ケーブルプラス電話のポータビリティ完了を確認する手順

先日工事した、ケーブルプラス電話ですが
開通予定日が誰も分からないと言う悶々とした日々を過ごしているのですが、
実は開通予定日を知る方法があったのだ・・・
ほとんどの場合がNTTからの引継ぎが多い為、NTTの回線は移行を持って解約となる。
実はこのNTTの解約スキームがケーブルプラス電話の「開通」となるのである。
私の場合は、3月1日(金)に工事したのだが、開通は3月12日(火)という。
かつてNTTのひかり電話が中6営業日必要というスキームから行けば
開通翌営業日から起算して6営業日でカウントしたら
3月4日申請
3月5日手続依頼(NTTのシステムへ反映)
3月11日開通
と言う流れの様だ。
もっとも、ケーブルプラス電話がいつから使える様になるか世間一般は気にとめる事は無くてさほど問題無い。
ただ、開通日が気になる場合は、NTTに電話番号廃止の手続きが何月何日に入っているか?を尋ねるのは実際、筋違いなのだが、KDDIもケーブルテレビ会社も分からない以上、この確認方法が一番確実で簡単につかめるようだ。
私の会社では、ひかり電話を使っているのだが、現在使用中のHGW(ホームゲートウェイ)は引き続き無料で使えると言う。
おかしな話なんですが、本来はユニット交換が前提となっているホームゲートウェイも内部の番号抜きだけで良い事から、そのまま使える様にするのは道義的どうかと言う話ではあるものの、NTTがよいと言うなら大丈夫と考えよう。
KDDIのサービスを批判するつもりは無いのですが、
ケーブルプラス電話が開通したら同時に「番号」も同日移転できる様に改善していただきたい
今は無理かもしれないが、近い将来可能になると確信している。
開通まで後数日。
利用開始になったら改めてレビューしたい

Comments are closed.