法人設立を考えてみた

長年、個人事業主でやっているのを法人化するのが損か得か?
と言うことを少しだけ考えるようになりました。
法人にするときの法人格は「株式会社」が良いか、「合同会社」が良いかこのあたりも考え物です。
法人格にする際、必要な諸経費は株式会社が約30万円。
合同会社だと約10万円。とのこと。
株式会社の場合
*定款認証料 5万円(公証人役場への手数料)
*登録免許税 15万円
*定款印紙代 4万円(ただし、電子定款の場合は無料)
*印鑑作成費等雑費 5~10万円
合同会社の場合は
*定款認証料 不要
*登録免許税 6万円
*定款印紙代 4万円(ただし、電子定款の場合は無料)
*印鑑作成費等雑費 5~10万円
そう考えると、登録免許税と電子定款でつくってしまえば、10万円以内で設立できてしまう。
と考えると法人設立が至ってハードルの低いものになった印象を受けました。
一方、合同会社から株式会社に転換する場合は
解散登記3万円+変更登記3万円+官報公示1~2万円+印鑑作成費で可能だとか・・・。
そうすると、合同会社からすぐに株式会社へ変更する方が実は安い?と言うオチもあるんですが、登記簿が純粋設立じゃないところに何となくな感がぬぐえないので、それなら最初から株式会社で設立ないし、別に法人登記したほうが良さそうに思います。
はてさて、実をとって合同会社にするか、体裁で株式会社にするかはしばらく検討の余地はありますが、共同で仕事を共有する組織として一般社団法人をつくるのも考えてます。
機が熟せばと言うより、後々のことを考えれば早々にすべきと言うところでしょうか。
個人で事業するうちは、合同会社が一番手っ取り早い気がしてなりません。

Comments are closed.