光インターネットのランニングコスト考

1月にNTTから届いた三行半(みくだりはん)の手紙が届いて以来、10数年使ったNTTの回線をやめる事にした。
年度末はなにぶん忙しい事もあり少しずつ切り替え、今日すべて完了した。
インターネット回線をいきなり外すと、その途端にインターネット難民になるわけですから、徐々に廃止することにした。
2月にFAXで使っている電話番号を光回線から撤去し一般電話回線へ移行しADSL化
3月に入ってから電話回線をケーブルプラス電話へ移行。
そして、電話やADSLの動作を確認したところで満を持して解除。
まぁNTTにしてみれば、「解約金(3万円)+α」がかかるので、おおくすはやめないだろう?と思っているようだった。
NTTから「解約の理由をお聞かせいただきたい」といつものアンケートを言うので、私は臆せず
「1月に**センタの○×さんから手紙が届いた事に憤慨したので解約する。完了したので、**センタに連絡を取って折り返し電話をください」と伝えた。
そんな憮然とした態度だが、私は相手の態度次第で契約をやめる事は多い、いや言い方が違いました。
・・・・やめても選択肢があり、NTTにこだわる理由はどこにもない。
が正しい答えでした。
郊外おいてもNTT一択はもうなくなっています。
その一つが「[g]ケーブルプラス電話[/g]」の存在です。
ケーブルプラス電話は、KDDIが展開するサービスで、NTTと比べ月額が安い。
通話料金は、マイライン利用時と変わりません。
さらに、auケータイとのセット割があり、au向けケータイの通話料がなんと「無料」
自宅電話として登録を入れると、自宅向けも「無料」と1度で3度おいしい。
ケーブルプラス電話に加え、インターネットも光回線とまでは行かなくとも、約半額から利用できる。
会社によってはセット割引もあるため、こちらも選択肢として良いと思う。
NTTの光回線+電話の基本構成単価は
NTT基本料金(5400円)
ひかり電話料金(1500円)
プロバイダ料金(1200円)
合計 8100円(税込8505円)
これに対し、今回の改定案は以下の通り
ケーブルプラス電話 (2330円)
アナログ電話    (1600円)
プロバイダ料金   (1880円)
合計 5810円(税込6100円)
一見、あまり金額差がなさそうに思いますが、これにそれぞれ割引額を加えると
NTTが766円割引の税込み7738円
今回の改定案による割引額は1580円割引して、4310円
(内訳 auセット割 100円、ソフトバンクセット割 1480円)
この差額として月額 3428円
年間で4万1000円の差が出るわけですから、今年1年分はペイできなくとも、次年度で大きく差が開く算段となります。
ただ、この方法は光回線の方法に比べ無駄じゃないか?と思われがちですが、確かに「無駄」です。
この回線構成はあくまでも私の会社における回線構成案であり、一般家庭においては、アナログ回線+プロバイダの構成ないし、ケーブルプラス電話+ケーブルインターネットと考えるのは至極当然の流れと思慮いたします。
インターネット回線と体感速度の相関図は
64k~1M未満 ~ 回線速度の遅さが目立つ
1M~5M未満  ~ ダウンロードで遅さが目立つがブラウジングでは気にならない
5M~20M未満 ~ FTP転送において遅さが少し気になる
20M~     ~ ダウンロード・ブラウジングにおいてあまり不満は無し
回線テストを行ったりダウンロードの実績を見る限りでは、光回線をあえて利用する必要性はなく、むしろADSLやケーブルテレビで十分だと考えられる。
私の会社におけるADSLは以下の通りで、線路情報の結果に基づく判定は約20M~30M程度の速度が期待できる
5.1:678:384:350:198:senro:none:1:1::
相関表に基づいて裏付けるデータがあります。
ダウンロードはある程度のスピードが必要ですが、アップロードはあまり必要ありません。
120.4:640:1136:197:350:2013-04-15233432:none:1:1::
こちらは私のスマホですが、アップロードは皆無に等しいのがよくわかります。
4ヶ月でアップロード(送信)が500M、ダウンロード(受信)で1.7Gすからいかにダウンロードが多いかよくわかります。
ADSLはダウンロード重視の回線構成となっているため、アップロードは光回線に比べ遅い。
ただ、実際にアップロードを使う場面はあまり多くないため、あまり実害がないのも事実。
光インターネットとADSLはどちらがよいのか?
という設問は愚問に近い。
私は、月1000円で光、電話が月500円でフルオプション付きならよいがそんな会社はどこもない。
声を大にして言おう。
光回線。メリットが出るのは、電話回線として集約するため。
インターネット利用においては、ADSL程度の性能で十分
言い換えれば
実測20Mでる回線なら、ADSLでもLTEでも良いということ。
100Mの光回線が必要となる時代は、もう来ているはずだが何かがおかしい。
気づいた事は
・・・・回線使用料が高いんだよ。
・・・・インターネットはNTTの専売特許じゃない
・・・・光以外にも無線だって十分実用になるって事。

Comments are closed.