セキュリティソフトとファイヤーウォールの問題

最近は、セキュリティソフトが原因のサポートが増えました。

もちろん、仕事になる上で私はありがたいのですが、あまりにも原因が「特定」しづらく、まだまだ原因追究に時間がかかりそうな気配です。

もっとも、ファイヤーウォールは、不正アクセスを防止する上で、欠かせないサービスである為、こちらも決して無視する事はできませんが、近年は「セキュリティ」による「警告」なのか、ソフトの気まぐれであるのか、判断しづらくなっているように感じます。

もっとも、最近のウイルスそのものは、巧妙かつ大胆であるため、電話だけでの判断ができにくくなっています。

また、遠隔操作プログラムも、即効性が低く、こちらも非常に悩ましい問題を抱えています。

やはり、セキュリティ問題が発生した場合は、「許可」と「拒否」がどのソフトウェアでも表示されますが、ほとんどが「許可」で支障ないものの、中には「拒否」しなければいけない場合もあります。

万一、判断が付かない場合は、まずはお電話でご相談ください。

ただ、こうなった場合の解消方法はメーカやソフトによって異なる為、解決方法は一つではありません。

くれぐれもご注意ください

Comments are closed.