. . .

Category: ライフスタイル

任天堂のスマホアプリが面白い~スーパーマリオラン&ファイアーエムブレムヒーローズ

ひさびさパソコン以外の話題です。 往年の任天堂ゲームユーザーだった私が、久々に遊んでいる事が珍しい程はまっているゲームの話。   さる2016年12月15日に発表された、スーパーマリオランもそこそこ遊んだあと、先週ファイアーエムブレムヒーリーズが発売。   ゲーム内容は、スーパーマリオランと違い、アイテムの課金があるゲームですが「課金=サーバーの利用の受益者負担」といった印象です。 1000円はらえば、8時間ぶっ通しでゲームがプレイできますが、無料だとせいぜい30分ゲームできれば十分と言う流れです。 プレイ時間の制限は主に *「プレイチケット(ポイント)」制 (マリオランの場合は、プレイチケット制・ひとりプレイの場合は制限無し) *「お助けアイテム」の存在 (ファイアーエムブレムのケース。ただし、ミッションクリアした場合などでアイテムの付与がある)   プレイした感想 この2つが大きなゲームバランスとなっており、過度にプレイ時間が集中せずヘビーなユーザーは課金して利用する一方、ライトユーザは無料の範囲でプレイが可能と言うところ。 もちろん、無料だからといってもゲームはキャラクタの存在が十分ある為、面白さは十分だと思います。 マリオランがもっと、びっくりした事は定期的にキャンペーンやイベントを実施している事。 期間限定のアイテムをゲットするため、今月はゴールデンクリボーを探せ!と言う企画があり、80匹捕まえると、特別オブジェがゲットできると言う企画。 やるな!任天堂ってところです。   プレイ時間もスマホに最適な5分前後で決着が付くと言うテンポの良さも面白いと思います。   今回任天堂がスマホにコンテンツ提供でどうなる?という話になっていますが、20数年ぶりの新作ゲームをプレイした 自分の感想は、 「こりゃ面白いね」   大前提と問題点 ゲーム機を購入する事は経済的に可能ですが、ゲームプレイに関する大前提が光回線のインフラ構築が急務で、スマホの性能が直接、ゲームに影響する事はありません。 ただ、プレイする為に常時通信回線の環境が必須である事と、快適に利用するなら光回線が必要と言う点は、正直言っていただけません。 もちろん、スマートフォン自体に通信機能が付いている為、光回線が必須とは言いません。 このようなゲームが増えてくるとパケット枠が大きくなってもいたちごっこになっている様に思えて仕方ないのです。   結論 色々なスマホゲームが増えている一方で、面白いゲームの仕組みには一定の要件がある事を実感しました。 往年のゲームユーザである私は、マリオランもファイアーエムブレムヒーローズの2作品に共通して言える事は、違うキャラクターならダウンロードが増えたのか?と言えば、残念ながらNoでしょう。 少なくとも私はダウンロードしていません。(無論課金してプレイもないでしょう)   逆に純粋にゲームで遊ぶ新規ユーザにとってみれば、キャラクターが誰であってもダウンロードしてプレイしているのではないかと思います。 これは、パズドラやモンストに代表されるゲーム性が良いアプリは常にランキング上位です。 逆にマリオランやファイアーエムブレムなどについては、ゲーム性よりもこれまでの実績が大きく作用し、その影響でプレイヤーが増えればと言うアプローチは明らかに異なる物です。   詳しい台所事情はわかりませんが、マリオランにおける開発コストはきわめて低いはずです。 低いはずと言う言い方は、「既存の任天堂ハードで開発するより」と言う意味です。 決して、外注をケチっているとは到底思えません。ただ、パズドラやモンストと比較すると確実に任天堂のかけている開発コストは膨大です。 事業規模の違いもあると思いますが、元々のマリオというブランドに加え、既存コンテンツの流用ができるのはプレイするユーザにとって安心です。 スマホのシステム全般はDeNAが開発しているといいます。ゲームバランスについては、任天堂の絶妙なところがあり、安心してプレイできます。   この話については、ここ最近、他社(スクエニ・ハドソン・カプコン)のゲームも同様にプレイしました。 スクエニについては、十分、開発に慣れていますが、ハドソン(コナミDE)、カプコンについてはもう少しゲームバランスが必要な印象を受けます。 今後のバージョンアップで改善されていくと思います。   スマホで有料アプリを購入するのは勇気がいりますが、購入しても損しない?価格帯なら良いかなと考えています。 どのくらいまでならはらいます?と言えば、確実なブランドなら5000円までは出すでしょう。 逆に言えば、はっきりわからないブランドの場合は500円であっても、、、買うかどうかは迷う。   […]

