NTTファイナンスへ債権譲渡に関する要件等のまとめ

先日から、NTTファイナンスへ移行されるされないのドタバタが始まった今月。
コメントされたユーザの情報を検証するべく、関係各所へ再度確認をした。
確認した疑問点と回答は次の通り
<1>NTT西日本(地域会社)
Q NTTファイナンスへ移行がされない事があると聞いたがこれは本当か?
A あります。当社としては原則ファイナンス社へ移行を促していますが、特段な事情及び契約構成によっては、一部対象外となるサービス契約者(大口法人サービス)は引き続きNTT西日本から行います。
Q NTT西日本からの請求を引き続き求める事は可能か?
A できます。その旨、お申しつけていただければ2012年7月以降も可能です。
Q 料金の締め日が現在10日です。まとめて請求はドコモ(月末締め)になっているが統合できるか?
A 支払日は月末に調整できますが、請求締め日はこれまで通り10日です。しかし、支払締め日が複数ある場合に限り、末締めへ統合もできますが、お客さまの場合は対象となりません。
・・・つまり、私の場合はそのままであれば、NTTファイナンスへ移行対象であるが、希望によりNTT西日本で請求を継続する事もできる(個別対応)となる。
<2>NTTドコモ(移動体会社)
Q NTTファイナンスへ移行がされない事があると聞いたがこれは本当か?
A 一部の法人顧客を除き、当社はすべてファイナンスへ移行となります。
Q 特別に対応は可能なのか?
A 現在のところは予定はありません。
・・・NTTドコモは、法人の一部に関して対象外となるケースを除きNTTファイナンスへ移行が原則という。
<3>NTTコミュニケーションズ(長距離・データ通信系)
Q NTTファイナンスへ移行がされない事があると聞いたがこれは本当か?
A 一つの請求コードで複数のサービスを契約しているお客さまが対象です。ほかにOCN以外の法人向けサービスを契約しているケース(BizFAX等)も移行の対象外となり、引き続き当社より請求致します。
Q 統合で請求の締め日が末日に統合されると聞きましたが、可能ですが?
A ファイナンスへ移行対象外となっている為、できません。
・・・私の契約形態では、対象の有無に関わらずすべてNTTコミュニケーションズからの請求は継続されると言う。
つまり
NTT3社の内、ファイナンスへ7月以降移行されるのは、NTTドコモだけで、地域会社(西日本)及び長距離会社(コミュニケーションズ)はこれまで通りの請求となる算段です。
まとめて請求が機能するどころか、むしろ問題点ばかり浮上した結果となったのは残念ですが、3社分の請求がそれぞれに届く事態だけは避けられただけでもほっとするばかりです。
NTTドコモに関しては、特例措置が執られておらず、この部分だけ見れば一番移行に力を入れているのがドコモかもしれません。
西日本とコミュニケーションズは譲渡に関する手順が複雑で簡素な契約だけを移行し、それ以外は残した印象です。
当初のもくろみが外れた私自身にとって今回の件は、予想外でした。

Comments are closed.