最近のパソコンサポートの傾向

職務上の機密に関わりそうな危ない話で時々、関係者の肝を冷やすおおくすです。
さて、ここ最近、パソコンサポートの傾向は
「パソコンが起動しない」
と言う案件が相次ぎ、お客さんに選んでもらう事が増えました。
診断といった事ももちろんですが、異常が無いが気になると言う心情的な事から
私が行う対策として
「HDDをSSDに変更」という対応が基本です。
ここ半年近く、毎月交換しており、事務所のパソコンもすべてSSDに交換するなどSSD率はほぼ100%です。(うち1台は1.8HDDの為、仕様上変更不可、Macは完全内蔵の為SSD交換はできない代わりに、すでにSSDが搭載済み)
ベンダーも例外なくIntel SSDを使うのもほぼ既定路線になっています。
Intel SSDが良い理由は様々ですが
1 デスクトップ・ノートどちらも搭載ができる事
2 データ移行プログラムが無料で提供されている事
3 Intelのメーカブランド力が高い
この3点は単価が多少割高になったとしても、お客さんに納得してもらえる製品故、安心が買えると考えています。
もちろん、私の会社のパソコンもすべてIntel SSDに換装しています。
90.8:656:1019:225:350:SSD:none:1:1::
SSDの利用がどの程度満足を与えるか?は人それぞれと思いますが、当初はSSDを使うメリットはあまり感じませんでした。
近年、SSDのメリットを実感できる様になってから自信もって提案できるのは
自社で利用し、実績ができた事が大きな要因では無いかと考えます。
パソコンサポートにおいて、重要な事は
1:すぐに動けるフットワークの軽さ
2:お客さんからの要望へ的確に対応できる知識
3:実現に向けた技術と機材を持ち合わせているか
ではないかと考えるのです。
パソコン修理という業務はとにかくスピードが重視されます。
いつでも良いと言うお客様ははっきり言いまして「いません」
依頼してどのタイミングで訪問できるかが「商機」だと思います。
逆に「スピード=信用=収益」
「対応が早い」のはどんな講釈よりも、信頼を得やすい事。
今後の対応案件として増えるだろう、「パソコンの入れ替え案件」は単価ももちろんですが、案件における「リスク」も高い故、確実にできる業務に即応するのが前提だろうと考えます。

Comments are closed.