クレジットカードの審査対策と考察

世間一般的に、クレジットカードは誰でももれなく通ると言う印象がありますが、やはり、通過しやすい人としにくい人がいるのもまた事実です。

b53a93db-s

クレジットカードの審査対策においてどういう人が通過しやすく、また通過しにくい人はどういう人なのか?

いろいろ考えて見ました。

 

クレジットカードを持たない、いわゆる現金主義は損をすると言われますが、私はむしろクレジットカードは1枚だけで良いから持っておく事をオススメします。

使う事を推奨するより、クレジットカードがある生活は便利・・・いや、「信用」ある生活を営むにはクレジットカードを持つ事の意義についていくつか触れたいと思います。

 

私自身はクレジットカードを持つのは抵抗がある方で、数年前に始まったvisaデビットが展開されるようになってから真っ先に契約し現在も使っています。

 

クレジットカードはあくまでも「貸付」が基本である事を忘れてはいけません。

 

つまり、支払が出来る金額を立て替える人にだけ発行されるいわゆる「お得意様カード」なのです。

つまり、支払が悪いところは、お得意様から除外され、すぐに「不良債権」と見なされるリスクもはらんでいます。

 

支払にルーズな人は、クレジットカードは持つべきじゃ無い。のです。

 

一番悪いパターンが、「限度額一杯つかい、自分の預貯金額を超えて利用する」事に他なりません。

 

私が持っているカードの限度額は100万円ありますが、毎月の支払をカードに全部あてても10万円は超えません。

デビットで決済する分を振り替えれば2~3倍はいきますが、そんな怖い事はしたくないので、あくまでも決まった金額以上は決済しないルールにしています。

むろん毎月100万円使っても暮らせる生活は想像出来ないので、あくまでも利用する金額は支払いの出来る3分の1以下が望ましいと思います。

(限度額を下げるのは簡単ですが、万一あげたい時に厳しくなるのでカード会社の与信枠にゆだねるのが賢明です)

 

 

先日、クレジットカードを申し込み、カードが届きました。

しかし、別に申し込んだカードをメインに使っている事もあり、正直なところあまり使い道がありません。

 

悩んだあげく、超少額な決済をする事にしました。

 

毎月100円だけ利用する契約を結びました。

支払も毎月100円。

 

これに意味があるのか?と思いますが、実は重要な事です。

 

毎月支払う事よってカードがきちんと稼働している事を示す、アクティブ率があります。

 

カード会社にしてみれば、100円だけ毎月使われても何のお得感もありませんが、利用者は毎月100円使っているという実績が残ります。

 

カードを使うのが怖い人は、まず毎月100円の決済を続け、支払が安定している事を確認してから本格的な支払に充当するのが賢明です。

 

まず、カード払いに向く支払いを見極めます。

<カードの支払に向くもの>

  • 電話(固定・携帯)
  • 電気
  • 水道
  • ガス

<カード限定の支払>

  • 高速道路(ETC)
  • インターネット
  • 各種保険料

 

私は公共料金の殆どをカード払いに移行しました。

毎月の支払だけでも10万円近くいきます。

通帳にお金が入ってもそのまま右から左に流れる訳で、殆ど財布には現金がありません。

支払にルーズになりがちだからこそ、カード払いにする最大のメリットは支払にメリハリをつける事かもしれません。

 

 

これが、審査とどう関係があるのか?と思いますが

まず、クレジットカードを用いる最大の狙いは「利用実績」を作り、限度額を上げる事。

 

審査に通過するポイント

 

1)キャッシング枠0で申し込む

まず、クレサラ問題で「グレーゾーン金利」の話題が世間を賑わしましたが、まずはキャッシングの利用はしない申し込みが基本です。

キャッシングの申し込みをするとキャッシュバックが増額されたり、特典が増えても決して申し込まない。が基本です。

キャッシングに関して申し上げれば、以前はATM手数料100円より短期なら10円である。事をウリにしていましたが、昨今ATM手数料は24時間+無料です。

むしろ、キャッシングの方が24時間利用出来ないケースが殆どです。

24時間のコンビニとATMもあるわけですから、同時に24時間利用出来る銀行にお金を預けていつでも無料で下ろせる様にする方がずっと経済的です。

銀行にお金が無い人がキャッシングを利用する傾向にあるため、キャッシング枠を0にして利用しない宣言をした方がカード会社における審査も早いと思います。

 

2)ローンの支払いは極力へらし、完済実績を作る

支払遅延はもちろんだめですが、仮に遅延が発生しても完済する実績を作る事は審査通過のポイントです。

私の場合は、創業から何年間は車を買ったりパソコンを購入したりと結構ローンを組みました。

総額は全部で数百万ですから結構な額です。

信用情報には、私が5年~10年かけて全額返済した実績が記録として残るのはカード会社の審査においてこれらがプラスに作用した事はあると思います。

だからと言ってやらためったらローンを組むのが良いとはいえません。

 

3)収支に見合ったクレジット利用

これが一番大事で、現在の年収と現在利用しているクレジットの支払が適切かどうか?と言うところをシビアに見られます。

携帯電話等を含め月額10万支払っているのと、銀行のローンを毎月1万だけ支払っているのでは違う事がわかります。これらも結構重要な要素とみています。

 

4)家族構成

クレジットの審査は意外にも家族構成が重要な要素のようです。

世帯数がどういう状況で可処分が決まると言われています。

http://www.j-credit.or.jp/customer/sales_law/index3.html(クレジット協会)

経済産業省 割賦販売法の概要

家族構成を申告しない場合は、生活費として240万円をで審査します。

これは、家賃+生活維持費の平均です。

 

いずれにしても、まずは「必要以上に借り入れをしない」

クレジットカードは「一時立て替えであって、打ち出の小槌」で無いのです。

 

 

カードの支払で延滞を起こすと他社の契約もすべて解除されます。

仮に現時点で解除されなくとも、更新時期に解除される事もあります。

 

いずれにしても、カードの支払は遅延しない事が基本に考え、キャッシングのある会社とは契約しない。

 

やはりキャッシングが必ず付帯するカード会社が存在します。

 

キャッシングが悪いとは言いませんが、金利があまりにも高いのは馬鹿馬鹿しいのです。

18%で試算した場合、1万円あたり5円ですが、30日で150円。10万円だと1500円の金利がつきます。

10万円を18%金利で支払うと、年間18000円。

 

 

まずは毎月の支払をこつこつ遅れない様に、習慣づけてから申し込むのが大事です。

 

カードの審査はあくまでも「相性」で、私はいくつかの会社には何度申し込んでもカードの審査に通過しなかった経験があります。

そういうところはすぱっとあきらめて他社を選ぶくらいの気構えが大事です。

 

申し込みの目安は良く半年に1度と言いますが、きちんとした支払実績があれば、半年と言わず審査は通ります。

逆に審査に通らない人は半年に1度でも通りません。

 

 

そう考えれば、何処が一番いいのか?

 

個人的には

  • 「年会費が無料」
  • 「キャッシングの契約が任意」
  • 「ETCが無料」
  • 「ICチップ搭載」
  • 「電子マネー対応」

の5つとおもいます。

 

限度額にはこだわらず、10万円でも与信枠がもらえればラッキーな感覚で毎月5000円くらいを決済し続ける事がカード会社と長くつきあうコツだと思います。

カードを持つ事が不安な人はvisaデビットカードを持つ事もオススメです。

 

 

Comments are closed.