スケジュール管理と一日の過ごし方

毎日の生活があまりにもぐうたらしすぎているせいか、朝が非常に短く感じる毎日です。
一日のコアタイムが約8時間ですが、その割合は午前中2時間、午後6時間の合計8時間であるものの
これを午前6時間、午後2時間にしてみるとどうなるか?
考えてみれば午前中を4時間どうやって増やすか?にかかっているかもしれない。
個人事務所で仕事をしている自分にとって、このスケジュール管理はとてつもなく重要な事で
とにかく最近多いのが、時間外の電話。
その連絡内容が重要なことならまだしも、急ぎじゃない事がほとんどである。
朝の時間をどうやって増やすか、自分なりに考えてみた。
1 朝から新聞を読み、思考回路を作る。
2 メールのチェックをスマートフォンで行う
3 パソコンを起動してメール返信をする
4 ブログを書き、ツイッターをチェック
5 一日の業務予定を確認
6 始業開始(10:00)~
(その間、電話応対や外出あり)
7 業務終了(18:00)
8 晩ご飯
9 読書その他
10 就寝 23:00
という事だろうか。
予定は未定と思いながらも規則正しい生活って言えば、小学生の頃から言われていたことに思えるのだが
この歳になってその重要性が改めて感じさせられた。
最近、あるところで話しをするのですが
良いものを作るなら
「限られた予算」「限られた時間」「限られた条件」
で完成させるからこそ良いものはできる。
どれか一つでも欠けてしまうと、良いものはできない。
それが「仕事」でないか。と思うのだ。
自分にとっても耳が痛い話ですが、ぼちぼちやっていこうと思います。

Comments are closed.