ペーパレスとキャッシュレス。

仕事を一つ考えると
「ペーパレス」と「キャッシュレス」はすごく重要。

IMG_0300

私が普段から考える、ペーパレスは

「手元に情報を残さず、集計できる」

IMG_1811

と言うメリットがあります。
もちろん、集計における信頼性が無ければ成り立たない部分もある為、必ずしもペーパレスが良いとは言えません。

ペーパレスに関連して、キャッシュレス。

このキャッシュレスの考え方も、現金を必要以上に動かさないところに重要度合いが隠されており、こちらもかなりポイントが高い話と言えます。

ペーパレスとキャッシュレスは一緒に考えるテーマで、ソフトバンクグループはiPadを使った事務処理が基本で、ペーパレスが基本だと言います。
つまり申請で受けた資料もスキャンしてすべて破棄する方針である事が容易に想像がつき、手元に資料を残さない、全部保管はNASサーバに保管。
と言う事で、必要以上の資料を手元に残さない事でしょう。

私も今年は、これまで紙で保存していた書類は原則、デジタル化して年間書類もDVDで保管する方針です。

デジタル化する事のメリットは、膨大な資料を探す手間を省くのと同時に原紙で無ければ行けない理由が無い実情があります。

データのサイズからしても、私の会社で作成した場合でもCDROM1枚で足りますから、DVDならば10年分は保存できるのでは無いかという訳です。

どうしても紙で保存しなければいけないものは別ですが、請求書・領収証を始め各種申請書類の控えもペーパ保存でなく、デジタル保存。

参照もしやすく必要に応じて印刷もできる。

現物が無い事に多少味気なさを感じますが、本に関してだけはやはり無理です。本というものが存在するだけで安心してしまう私がいるので、裁断する勇気がありません。

一方で、ミーティングノートなどの記録を残す為に、スキャン作業は必須かもしれません。
scansnapですべてできれば良いのですが、メモを貼ったりしているので、やはりこの点も考え物でしょう。



そんな訳で、ペーパレスに関してはしばらく研究です

今欲しいモノを並べてみました。

今すぐでは無いのですが、A3スキャナが欲しいな・・・。でも置き場所どうしよう・・・。

しばらく悶々した日々が続きそうです。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.