無料だとせいぜい30分ゲームできれば十分と言う流れです。 プレイ時間の制限は主に *「プレイチケット(ポイント)」制 (マリオランの場合は、プレイチケット制・ひとりプレイの場合は制限無し) *「お助けアイテム」の存在 (ファイアーエムブレムのケース。ただし、ミッションクリアした場合などでアイテムの付与がある)   プレイした感想 この2つが大きなゲームバランスとなっており、過度にプレイ時間が集中せずヘビーなユーザーは課金して利用する一方、ライトユーザは無料の範囲でプレイが可能と言うところ。 もちろん、無料だからといってもゲームはキャラクタの存在が十分ある為、面白さは十分だと思います。 マリオランがもっと、びっくりした事は定期的にキャンペーンやイベントを実施している事。 期間限定のアイテムをゲットするため、今月はゴールデンクリボーを探せ!と言う企画があり、80匹捕まえると、特別オブジェがゲットできると言う企画。 やるな!任天堂ってところです。   プレイ時間もスマホに最適な5分前後で決着が付くと言うテンポの良さも面白いと思います。   今回任天堂がスマホにコンテンツ提供でどうなる?という話になっていますが、20数年ぶりの新作ゲームをプレイした 自分の感想は、 「こりゃ面白いね」   大前提と問題点 ゲーム機を購入する事は経済的に可能ですが、ゲームプレイに関する大前提が光回線のインフラ構築が急務で、スマホの性能が直接、ゲームに影響する事はありません。 ただ、プレイする為に常時通信回線の環境が必須である事と、快適に利用するなら光回線が必要と言う点は、正直言っていただけません。 もちろん、スマートフォン自体に通信機能が付いている為、光回線が必須とは言いません。 […]

昨年、Windows10がリリースされてから、Windows7がなぜかアップデートできなくなる事態が発生しています。 色々な諸説がありますが、真相がイマイチわからない私にとってできる時とできない時がある事に気づきました。 あるサイトで、Windows7のアップデートができないので、やはり諦めるべきか?と言うトピックスを読んだ時、ハッキリ言えるのは、アップデートの方法が確立されておらず従来の方法では無理だという結論に達したのです。 今回は、Windows7のアップデートを確実に始められるノウハウを改めて公開すると同時に、今後はマイクロソフトが既存のWindows7のアップデートが初期の状態において可能になる事に期待します。 ※Windows7のサポート期限は2020年までと記載があることから、約3年です。 事前準備 1)MicrosoftのWindows UPDATEホームページにて次のソフトをダウンロードします。 http://www.catalog.update.microsoft.com/Home.aspx OSのバージョン毎にダウンロード先が異なりますが、Windows7 64bit版または32bit版いずれも対応します。 スタンドアロンアップデータ (1)セキュリティパッチ KB3185911 (2)セキュリティパッチ KB3138612 (3)セキュリティパッチ KB3145739 (4)セキュリティパッチ KB3172605 Windows Update Agentのダウンロード(32bit版/64bit版) Windows Update FIXITのダウンロード(リンク) 2)スクリーンセーバーのバッテリモードを切り替える 初期設定の場合、一定時間が経過すると自動的にスリープモードになります。アップデート完了後は元に戻してかまいませんが、アップデートが落ち着くまでは、スリープモードにならないようにするのがコツです。 作業開始 1)Windows […]

先日、教員免許の更新が終わり、無事更新確認書類が教育委員会から届いた。 そもそも、教員免許の更新がなぜ始まったのか?と言えば、教職員の資質向上という事が始まっているのですが、現実の所は無免許教員を排除する為の施策とも言える事だと思う。 免許更新の制度が始まったのは2009年の事で、まだ制度確立して10年にならず、やっと半分の教職員が更新完了した流れではないかと見ている。 免許更新は更新満了の2年前から受講可能で、更新完了までに30時間受講し、その後修了証をもって教育委員会へ提出する事で、その効力が発生する。 ただ、この講習制度自体は当然ながら有料で 受講は1時間あたり1000円 30時間の講習を受講するため、30000円の受講料が必要になる。 その後が大変だったのである。 長崎県の場合は、主に長崎大学が中心になって県内の大学や教育機関が連携して講習を行う仕組みになっている。 最初のハードルは 「どうやって受講できるか?」 である。 実は、ペーパー教員には、受講の資格が無いというのが「常識」であり、免許更新を受けるためには「教職員」である事が前提になるのだ。 おかしな話であるが、「教員」になる為に、「免許更新」が必要だが、「免許更新されてない」教員は採用される訳がない。 当たり前である。 つまり、免許更新前になんとか、教職員になっているならば、こう言った事で悩む必要はないが、結果的に更新が必要な私は講習も受講できなければ、採用もされない。 それくらい、面倒な話である。 某高校の先生から話しになった事で印象深かったのが、 「教員経験者に臨時採用の話をしたくても、免許が更新されていないので教壇に立てない」という事態が発生していると言う話。 ここまでいけば、弊害といって良い話。 教員免許更新のそもそもの抜け穴というのは、法律である以上常にあり、 「現職教員で無いものは、採用見込みの証明書を提出することで受講資格のある者と見なす」 という記載がある。 採用見込みとは何か? 免許更新ができていない、時点では、「採用見込み」であっても、「採用される」とは限らない。 これは、毎年夏に実施される、新卒採用の「免許取得見込み」と同じ事であるが、 現実の話、教員採用されても、免許が取得できなかった事例はとにかく、多くその年数からいけば数十年勤務していて、という人物が多く存在する事。 その発覚の仕方が、この免許更新ができてない事で判明するのだから滑稽である。 しかし、既卒者で既に免許を取得している私が採用見込みというのはどういうケースに当たるのか? 具体的な方法としては […]

