金融&決済

モバイル決済サービスの比較と検証2019年1月現在

カード決済の仕組みを改めて紹介するテーマも3年経過すると、いろいろ変わってきました。 キャッシュレスサービスも2015年12月の状況から大きく変化しました。   決済システムの状況 各社共通:JCB・ダイナースカード決済に対応 ※アメックスについては、各社対応が分かれたため、足並みはそろわず (アメックスがJCB包括を採用している会社とアメックスを提携先で持っているため) 手数料はJCBの料率が平均3.5%以上(楽天3.24~Airペイ3.74~スクエア3.95) 電子マネー決済の登場 ApplePayが2016年のiPhone7より本格対応した事に伴い、電子マネー決済システムが一気に展開されました。 据置の端末においては、WAONも含め全対応です。モバイルの決済端末はQuicPayおよびiD+交通系ICの組み合わせです。 ※ApplePayがこの3ブランドであるため、Edy・nanaco・WAONについての対応はこれからです。 システムの更改 各社共通:ICカード決済に軒並み対応 電子マネー対応:スクエアを除く全社

PayPayで悲喜こもごも~PayPay加盟店から見た視点

ソフトバンクグループが今夏導入したPayPayの総額100億円キャッシュバックキャンペーン 2018年12月4日に始まったこの企画も10日間で終わるという状況に 当初は1ヶ月くらい続けるか?と見ていましたが、全国各地でPayPayフィーバーが続き、結果的に10日ほどで終わるという大盛況ぶり。 私の会社は加盟店契約を行っても大きなウェーブに乗れそうな雰囲気で無かった事もあり、静観していました。 決済手段として整備する事は常日頃から行っているため、淡々と申込を行っていたところ 審査通過の直後に「キャンペーン終了」というオチ 訴求するどころか、そういえばあったなぁで終わってしまいました。 今回の企画は素晴らしいという事で終わるより「無謀な企画だったなぁ」と今のご時世を反映させたように思います。 締めくくりとしては、「ソフトバンクらしいなぁ」という一言に尽きそうです。   ただ、これでお話が終わってしまえば、単なる独り言ですが、私が率直に感じたPayPayの状況を利用者と加盟店の両方からお話したいと思います。 ほとんどは、PayPayの利用者という立場になると思います。 現実、PayPayの加盟店は少ないのが現状です。 そして12月13日取り扱いの振込については、結果的に14日に着金せずに15日という結果となり、正直あきれました。  

【研究考察】据置型電子マネー決済導入の経緯

2018年1月より私の会社では、モバイルの電子マネー決済システムに加え、据え置き型電子マネー決済システムの導入を行いました。 決済システムを導入する事になった経緯は後述したいと思います。   クレジッドカード カード会社/ブランド JCB VISA Master AMEX Diners JCB ○ ○ ○ 三井住友カード

SQUARE請求書システムに見るキャッシュレスビジネス

すっかり12月になってしまい、今年もあと残すところ3週間ほどになりました。パソコン屋としてはてんてこ舞いです。店頭の在庫も次々にはけてしまい、次なにをするかを考えなくちゃいけない季節です。 さて決済システムが多様化し、今後どのようなビジネスが増えてくるかは全く見えてきません。私が近頃力を入れているのは、多様化する決済システムの構築です。 近頃、便利だと思うようになったのは、SQUAREの請求書サービス。 請求書を発行する事については、これまでの課題は支払方法が現金のみという仕組みが一般的です。 これがインターネット通販が主流になってくるとやはり請求書もクレジットカード払いができたらいいなと思うのは、常であり私も試験的にSQUAREの請求書払いをはじめました。 これが一番良かった点は、銀行振込かクレジットカード払いかを選べるところです。 入出金に関しても、水曜日締めの金曜日払いと毎週精算される点は、資金繰りの面から見ても有効です。 →SQUARE(スクエア)請求書   利点 主要ブランドのクレジットカード払いができる 入金サイクルは翌日、遅くても翌週の金曜日までに入金される 請求書の書式を作らなくとも電子請求書として発行できる 欠点 取扱手数料が3.24%~かかる