拡張子とMS-Office問題

もっぱら
拡張子を見るだけでどのソフトウェアか判断が出来るのはWindowsの名残でありますが
(Macの場合は属性ファイルというのがあるので拡張子が必ずしも意味を持つとは限らない)

Officeシリーズで有名なワード・エクセルについては
ワードがDOC(Documentの略)とエクセルがxls(エクセルスプレッドシートの略と思われる)である
これが近年の型式ではdocxやxlsxという形で最後にxがつき4文字拡張子が特徴となっている。
アクセスに至っては、mdbと言う表記からaccdbと全く異なる名称を付けたりとその種類は様々でしょうか。

これからはWindows7とOffice2010がそろそろリリースされる状況ですが、これからの対応を考えると
2003互換表示を作って欲しいところです。

・・・・そうしなければ、旧来のユーザーは使いにくくて未だに2003が良いというから

悩ましい話題です

Comments are closed.