ざーっとする考え方

キチキチ仕事をするのは当然のことですが、実はざーっとした仕事をすることも時には大事。
いや、ざーっとしているように見せる仕事と言うべきでしょう。
いつの時代も言われることですが、自分と同じ能力を相手に求めるな。相手も同じ事ができるとは限らない。
そのせいか近頃はあまり相手に過度な要求が減りました。
その理由の一つに、3つの無駄があります
「時間」
「労力」
「金銭」
です。これは、どれも計算式で成り立つ話ですから、当然ながらどれをとっても時間・労力・金銭の無駄はしたくないものです。
金銭の無駄はどうしてもあり得る話ですから、ここは多少目をつむる事が大事です。
仮に相手の手落ちで金銭的無駄が生じた場合は、時間と労力を最小限にして金銭的無駄を考慮する手段を講じる事は当然ながら大事なことではないかと考えます。
ざーっとする考え方は普段私が心がける緻密な考え方と相対する事ですが、今はこのざーっとする考え方ができずぎくしゃくするのが多いように感じます。
ちょっとむっとすることもちょっと一呼吸。
ざーっとすることは悪いことではありません。
さて、今日はこのあたりで

Comments are closed.