プリンタの購入サイクル

プリンタの購入サイクルは平均3~5年、下手すれば10年近く交換しない場合もありそうだが
私の会社で使っているプリンタは思ったより長期利用。
A4ベースのプリンタが4台。
専用系が2台。
そのほとんどがLAN経由の接続。
一番ヘビーに使っているのがCanon LBP-1310

このプリンタは、2001年頃の製品で、中古で5000円程度で購入。
オプションの増設トレイにLANインタフェイスをくわえて約2万近くかかったのだが、日常の印刷はいつもこればかり使っている。
レーザプリンタの良さは、印字速度ももちろんだが、用紙のバリエーションが多い事が上げられる。
私はウェブ上での資料やワープロ原稿は印刷して読む方なので、必然と印刷枚数は増える。
トナーが黒のみなので、多少無茶に印刷してもそうそう無くならないので、気兼ねなく使っている。
もう一つがOKI c301dn

こちらは、カラーレーザプリンタで両面も使える優れもの。
メーカの5年保証もある一方で、消耗品がトナー4本の交換コストを考えるとなかなか使い切れない。
主な目的がプレゼン用資料印刷と請求書印刷になっていますが、通常印刷に使うとカラーをばんばん使いそうな私は、目的別に使うのが確実に賢い。
プリンタを使い分けるのは一見無駄に見えますが、ランニングコストを考えると致し方ありません。
プリンタの購入サイクルは頻度で大きく変わりますが、一般的にはプリンタは1台あれば十分です。
私の会社の事情としては、運送会社の印字ラベルを使用する事が目的に入っており、LBP-1310以外でできるものがあれば良いのですが、代替機をまだ見つけきれずにいる自分が非常にもどかしく、頭を抱えています。
実際その事情とは
A5用紙を使うプリンタがあまり無く、ほとんどがA4/B5という形で、A5では無いと言う事。
レーザプリンタでは比較的A5対応は多くありますが、インクジェットではなぜかありません。
用紙形態を考えるとこのあたりが買い換えを悩ませる大きな理由です。
はてさて、プリンタの購入サイクルは年間に5000枚程度印刷して約2~3年です。
私のように複数台で年間5000枚であれば、1台あたりの印刷枚数は1000枚未満となり、耐用年数は遙かに延びます。
プリンタの購入サイクルは、インクジェットになれば寿命は短い為、長く使うならば業務用のプリンタが良いかもしれません。
今月あたりからインクジェットの新製品が発売開始になりました。
年々、プリンタの性能自体が良くなっていますがいつの間にか付加機能ばかりが目立ち、プリンタ本来の性能はあまり評価されなくなった気がします。
以前ほど欲しいと思う製品が無いのは残念です。
価格ばかり気にして本当に良い製品は5年でも修理してでも使いたいモノです。

Comments are closed.