電気料金の契約を見直すなら、3月までがお得かもしれない。

電気料金が高いのは、今に始まったことではなく、いつもの事だと割り切っている自分がいました。 今日も届いた電気料金は、なんと・・・2万。 冬場は寒いからと自分に言い聞かせながらも、なんで高いんだ??と考えた結論は 「エアコン」を24時間ぶっ続けで稼働させている事かもしれません。   電気料金は、段階的料金が増える「従量契約」が基本です。   今月の電気料金が、940kWhでした。 電気料金の基本的な試算をすると 料金プラン 従量電灯B(50A) 季時別電灯(50A) 備考 基本料金 1458.00円 1188.00円 季時別の場合は60Aまで定額 料金区分A 2055.60 120kWh 料金区分B 4073.40 121kWh~300kWh(180kWh) 料金区分C 16364.8 301kWh以降(640kWh) 昼間 7921.25 261kWh ×  30.35 朝夕 7002.67 307kWh × 22.81 深夜・早朝 3827.88 372kWh × 10.29 合計 23,591円 19,939円 これはわが家の例ですが、基本料金の時点で既に270円(税込)安く、1ヶ月の料金も3,652円(税込)分安い訳です。 私の場合は、仕事柄日中は留守にする為、昼間は留守がちです。 季時別料金の特徴は、日中不在率が高く、夜型の生活であれば確実にお得な料金体系です。 ただ、電気料金でアンペア(最大出力)を50Aにしている時点で一度に使う電気は相当なものです。エアコンが2台分の稼働も考慮しつつ、昨年の夏はあまり暑くなかった為、エアコンはあまり使いませんでした。その一方で今年の冬は相当冷え込み、エアコンの状態も非常に悪く、電気代も相当かかったのではと見ています。使い方を平均すると、従量電灯は、毎月120kWh以内で済むならば、かえって季時別にする理由は見つかりません。 仮に120kWhと仮定して試算すると 従量電灯 3513円 季時別電灯 3775円 ※昼間30kWh、朝夕60kWh、夜間30kWhで計算 もちろん、わずかな差ですがこれをさらに半分の60kWhで試算すると 従量電灯 2485円 季時別電灯 2481円 ※昼間15kWh、朝夕30kWh、夜間15kWhで計算 若干季時別電灯が安い結果になりました。 これを逆に500kWhとした場合 従量電灯 […]

クルマの保険、知っておくとトクするポイント

保険屋じゃないのに、保険契約になると質問攻めにするおおくすです。 さて、新生活でクルマを買う人、免許を取得する人も多い今日この頃、業界人泣かせなテーマを紹介します。 ※保険の特約や個々の事案については、損害保険募集人資格を持つ方へ相談する事が大切です。 ※本件は一般的な話であり、当然すべての人に該当しません。個々の事案がご自身に該当するとは限りません。 ※保険は契約ですべて成立します。事故の際、説明しなかった募集人がその過失を追及されるケースは重過失が証明されない限りありません。契約の際は、ご注意下さい。不毛な裁判をしないで済むよう、日頃から正確な補償内容を確認する事が大切です。 今回、普段なにげに契約している保険証券を改めて確認し、気になる部分をきちんと知っておくと言う狙いです。せっかく支払う保険、中身を良く知る事が何よりも重要です。   自動車保険で知っておきたいポイント 1 重複特約の見直しで保険料を節約(特に弁護士特約) 2 複数契約の場合、等級の高い人を主契約者とし家族特約で等級を上げる事が大事 3 ファミリーバイク特約(原付)は自動車保険に付属して付けておきたい。契約者およびその家族が適用。家族の続柄として子どもは、戸籍記載されている事を一つの条件としている。(保険のポイントは、未婚と同居。別居は居住実態が原則。家族専用でももっぱら問題ない。) 4 26歳未満の新規契約の場合、20等級の家族の契約を横滑りさせ自分は7等級の保険で新規契約できる(通常は6等級だが、等級が高い人の追加契約の場合7等級からスタートする) ※この手続は高度な知識が必要です。入念に調べる必要があります。 5 ネットの保険と対面の保険の違いは、保険料の違いだが、特約を理解しているならネットの保険も選択肢に加える方が良い。 6 搭乗者保険(人身傷害特約)は搭乗中よりもクルマから出た時の傷害保険を付与する事が大事。特に同居の家族も対象となるため、適用範囲を確認しておきたい。特に、同居で未婚の子どもが対象である事。 7 免許証の色によって保険料が変わる会社が多いが、ネットの保険では変わらない事がある。 8 車両保険は、オールリスク型と限定型の2つがあるが、一般的には限定型で殆どカバーできる。一般的に車両保険(クルマ対クルマ+A)と記載されている事が多い。Aはアクシデント(不慮の事故)を表す。 9 保険の過失相殺は鵜呑みにせず、出来るだけ過失が無い場合は、10:0と言わず、9:0までに持ち込める様に交渉したい。この判定は、90%保険でカバーされるが、10%の自己負担で修理する事を求められる。差額補償特約などを使うと手出しなしで修理が出来る。過失相殺の交渉は保険代理店の腕にかかっている。私の様に運が悪いと、1:9で保険を使う羽目になるので、納得いかない場合は粘り強く交渉を続けるか、弁護士特約を使う事が望ましい。 弁護士特約というのは、言い換えると「法務系費用の扶助」という位置づけで、弁護士以外でも事故対応できる場合は、費用が保険から支払われる。→参考サイト(土取行政書士事務所様) 10 保険の特約の改廃は、随時出来る。特に年齢条件や車両入替などきめ細かく付けておきたい 11 他車運転危険担保特約は、臨時で運転する時に万一事故したとき自身の自動車保険から支払う制度。逆に言えば、他人の車に乗るときは自分の保険でカバーされる事を知っておきたい。適用条件が事細かに定められているので、あらかじめ一読しておきたい部分。 12 事故で保険を使うかどうかは、等級で判断せず、自己負担した方が安いかどうかを事前に試算する事が大事。(事故で等級が下がるのと同時に事故係数が3年つくので、かなり割高になる) 13 事故の補償金額は、対人・対物ともに無制限が原則。 14 ドライブレコーダー設置の推奨。事故発生時の証拠集めは過失相殺の際、きわめて大事。前後に設置する事で状況証拠として有利。 15 保険料は可能な限り年払いが吉。月払いの場合は5%の割増がある。 16 保険料算出係数はクルマが古くなればなるほど係数は上がる傾向。理由は、対象となる車両が減るため。年式次第では等級が上がっても、保険料が下がらない事がある。   知っているようでよく知らない保険の話。気になる部分は納得いくまで質問する事が何よりも大切です。今年からクルマを買う予定の家族がいたら保険契約の譲渡も一つの経済支援の一つと考えます。→参考リンク(保険契約の譲渡)

