スマートフォンを契約してみた

スマートフォンが発売されて早数年が経過するものの、他人事のようにまだ「自分」には不要と言い聞かせながらすごしていました。
しかし、そろそろ必要性に駆られて、契約をすることに
手元に携帯電話が5台(うち1台はデータ端末)が並ぶのは圧巻と言うより「あ然」というのが当てはまります。
iPhoneを契約する事になった理由は至って簡単であった。
auやdocomoの機種は既に2年経過という事とアンドロイドOSはどちらのキャリアを選んでも障壁は無い。
しかし、iPhoneに限っては、SoftBankしか提供してない
と言う選択肢をふまえ、今回はiPhoneを選んだ。
いざ使ってみると、便利だと言うことに気づかされる。
わたしのようなずぼらな人間は、ウェブサイトのテスト用でしか使っておらず、本来の機能を生かし切れていない。
ただ、便利だとおもったのは、Youtubeがアプリで動く事
ほかにも特筆する点はあるのだろうけど
思い浮かばない
携帯電話がこれだけ進化して来るのを見るわたしに取って
10年後はすべてスマートフォンが基本になるだろうとおもう。
ただ、従来型の携帯電話が廃れるとは思えず、
その理由の一つに「全世代」に使えるものでは無いと言う事。
取引先の一つに、視覚障害者の方がいる。
特に操作のキータッチがすべて音声変換される事やボタンに点字が打点されている事もふまえると、全面タッチパネルのスマートフォンでは到底不可能な事である。
もちろん、リアルタイムに凹凸を出す機能もあるそうだが逆に構造面で故障があると予想され、まだ実用品を見たことがない。
これからの携帯電話はスマートフォン+従来型携帯電話+モバイルデータ端末
の組み合わせが一番スマート?な構成とすら思える。
ただコストをどうやって「スマート」にするかは当面の課題だろう。
わたし個人の考えでは「データ端末」を組み合わせる事で、パケット定額を全国で利用できるのではないだろうか?と
携帯電話はauのWIN端末
データ端末はdocomoのFOMAまたはxi
スマートフォンをiPhoneで持てば一番安くて便利に活用できるのではないか?と個人的に思うところだ。
今後の研究課題が増えた今日この頃である。

Comments are closed.