ヤフオクと銀行口座

不定期ですが、ヤフオクで余剰品?を放出しているのですが、その際気づく事があります。
銀行口座をいろいろ提示いる中、利用頻度が高い口座はどこか?調べて見ると
意外と「ゆうちょ銀行」口座だった事に驚きを隠せません。
ほかにも「楽天銀行」や「ジャパンネット銀行」も開設している中で、なぜ「ゆうちょ」なのか?考えてみると手数料が一番その比重を占めるからではないか?と推測されます。
要因を考えると、「振込手数料」がATMだと無料だという事があげられます。
後、オークションという「全国展開」のサービスである以上、少額の取引を行うのに「数百円」といった手数料を払うのは非常にもったいない。と言う事も考えられます。
これまでの常識では「ゆうちょ銀行」よりも「ネット銀行」口座を持つべきと言う一つのトレンドがありました。
しかし、ゆうちょ銀行自身がネットバンキングシステムを構築し、件数次第では手数料無料、ATMでも手数料無料といういわゆるゼロゼロ大作戦が功を奏したと考えます。
かつては手数料ゼロゼロだった「楽天銀行(旧イーバンク銀行)」が、一律50円という手数料を設定して以来、利用者が減少した印象を受けました。(実際に楽天銀行をメインで使っているユーザーは目減りしています)
ジャパンネット銀行は、そういった面で見たときは当初から手数料を設定していたので、どうしても比較されがちでしたが、ヤフーとの提携を始め手数料無料になるプランもあるなど、相応のサービスがあると考えています。
オークションというローカルな個人売買で一番便利な金融機関が「ゆうちょ銀行」という事は今後のビジネスにも当然プラスと考えます。
口座振替も特別な事情が無い限り「ゆうちょ銀行」を指定可能です。
楽天銀行の口座入金にも「ゆうちょ銀行」口座があると便利です。
あくまでもメリットとなるのは「小口のゆうちょ銀行間」に限られ、他の銀行へ振り込むとなればやはりジャパンネット銀行が便利です。
そういった事情から、ヤフオクに参加して取引するなら「ゆうちょ銀行」の口座開設+ネットバンキング(ゆうちょダイレクト)を申し込むだけでほぼ事足りる事でしょう。
さらに落札金額が少額の場合は「オークション参加費」は無料です。
どうしても高額商品を落札したい場合は、iPhoneアプリのヤフオクを使えば、それ以上の落札だって可能です。
(出品を希望する場合は、従来通り有料となりますが)
まだゆうちょ口座を持ってない!と言うなら是非開設してみては如何でしょうか?

Comments are closed.