電気料金を節約するなら、季時別電灯契約がオススメ

電気料金の値上げがまた一段と進む中、太陽光なども今後どうなるかイマイチ不安な所です。 しかしながら、既存の枠組みでなんとか考えると一つの選択肢が見つかります。   それは、季時別電灯です。(九州電力リンク)   私の所では、消費税が上がる2013年から既存の従量電灯契約から切り替えました。   季時別電灯と従量電灯の違いは以下の通り。 種別 従量電灯 季時別電灯 基本料金 10アンペア単位 60アンペアまで固定 利用料金 段階別課金方式 時間帯別課金方式 利点 月間300kWh未満ならお得 夜間・深夜の料金が割安 欠点 利用すればするほど高くなる 利用時間帯によって割高になる   従量電灯で30Aの場合は、月額3110円(2015年2月現在) 季時別電灯の場合は、月額3906円(同)   季時別電灯が割安になるのは、毎月の利用が300kWhを超える(月額7500円以上)ならば、季時別電灯に切り替えた方がかなりお得と言えます。 私の事情としては、室内の暖房はすべてエアコンを利用している事も考慮しなくてはいけません。 逆にいえば、一ヶ月に300kWhも使わないならば、季時別電灯のメリットは低い。とも言えます。 (却って割高になってしまう) 季時別電灯の全区分の平均は21.15円です。 一方の、従量電灯は120kWhまでで、17.13円、121kWh~300kWhまで22.63円、301kWh以降が25.57円となります。 つまり、600kWhを想定した場合に、以下の試算結果になります。 (ただし、燃料調整費等は考慮しない) 1)季時別電灯 13878円 ※各区分200kWhとして試算 2)従量電灯 14674円 ※内訳(874.8円(基本)+2055.6円(120kWhまで)+4073.4円(300kWhまで)+7671円(301kWh以降)   単身世帯において、季時別電灯か従量電灯はどちらがお得になるかはライフスタイルによって変わる為、深夜電力がお得だからとすぐに飛びつくのは早計です。 一般家庭における季時別電灯にする最大のメリットは、日中殆ど留守にしている方に最適なプランと言えます。特に季時別電灯の恩恵を受けるのは、通常期よりも夏場・冬場の深夜電力です。 特に冷房を良く使う夏場の夜間には季時別電灯におけるメリットは非常に大きいものがあります。 私の所における割引は5~10%程度ですが、節電をするよりも利用する時間をずらす事で電気代を下げる事が出来る事は非常に大きなポイントです。   もちろんこの事例が誰にも当てはまる事ではありませんが、電気料金を見直す事はとにかく大事です。 公共料金のコスト削減はきわめて難しく、今後電力小売り自由化が始まる時に、この時間帯別割引制度が大きな競争の柱になるとみています。 電力のピークタイム(午前10時~午後5時)の間をうまくかわし、深夜早朝の利用に電気を活用出来るとより便利かもしれません。   無理に節電や節約をするよりも、普段通り使って安く使える方法を探す方が精神衛生上良いと思います。 日常利用において節電は大事です。