パソコンと通電

パソコンの寿命が5年と言わず故障する事が多い。
故障の要因を考えると使い方と環境に左右される。
パソコン故障の原因は、特定こそ容易なもののなぜ発生したのか要因は
操作の手荒さが故障の1番目に上げられ
次に、設置場所の環境がある
最後に天災など不可抗力がある
天災に関しては軒並み修理対象外ないし有償修理である事を明言しておりますが現実はある程度修理に応じ無償修理になるケースもあります。
とはいえ、パソコンが故障する要因として、通電率が故障の因果関係を持っているのは確かです。
パソコンは24時間通電するのが良い場合と、定期的な通電がよい場合があります。
基本的には、24時間通電が好ましく、頻繁な電源のオンオフはあまりよくありません。
故障してからパソコンを買い換えるよりは、故障する前に買い換える方がずっと安心です。
故障の見極めなんかプロじゃないからできないと思いますが、
買い換えの目安は3年ないし5年。
壊れるまで使いたい気持ちはよくわかりますが、壊れてからでは遅いので、早めの交換が大事です。

Comments are closed.