11月8日の早朝に、博多駅前の地下鉄工事の際に、発生した道路陥没事故は、博多駅という大都市の幹線道路で発生した事件。 幸い、死傷者が発生しなかった事が不幸中の幸いだと思います。 さて、その陥没事故に伴い、地中の通信・ガス・上下水道が軒並み、全滅周辺の会社ホテルが休業という状況になってしまいました。 しかし、この陥没事件においてITインフラの脆弱性も同時に露見する結果になったのです。 博多の事件なので、長崎にはそう影響はないだろうと思っていたのですが、親和銀行の基幹システムがすべて福岡銀行系に集約された結果、基幹業務のサーバが不通になった事により窓口業務がダウンする事になってしまいました。 今回は、人災とは言え、これが地震や火災などで障害が発生したと考えると非常に恐い話です。 博多駅の交通網整備の一環で地下工事が進んでいたものの、ライフラインの整備が改めて難しい事を痛感するばかりです。 常にこういう事態が発生する事を想定しながら、生活するのは極めて困難です。 むしろ、発生してから初めてそのありがたみやどのような事ができるか考えるきっかけになると思います。 インフラ(インフラストラクチャー=基幹設備)の整備は、身の回りにある話で、基礎となる部分がぜい弱であればその上に成り立つものはすべて瓦解してしまいます。 パソコンにおいても、インフラ整備は最重要テーマです。   クラウド化とかデータ分散化という話は、様々な手法で採られており、定番であれば Dropbox  が一番の主流になっていると思います。 その上で、Microsoftのone driveとAppleのiCloudが並び、その他いろいろというのが私の目からみて、この3つになるのではないかと考えています。 もちろんこの他にもすぐれたサービスや商品はもちろんあると思います。 それらを否定する事はないのです。 Dropboxはデータ共有のサービスとしては成熟しており、精度も高いと言えます。 MicrosoftとAppleについては、基幹システム(OS)開発元であり、それらの会社が提供するストレージサービスであるため、金額の多寡は別としつつ、信頼性はきわめて高いです。 今回の事件で、対岸の火事と思った事が、見えない所で大きな障害が発生するのは本当予想すらできませんでした。 金融機関のシステム障害が発生というのは、奇しくも預金を引き出す予定だった私にとって冷や汗そのものでした。 窓口でしか利用できない状況であれば確実に破綻していたからです。 災害はいつおきるかわかりません。 それに今後も備えて行けるよう、日々の情報収集にはつとめたいと思います。  

今日からApple Payが始まって悲喜こもごもな事になっているようです。 早速登録してみようと試みるのですが、どうやらうまく行かない。 登録できるカードをサッとまとめてみました。 カード発行会社 カード名 国際ブランド 登録可否 備考 JCB JQカード JCB ○ JCB リクルートカード JCB × 三菱UFJニコス リクルートカード VISA × 楽天カード 楽天プレミアムカード VISA △ ビジネスカードも不可 三井住友カード アマゾンカード MasterCard ○ […]

