Buffaloの一部ルータが電力系FTTH(BBIQ)で動かない問題

先日、パソコンの修理でネットがつながらないという話から、現地を確認したところホームページにアクセスできない状況がありました。

バッファロー製品情報   周辺機器総合メーカー 株式会社バッファロー BUFFALO

具体的にアクセスできなかったサイトは

  • マイクロソフト
  • ヤフー
  • ライン

でして、これらがウイルスと考えてみると思いきや、原因を探すとどうやら違うらしく・・・。

直接接続だとつながり、ルータ経由だとおかしい。

いろいろ検証した結果、ルータがおかしいと判断。代替品を持参し、後日再度設定へ

 

設定後、何事もなく接続されて一安心だったのだが実にルータのトラブルが多い。

ここ2010年前後のルータ故障が多かったのは、ダントツでプラネックスだったのだが、近頃はバッファローも目立ち、少し不安が残ります。

今回の不具合機種に関しては偶発的なことより、ac規格のWi-Fiチップの不具合もあるのではと少し勘ぐってしまいます。

新しい電波規格がどんどん開発され、対応機種も増えていますが現実問題としてどこのメーカなら問題なく使えるかどうかはどんどん情報を集約していくしかほかなりません。

 

私自身が、推奨できるメーカとしてあげるならNECが一番いいかと思います。

AtermStation

 

 

個人的におすすめしたい、イチオシの機種はこちら↓

金額も4000円台と非常に手頃ながら、ネットワークもギガビット対応の点が非常によい。

 

コンパクトで安く抑えるならこちら↓

コンパクトなタイプながらも、安定の性能で金額もきわめて安いのが魅力。

新品ながら3000円程度で購入できます。

欠点は、ルータの性能があまりよくないので、高性能なタイプならこちらを選ぶことに

 

2014年現在、現行販売分において最高スペックの商品。ネットワーク部分もギガビットに対応している。

価格差は約1万円ほどありますが、NECのルータがおすすめな理由は、安定動作していること。

筐体デザインに関しては、相変わらずセンスがありませんが、性能という点で見れば見た目は気にすることじゃないと私は考えます。

 

今後はどこのメーカのルータを導入するかも考えていく必要が出てきました。

Comments are closed.