私の会社が、パソコンサポートの単価アップと業務委託で高単価の仕事に転換した仕組み

このところ、パソコン修理が昼夜問わず多く、スピード勝負だけに落ち着いて仕事が出来ない今日この頃です。

さて私の会社が、パソコンサポートの単価アップと業務委託で高単価の仕事に転換した仕組みをちょっとだけ紹介します

0145746ca72ea755fab9faf27ede004ddaf37b2ad5 スクリーンショット 2014-08-09 11.34.17

 

ハードディスク

 

1 プロパーで展開するパソコンサポートの単価アップの裏技

>金額は受注の段階でハッキリ伝え追加料金を取らない
(ただし、料金の下限をしっかりとり、部品交換などがある場合の上限で伝えるところが大事)

2 業務委託で高単価の仕事
>ホームページをきちんと作り、受け入れ体制が整っている事をアピールする
さらに、大前提条件があります。
1 連絡の電話番号は必ず、固定電話の掲載に徹する
2 ファクス番号は無くてもかまわないが、ある方がより信頼性が増す
3 ホームページアドレスは、独自ドメインを取得

 

一番大事な事
1 名刺はキチンと作る → 自信が無ければアスクルなどのスピードプリントに注文してシンプルな名刺を渡す
2 固定電話は絶対必須
3 パソコンや周辺機器にはワンランク上の機器を常に持つ
4 作業のクレームに備え、レポート用紙にPC環境をしっかり記録
オススメしたい事
1 ゆうちょ銀行の振替口座と総合口座の開設
2 ネット銀行(ジャパンネット銀行または楽天銀行)の事業用口座の開設
3 クレジットカードと別にvisaデビットカードを作っておく(visaカードはとにかく便利です)
4 古物商営業許可の取得 → 信頼性が増します。
5 運送会社と契約運賃の締結
6 携帯電話はauにする事が良い → 固定+ケータイの利用があるからこそ必須でしょうか。

 

どれも当たり前のことでは無く、自分たちに取ってみればどれもハードルの高い話。

しかし、この一つ一つの積み重ねは一朝一夕ではできず、やはり日々の努力に勝るものは無いと痛感します。

Comments are closed.