先月、クレジットカードがいきなり停止という事件に見舞われる 先日、カード会社から一本の電話。 「お客さまのカードが不正利用(ヤマダ電機)で利用されている事が判明した為、カードを停止し、再発行する事にしました」 と言う話。 おいおい、ちょっと待ってよ。 焦る私の要望は受け入れられず、うわの空。   あえなくカードを変更すると言う事態に。   私が普段利用しているカードの利用について、小遣い用として利用するクレジットカードがある一方で、このカードについては、継続課金といういわゆる集中決済を行っているカードで、利用する用途も非常に限られ、通常の決済に加え、公共料金の決済業務に充当する用途にしか使っていない。 それほど、自分自身の利用も相応に制限をかけているカードです。 それだけに、利用できなくなるという被害は大きく、「本当に困った」なのです。   9月7日現在で、カードの変更に伴う決済不能の事業者は *アップル(iTunes系の継続課金) *i-revo access (インターネットプロバイダ) *長崎ケーブルメディア(地元CATV会社) ですが、相当数の契約を毎月課金決済している事もあり、まだまだ増える見込みですが現時点で判明しているのはこの3社です。 契約等をみると、大小かなりの金額が決済されており、電気・水道・電話・新聞がすべてカード決済です。 月末締めの翌月27日で決済される為、今月は決済不能がドカドカでるのではないかと戦々恐々としています。 様々な諸問題があるにしろ、カード決済に集約している事のもろさを垣間見た瞬間です。   不正利用がある事は前提に考えつつ、利用明細は定期的に確認する事が大事です。

個人売買の難しさは、色々な所にありますが、自分は大丈夫だろうという考えがあっけなく崩れ去った今日の話。 かねてから買い手募集していたiPad。Airレジが対応しなくなった事を理由に売却先を探していた矢先に、一通の問い合わせが入る。 送料をいれて1000ドルで買うから銀行口座を教えて欲しいと言う内容。 送り先はマレーシア。 ・・・そかそか、やりとり自体はさほど気にする事でなかったものの、英文でのやりとりは苦手。本来の流れからしても大丈夫だろうかと思いつつ、入金があれば大丈夫だとタカをくくっていた私 それから、送金した?と言う内容が届き、商品を発送しないと着金しないという話は・・・海外はそういうものなのだ?と思っていたら 実は、、、そういうことは無かったんです。 あまりにも巧妙?な手口に、自分なら大丈夫という所はこういう部分に当たると痛感。     今回の実損額は、相場等と送料などの実費で約1万円。(原価ベース) (iPadの相場自体が既に下がっているので、それを10倍も出して買う事自体が本当はおかしな話と気づくべきだったんですが) 詐欺の手口を考えた時に、足の着きにくい事は多々あります。 自分なら大丈夫という考えについては、改めなければいけないと痛感しました。 実損額を補填できるかどうはもちろん、物品に関する対価は十分得られるか?と言う事もあります。   もちろん、このような相手であるから、この後に想定できる事は、正常に動作しなければ支払わないと言う事で先延ばししていくだろうと思います。つまり、それだけ私が、お人好しだったのだと思うわけです。 日頃から、怪しいメールには気をつけよ。といいつつも、自分自身が過信していた事が今回の惨劇になった事は、到底看過できるはずもありません。日本国内で発生した事であれば、どんな方法でもとりようがありますが、国際問題になってくると言葉の壁、地理的な問題なども十分、考えなくてはいけないのです。 今回の商品がiPadだった事も、税関などの部分において通関しやすい事も1つの要因だっと考えます。商品的な価値は世界的にもちろんありますが、不本意な詐欺にあった点は、よく考えればおかしい所だったのかもしれません。 商売というのは、相手を信用する所からはじめますが、その信用が不明な時は、第三者という事で行う手法であります。その第三者の真贋を見極めきれなかった事は間抜け以外の何者でもありません。 あるテレビ番組に出演していた骨董屋の主人は、贋作かどうかを見極めきれなかったのは見る人間の判断が足りないからだ。多くの贋作をつかまされた。と言う事を述べられた事は、今その場面に立たされて気づかされるばかりです。 今回の手口自体は 商品発送を確認しなければ、着金しないという仕組みは、本来は「あり得ない」という部分ですが、実はこの手法は、かつてのヤフオクがこの方式であったのです。普段からヤフオクを使っている事が多い、私にとってそのような「エスクロー(仲介サービス)」が当たり前になって慣れていた事が盲点とも言えたのです。 色々な諸問題を抱えつつも、海外取引の難しさ、身近な所に詐欺は多い事を痛感し、同じ事がまたあるだろうと自戒の意味もこめて書いていくばかりです。 私の人生はいつも失敗ばかりですが、今後、大きな失敗にならないよう生きていくようにします。

