勉強会のテーマを考える~ブログとマーケティング

最近は色々な勉強会の案内状をはじめ、様々な業種からのDMが届きます。
もっとも、勉強会と一言に言っても「人を集める為の勉強会」なのか、「仕事に役立つ勉強会」では、似て異なる事と思う。
今回、勉強会のテーマの一つに掲げているのが「ブログとマーケティング」
これは、日々の出来事をブログで掲載する事の意義とその役割を紹介する事ですが
トレンドというのは、なかなか見えてきません。
ブログに掲載する記事は「役立つこと」は当然ですが、時として「力を抜いた」話題が掲載されてもそれは良いことだと思うのです。
その一方、機密(守秘義務)に関わる事(特に取引先)はたとえ、名前を挙げないにしても業務に支障を来す事になるため当然、慎重にならざる得ません。
ブログとマーケティングという言葉の裏には「本当に必要とする情報」をどれだけ提供できるかだと思います。
つまり様々な場面で「アンテナ」を張り、その記事について関心を持つ事。
ブログが与える影響は社会全体から見れば、軽微なモノです。
しかし、顧客に「ブログ更新の意義」を唱える以上、我々制作者も「しっかり」としたブログ更新を続ける事は責任だと思います。
掲載する記事が「単なる趣味」の話題だけではすぐに「飽きて」しまいます。
ブログの検索結果を、調べてみると、毎回とある「会社」が検索ランキングに上ってきます。
この会社は残念ながら「危険」という事で通告した会社です。
それ故に、被害者が多い事を裏付ける結果でしょうか。
様々な事例と掲載基準は次回以降で紹介することにします。

Comments are closed.