au版iPhoneとSB版iPhoneの徹底比較

au版iPhoneとSB版iPhoneが似て異なる部分はいくつかあり
どちらが良くてどちらが悪いとは考えていません。
電波の問題だけで見ると確実にau版がよさそうです。
ただ問題はiPhoneでどういうことを行うのか?と言うところになりそうで今日も取引先において「auに変えようと思うがどうか?」と意見を求められました。
au版iPhoneのメリットははじめに「電波」、次に「料金システム」があげられます。
多彩な料金システムがあるau版はパケット定額こそソフトバンクに比べ480円の価格差があるものの、従来通りのプラン選択ができる点では安心して利用できると思います。
一方、ソフトバンクはホワイトプラン(i)を基本としたパッケージとなっており最低料金プランとして
基本料金+パケット基本+パケット定額という3点セットが既定路線です。
料金面もほぼ互角ですから、違いは無いだろうと思いがちですが、いろいろと問題点がわかってきました。
その一つに「メールシステム」の違いです。
ソフトバンクのiPhoneはemailがsoftbank.ne.jpとi.softbank.jpの2つがあり、どちらへ送ってもメールがリアルタイムに届きます。
しかしながら、au版のiPhoneはezweb.ne.jpしか提供されず、メールの受信は手動が原則となるためリアルタイムに届いたかどうかを確認するすべがありません。
ezweb.ne.jpに相当するメールはソフトバンクではi.softbank.jpとなります。
この点をお客さんに説明したところ「参ったなぁ」ということで機種変更(いわゆる他社乗り換え)を断念する結果となりました。
ezweb.ne.jpのメールでauが特に便利だと思うのが「auone.jp」のメールアドレス。
KDDIの公式サイトにも利用推奨の案内が記載されていました。
私自身はauの携帯を使っており、メールもauone.jpを併用しています。
これがなぜ便利か?と言えば、ezweb.ne.jpに届いたメールがすべてauone.jpへ転送される仕組みとなっており、このメールはPCで受信できるのは勿論のこと、ソフトバンク版のiPhoneにも設定可能な為、auに届いたメールはすべてソフトバンク版のiPhoneで確認できる仕組みです。
これはかなり大きなメリットだと認識しています。
au版iPhoneへ移行するユーザーのうち今回の問題を購入後に知った方はかなり多いはずです。
単純に電波問題だけでauへ乗り換えた後、しまった!と感じたユーザーは多いはずです。
この問題は残念ながらあまり大きく取り上げられていません。
私もこの問題が解消されない限りはau版のiPhoneは買いだとは言えそうにありません。
単純に「スマホ」だから仕方無いでははっきり言いまして「片付けられる」ことだとは考えておらず、致命的だと思います。
携帯電話の良さだった「即時通知」機能が今回全く機能しないでは正直不便としかいいようがありません。
一方で「一日中アラームばかりなって迷惑だ」と言う意見も当然ですがあると思います。
それ故に「選択」できる仕様にするべきだと私は考えます。
たかがメール機能ですが、ソフトバンクと互換性があるとは言い難く今後の課題になると認識しています。
次期モデルにおいてこのメール問題を克服し、サービス向上が図られ、さらにソフトバンクと同じ通信方式を持つ、NTTドコモが発売するのは正直時間の問題と見ています。
MNPでソフトバンクへ持ち出すケースが多い昨今、NTTドコモがはじめた段階でサービスの構図は大きくかわるはずです。
むしろ私はNTTドコモでiPhoneが発売された時点でスマートフォン時代の幕開けとなり、国内メーカの熾烈な争いがさらに激化すると見ています。
これによって懸念すべき問題がいくつかあります。
一つはiモードのコンテンツ販売が激減することです。
今のスマートフォンでは、imodeのコンテンツが利用できない為、これまで定期的なコンテンツ販売も解約となり国内事業者が窮地に立たされるのではと思います。(勿論、auやソフトバンクも同様です)
こういった問題をどのように解決するかが今後の鍵を握ると感じています。
携帯電話の2台持ちより可能な限り1台で済ませたい。
これがユーザーの本音だと考えます。
アンドロイドが悪い印象を持っているのは、iPhoneに比べ「動作スピードが遅い」事でしょうか。
私自身iPhoneが好きというよりは「軽快な動作」+「料金が比較的低廉」である2つが理由です。
(いわゆる現実主義です)
このアンドロイドの問題が解消され、iPhone以外の端末が注目される為には打倒iPhoneではなく、
新しい「トレンド」を構築しなければと考えます。
ひとまず、au版iPhoneは「メール機能だけ目をつむってもらえば」十分利用価値のある端末だと思います。
私はむしろ、パケット契約は一切合切使用せず、電話のみ利用して、インターネットはwifi限定とする方がずっとメリットがあるのではと思うのです。
いずれにしても今後発売予定とされているWiMAX版iPhoneや第4世代通信対応iPhoneが登場すると聞いております。
今後の端末がどう進化するか注目していきます。

Comments are closed.