2016年5月から、教員免許更新講習を受講しています。 今回で3回目の講義 普段より早く起きて、講習会場の長崎大学まで向かう。朝7時に出かける事自体がほとんどない自分にとってこれだけでもハードな一日です。 さて現職の先生方にとってはこの講習の結果は、生活に関わるだけに慎重な一方、私にとっては滅多に聞く事のできない機会だけに貴重な時間です。今回の講習は、前回までの全校種必修と変わって、専門科目に特化した講習です。 私の専門科目は工業系で主に電気情報系です。パソコン屋という職業から、工業系ときけばそれ相応の知識がある訳ですが、この講習会の狙いは教職員の資質向上が目的であるはずです。現実は民間で専門職に従事している私が得するのはなんとも不条理な気もします。 教員免許更新講習は、今回をのぞきあと2回(40代、50代で各1回ずつ)受講の機会があります。今後、どのように政令が変わるかはわかりませんが。 今回のテーマは、電子回路を用いた制御に関する話題。普段は、パソコン修理で機器操作はするものの、ICチップを組み立てるような事はまずありません。ただ、プログラミングを必須とするこの科目において一番のポイントは、プログラムよりも動作に関する仕組みを知る話です。 講習でおもしろい所は、講師の先生と受講する中学校・高等学校の先生方にまじって私も参加している所。 そのなかで驚きの出来事がありました。 ・・・なんと、高校時代の恩師がなぜか受講席にいた事。 奇しくもこの先生は高校時代にプログラミングの授業をしていたのです。 そして、時を経て(約20数年目)に同じ講義室で講習をうけている事がなんとも不思議な感覚だったことはいうまでもありません。   個人的な事は、この辺りにして、さて本題に入りましょう   今日の講習のテーマは、ハードとソフト いわゆるワンチップマイコンを使って、ハードの組み立てと、プログラミングの実習でした。 受講のレベルとしては、大学の講義で実際に行っているマイコンチップの実習と同じと言う事からも、ハイレベルな内容にはかわりありません。 ブレッドボードとは「パンこね板」という事を知り(日本発祥なら、かまぼこ板だったでしょうとの事)、抵抗についても0Ω(抵抗なし)を使い、悪戦苦闘しました。 ワンチップマイコンのプログラムは非常にユニークで、かつてのマシン語といったコードではなく、GUIのアイコンをクリックして作るシステム環境がある事に驚きを隠せませんでした。 開発工程もかなり短縮され、プログラム初心者でもすぐに制御プログラムを構築できると思います。   今回の例題は 押しボタンルーレット 信号機アルゴリズムの考察 LCDパネルの制御 温度センサーを用いた制御プログラム といったテーマを6時間でこなすと言う、マイコン好きにはたまらない話題と言えます。   今回利用したアプリケーションはGUIを使ったGreat […]

普段は、パソコン屋として業務に従事する私が、なぜ教員免許?という話になると思いますが、以前、触れましたとおり、大学時代教員免許を取得しており、このたび更新講習を受講する事にしました。 本来は、一昨年(平成26年度)から受講しなくてはいけませんでしたが、諸事情により本年度受講することにしました。そのため、今年(平成28年度)は免許更新中という扱いで、認定を受けるのが12月頃という長い話です。免許という性質上、独占資格のひとつですが、免許更新というのは第1次安倍内閣で決まった制度に基づき、毎年対象者が受講する仕組みです。最大3回は受講する制度で、私も3回は受講する事になる予定です。制度や定年が変更になれば別ですが、原則として教職に携わる免許所持者は、自分の更新期限がいつかを確認する事から始まります。(これが一番やっかい)   実は、新制度における免許取得者には、免許更新に関する年度が記載されておりますが、私の様に旧免状取得者の免許状には有効期限が記載されておらず、ホームページで自分の有効期限を確認しなくてはいけません。 文部科学省 修了確認期限確認サイト 修了確認についても、現実問題10年間で必ずだれかが受講するルールになっている事から、今後は免許状記載の有効期限に準じてという話です。制度面については、まだまだ医師免許や弁護士のようなものに比べ、教員免許はどこか緩い感じがします。さて、こう言った背景で、免許講習は原則として「現職教員」に対する講習ですが、私の様な非教員がどうやって講習を受講するか?と言えば、実際のところ抜け穴がありまして、「臨時職員採用志願書」を最寄りの都道府県教育委員会へ提出する事で、免許状の更新受講が可能になる仕組みです。 免許更新に関する諸費用は、3万円を免許講習会事務局へ払い込むだけです。受講に必要な証明は教育委員会へ提出する事で完了します。 受講に関するテーマの選び方は、 必修(職種関係無し) 選択必修(職種関係無し) 選択(職種指定あり) となっており、私の場合は必修はさておき、選択必修・選択ともに情報分野を主に選択しました。 昨日、選択必修の「教育の情報化」を受講しました。 主なテーマは、教育現場における情報化(ICT分野の現場の利用・法的観点からみた運用)でした。   こういう講習会自体、今の仕事を続ける限り全くもって疎遠な部分でしょうが、今後のスキルアップに欠かせない事と思います。 改めて学生時代に勉強しておく事の大事さを痛感した一日でした。