au wallet を使ってみた

最近、銀行振込よりカード決済が増えたおおくすです。

クレジット決済は信用情報があるから怖いというのもありますが、その一方で、振込よりカード決済を推奨する理由は購入者・販売者ともにあるわけです。

銀行振込の決済は古くからある手法ですが、カード決済はこれまでは「クレジット=後払い」だったものを、近年「デビット=即時払い」、「プリペイド=前払い」というように決済手段が増えてきました。

プリペイドは16桁の番号が発行され、払込金額を上限に利用可能です。
デビットは、主に銀行口座と直結しており、預金残高を上限に利用できる仕組みです。

プリペイドのサービスで今、注目しているのがKDDIが主体となって発行している、auウォレットという商品。
これは、auのポイントサービスを実店舗で利用するために、プリペイドカードを発行する事で、たまったポイントをカードの残高に振り替え実際の商品購入に充てることができます。
http://www.au.kddi.com/au-id/au-wallet/

 

2014-06-25 01.12
私も早速申し込んで使ってみました。

普通に見た目はクレジットカードそのものですから、普段使いに持って全然おかしくありません。

このカードに積み立てをするには、auの決済代行を使うかあるいはの口座を経由して決済が基本です。
クレジットカード決済も可能ですが、それなら手持ちのクレジットカードを使う方がずっと合理的です。

私はじぶん銀行経由で積み立てる事が合理性が高く、デビットとして使うのと同じ使い道があると思うからです。

VISAデビットは、取り扱い銀行がまだ少なく、スルガ銀行と楽天銀行とジャパンネット銀行です。

特に利便性等を考えた場合、個人ならばスルガ銀行、企業として利用するならジャパンネット銀行が非常に便利です。

入金等の条件面で考えるとスルガ銀行が一番利便性がよく、唯一家族カードの発行が可能という面もおすすめしやすいところです。

カード番号がカードレスのジャパンネット銀行のVISAデビットと実際のプラスティックのVISAがあり、さらに企業としても所有ができる点は非常に魅力です。

クレジットとしての所有でなく、あくまでも銀行振込の代替手段としてであるところがポイントです。

私は、日常の継続課金決済はクレジットカードで処理し、仕入れなどの商材等はジャパンネット銀行のカードレスVISAデビット。店頭での買い物はスルガ銀行のVISAデビットカードを使う。
という形で、使い分けています。

今後はVISAデビットが便利と思うのが、振込の代わりにカード番号を入力。
店頭で購入する場合も、現金を動かさずに1円単位で決済。

きっとこういう意見には多少なり異論が出ると思いますが
あくまでも「計画的な資金管理」の観点から見てクレジットありきは、どうかと思うばかりです。

近所のショッピングセンターもVISA決済に対応した事を踏まえて、カードのポイントよりもこういった積立型のウォレット(財布)サービスは割と便利ではないかと考えます。

 

Comments are closed.