ジャパンネット銀行のVISAデビット無しキャッシュカードを作る方法

毎回の様に、時代に逆行している日々を送る毎日です。

巷はVISAデビットが便利と言う昨今、VISAデビット無しを希望する理由はあるのか?素朴に考えて見ました。

 

ジャパンネット銀行の個人口座において、VISAデビットあり無しについては、議論の余地はそうありません。

しかし、法人口座については事情が大きく異なります。

「口座名義が法人だが、VISAデビットの場合、署名欄がある事。」

そもそもクレジットカードというものは、ひとり1枚という考えに基づく為、署名欄に「企業名」を書くわけにいかず、

署名無しでVISAデビットを実施する事が得策か?と言えば、違う訳です。

 

楽天銀行のデビットカードは個別配布型の為、個人名が記載されますが、ブランドはJCBで年会費が1枚につき1000円別途発生します。

ジャパンネット銀行は無料ですが、VISAカードの特性上、有効期限がついてしまいます。

 

楽天銀行の個人口座のように、キャッシュカード+デビットカードの組み合わせならば十分活用の幅があると考えますが、

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.