WordPressをウェブ制作会社に最適なホスティング会社は

WordPressを使うブログが増えてきている中、どこの会社が一番良いのか?と言う点は非常に気を遣う場面です。

私がWordpressを使う時に考えた時、いくつかの会社を検討した中でWPXを選んだ最大の理由を挙げてみます。

DSCF2007

WPXは、XServerの運営でWordPress専用サーバーの位置づけです。

収容ユーザ数は不明ですが、1契約で10サイトまでの運営が可能。

さらに、再販も認められている事から、制作会社が運用するには大変便利です。

 

近年、Wordpressのために、独自ドメインを取得し運営している会社は多くありますが、こういったWordpressに特化した専用サーバーは目的がはっきりしている場合にメリットがあると考えます。

ただ、私のようにWordpress以外を利用する場合には別途契約が必要になるためこの点だけは注意が必要といえます。

 

月額1000円で、10サイトまで運営と考えると1つにつき、月額100円+ドメイン維持費で管理出来、維持費ベースで計算してもCOMドメインが高くても3000円ですからトータルで年間4200円と言うことです。

つまり、Wordpressのサイト管理代行で年額5000円(ただしドメイン代は別途)としても採算はとれる計算です。

 

WordPressを運営するにオススメをいくつか会社を挙げてみます。

  1. ロリポップ
  2. バリューサーバー
  3. カゴヤ
  4. WPX
  5. SPPDサーバー
  6. さくらインターネット

を提案します。

 

レンタルサーバーを選ぶ基準と考え方は様々ですが

  • 1 価格
  • 2 スピード
  • 3 信頼性
  • 4 利便性

 

1の価格で考えた時、どこが良いか?

価格で行くと

  1. ロリポップ
  2. バリューサーバー
  3. さくらインターネット

の3つになります。

 

※ドメインはCOMドメインを2000円で試算した場合の目安です。

 

1 ロリポップ(月額250円~) ※GMO系

使い勝手を考えれば、ロリポップが一番親切でヘルプやサポートも充実しています。さくらインターネットも値段以上に電話サポートなどもあり、便利です。

ドメインも一括管理しておけば、画面の操作に従うだけですぐにセットアップ可能です。

最大の利点は、継続決済+自動課金の2つが魅力でドメインもサーバーも長期契約すると極端な話3年に1回の更新で済むなどお財布にやさしい会社です。

年間維持費の目安 5000円(comドメイン込)~

2 バリューサーバー(月額200円~) ※GMO系


バリューサーバーはヘルプは少なく、サポートもメールだけですが性能面で見れば決して悪くありません。

バリューサーバーは、3つのサーバープラン(XREA・Coreserver・Valueserver)から展開され、スペックや収容ユーザー数の条件はあるものの、非常に安価なところが魅力です。

ただし、初心者には結構ハードルが高いので正直オススメは出来ません。(ある程度の知識が必要です)

支払い・設定・インストールに至るまですべて「手作業」であるため、細かいカスタマイズが出来る一方でエラーが出たときの対策が非常に難しく、頭を悩ませます。

支払い等に関しても期限が過ぎるとサーバー停止のリスクもあり、ドメインとサーバーの維持費を前もって支払う事が大事です。

年間維持費の目安 4400円(comドメイン込)~

 

3 さくらインターネット(月額486円~) ※独立系

さくらインターネットの場合は、一番安いプランではデータベースが利用できないため最低でもスタンダードから(515円)です。

設定などの面では、バリューサーバーの様な複雑な操作は無いため安心です。

電話サポートが受けられる点もまた魅力といえます。電話サポートがある分、1と2に比べ金額が高めです。

年間維持費の目安 8000円(comドメイン込)~

 

スピードが安定している会社はどこか?

 

SPPDレンタルサーバー ※独立系

 

この会社の特徴としては、独立系のシステム会社が前身となっておりホスティング会社というよりはシステム会社のためサーバースペックにはかなりこだわりを持っています。

プランの違いは、容量だけで収容サーバーは基本的に同じです。

サーバー運用がすべて有人管理になっており毎月の料金支払いだけで運用が出来ます。専用サーバーの場合は、他社に比べ安価な事も魅力です。

私の会社も2001年から利用しており、サーバーダウンは5年に1回あるかどうかのレベルです。安定感は抜群です。

wordpressのインストールももちろん可能です。

月額 2000円(年割は2ヶ月分割引)

カゴヤインターネット ※独立系


京都にあるホスティング会社の老舗。サーバーの性能はもちろんの事、契約からサービスまでオートメーション化した上、電話サポートも充実。

プランは容量等のスペックの違いに加え、幅広い専用サーバーの取扱が多いのが特徴です。常に新しい料金帯で提供している事からフットワークの軽い会社です。

月額 2000円(年割は月額の2割引)

 

このように切り口を変えるといろいろな会社があり、どこが良くてどこが悪いはありません。

 

個人的には、WordPressを使う予定があり、ほかのサイトも作りたいと考えるならば

  • コスト重視 :ロリポップ・バリューサーバー
  • 品質重視 :カゴヤ・SPPDレンタルサーバー
  • スピード :SPPDレンタルサーバー・カゴヤ・XServer
  • WordPress専用:WPX

と考えています。

もっとも、コスト重視で行くならロリポップかバリューサーバーです。超がつくほど安いので、使い方次第ではかなり安く使えます。

しかし、コスト重視の場合はメールの品質がきわめて悪く、届かない・受信出来ない事も覚悟しなくてはいけません。そういう点では品質重視・スピード重視というのは避けて通れません。

ただ、業種としてWordpress専用で展開しているWPXは1契約10ドメインの割り当てが可能なので、再販なども容易に出来ます。下手なレンタルサーバーを借りるよりはかなり便利です。


Comments are closed.