長崎発、物流リードタイムの研究~効率よく低コストで配送する工夫

普段からのライフワークの一つに、今日荷物を送ったらいつ届くか?という話。
物流を普段からシビアに運用している一方、何か不測の事態が発生したときはすぐに対応できる体制を作ることは大変重要と考える。
平日夕方に荷物を出すと、たとえば東京23区にはいつ届くのか?というテーマがある。
普通に考えれば、今日の発送自体が間に合わないので明日付の手続きになり、それから中1日であるから、早くても12日ないし13日となる。
これは、さすがに困ったなぁ~と思ってしかるべきの内容。
これを明日までに東京23区に送るとした場合、午後6時の段階で可能な会社は2社。

一つは日本郵便、もう一つが佐川急便
(ヤマト運輸も一応可能だが・・・条件が厳しいので省略)

この2社なら何時まで出すと大丈夫か?

*佐川急便(長崎店)の場合は、午後7時までに<a href=”http://www.sagawa-exp.co.jp/service/h-koku/”>航空便扱い</a>で依頼すると翌日午前中から昼頃までに配達。
(定期便の出発が午後7時過ぎにでるため、それまでに持ち込む必要あり)
配送料金は、陸送の1.5倍から2倍

*日本郵便(長崎中央郵便局)の場合になると、午後8時30分~午後9時までに夜間窓口に速達で依頼すると翌日午後から夕方の配達で対応
(荷物の種類にもよるが、持ち込んだ段階で速達スタンプを押印してくれる)
配送料金は、270円~(重量により異なる)
特に佐川急便のよいところは、発送指示の段階で陸送便と航空便の指示ができる点。
郵便についても、同様に速達か通常か選べる点はさほど違いはありません。

この発送手段について知っておいて損はありません。

すぐ届くというのは、安心と信頼と思います。

配送品質をどれだけ維持できるかがこれからのサービス向上につながるのではないかと思います。

Comments are closed.