郵便為替と銀行小切手

今日は、キャッシュバックキャンペーンで届いた郵便為替を換金するべく郵便局へ。
裏面に書いてある、奇妙な文字?に疑問を持ちつつ窓口で尋ねる。
銀行の小切手は銀行窓口で預金口座に入れるというごく当たり前?の事が多い一方で、郵便為替はそれから考えるとやや事情が異なるようだ。
銀行の小切手は、原則論として「払い出し支店」以外ではすぐに換金できない。その為、いったん預け入れをして、後日換金すると言う流れをくむが、郵便為替に関しては最寄りの郵便局であればすぐに換金できる。
そう考えた時に、ふと疑問に思ったのが「郵便為替を銀行へ持ち込む事がかのうか?」と言う素朴な疑問。
(定額為替を購入して銀行へ持ち込むと言う方法はあるのだが)
結論から言えば可能?らしい。
ただどこまでできるのかはやや不安が残る返事だったので、あえて触れない事にした。
その一方で、銀行の小切手を持ち込む事は可能か?と言う問いには「可能」である回答。
ただ、手形交換所の関係云々というのがいささか気になったが、結論からすれば
「郵便為替は、郵便局で換金しよう」
「銀行小切手は、銀行で手続きしよう」
と言うのが最終的な結論である。
どちらがどう良いかは私にもわかりませんが、有価証券(いわゆる小切手など)は銀行へ持ち込み、郵便為替に関しては郵便局へ持ち込もうと言うのが結論です
<追記2012年8月19日>
その後、定額小為替が手に入り早速取引銀行で確認したところ、他店券として処理が可能という事が分かりました。
つまり、郵便局から銀行へ払い込む際に現金を使わないで持ち込む場合は、ゆうちょ銀行払い出しの為替を切って、その証紙を入金したい銀行へ持ち込む。と言う方法が一番かもしれません。
手数料は掛かりませんが、資金化するのに数日かかるため、現実的な対応ではありません。

Comments are closed.