初めての格安スマホ~MVNOで月々980円からパケット定額

先日、iPhoneの契約をガラケーにもどした、おおくすです。

月々980円でスマホのパケット使い放題が話題になっていますが、誰でも本当に使えるのか?
という素朴な疑問に少しだけ近づこうと今回の話題があります。

端末を選ぶ基準は
「いかに使い勝手のよいものを選ぶか?」
ということになると思います。

まず、大前提になるのが

海外向けスマートフォン

を入手しなくてはいけません。

海外製と聞いて少し躊躇するかもしれませんが輸入代行業者がだいぶん増えているため、比較的入手は簡単です。

金額の差は多少ありますが、平均1万~3万円程度で入手可能なため、購入する端末は予算と相談していいと思います。

私は手始めに以下の機種を入手してみました。

本体もSonyのXperiaですから、持ち歩くにしても何の抵抗感もなく電話・ネット・音楽・ラジオとスマホとしての基本性能は十分あります。
99グラムと非常に軽く・・・という製品レビューはこちらの記事を参考にしてください。

 

海外向けの端末仕様のため、実際は日本語の設定が別途必要です。

海外向けは、その点を気をつける必要があります。

 

面倒だから、完全日本語対応の端末がよいという場合は

SIMフリー版 iPhone5sまたはiPhone5c

または、NTT docomo版iPhone5sかiPhone5cおよびNTT docomoから発売されているXi対応スマホ

のいずれかとなります。

ご存じの通り、ドコモのスマホを契約して利用するのは比較的簡単な選択肢ですが、パケット定額の契約の単価は約6000円と決して安くありません。

それでも私が海外向けスマホをおすすめする理由は、980円だけ支払えば、スマホだけどテザリングが使えます。

 

この契約のメリットは

  • 1 中学生・高校生のケータイとして持たせるのに最適であること
  • 2 通話は050ソフトをあらかじめインストールしておけば、通話も可能。
  • 3 月々のパケット利用料が980円(050ソフト使用時は300円追加)に収まり、経済的。

と目立ったデメリットは見当たりません。

初期費用として

端末代(1~3万円)程度の一括支払いとパケット用SIM(3000円)が初回に必要となります。

端末代はdocomoを使っているなら、機種変更して余ったスマホの活用も選択肢です。

パケット用SIMはIIJ/OCN/BIGLOBEがおすすめで、無難に選ぶならOCNのSIMが一番いいでしょう。

私は、BIGLOBEを選びましたが、メーカのブランドやサービス面で選ぶのも一つです。

私がBIGLOBEを選んだのは、他社と同じく980円コースをリリースしたことが一つですが、もう一つは共同するOCNやIIJに比べ、お得感があったことが決め手になりました。

>OCNとの比較

  • OCNの980円プランは1日あたり30MBの速度制限がある
  • BIGLOBEの980円プランは月間上限1GBである。(ただし、3日間の転送量が360MBを超えた場合は速度制限あり)

私のように、使う時と使わない時の落差が激しい人間には、毎日30MBより、一ヶ月累計1GBの方が、ずっと使い勝手がよいと判断しました。このあたりは割と合理的です。

 

海外版スマホをMVNOで利用する最大のメリットは、デュアルSIMに対応している端末が多い事。

これは、すごく便利ですが欠点は、通話として利用するときに2つ同時に待ち受けができない点。

これが同時に使える様になれば良いのですが、まだまだのようです。

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.