ケータイは2台もち?それとも1台?

暑い日のキリンレモンがおいしくて毎日3本ほど飲んでます。
さて、今日は目立った電話もなく、一日書類整理をしていました。
通話明細を見ながら、さてケータイは2つ持ちか1つ持ちか?という話題はここ数年つきない話題の一つです。
2台持ちが良いと思ったのは、2007年のソフトバンクのホワイトプランができてから急激に変化したと感じます。
その頃はソフトバンクの電波問題が大きなテーマで、通話品質のドコモと通話料金が安いソフトバンクの2台持ちがトレンドになった頃です。
当時は競合他社において同じような料金体系はなく、むしろソフトバンクの専売特許に近い部分がありました。
それから購入方法から料金プランに至るまで気づけば、auもdocomoも同じ料金体系になったのは周知の事実です。
2013年現在、auのLTE電波問題がクローズアップされ、かつて電波品質が悪いソフトバンクは以前に比べ、批判されることは無くなりました。
それでもソフトバンクの電波はいまいちだという風評はすぐすぐ解消されるはずもなく今日に至ります。
私の場合は、様々な事情でケータイを複数持たざる得ない状況です。
auは一般通話専用に特化し、ソフトバンクはデータ通信を目的に使っています。
ケータイ1台の時と2台の時の損益分岐点はどのあたりかと言えば
auが約3000円
SBが約7000円
ですから2台で10000円です。
とは言え、1ヶ月1万円以上ケータイ料金がかかるのは精神衛生的に良くありません。
通話だけで考えれば、月3000円が限度と考えます。
そうするとiPhone1台分の金額が無駄じゃないか?という話。
結論から言えばYesです。
1台減らすのは難しい一方、月々のランニングコストを減らすにはスマホのみにする・・・と言いたいところです。
難しい話題です。

Comments are closed.