中古パソコンと最近の傾向

中古パソコンも最近は、買うのが難しくなりました。
パソコン屋として買い取ることもたまにありますが、先日近所のパソコンショップで中古品をみたときに驚いたことがありました。
一例として液晶ディスプレイがありますが
新品 12000円
中古 11000円
・・・・どっちを買いますか?
というレベルなのです。
正直私たちも「やりづらい」時代になりました。
店頭では、採算性を考えて価格付けがこのあたりになっているのは、頷けるものの
やはり消費者としては購入するには少しつらいような感じを受けます
もちろん、中古が絶対だめとはいいませんが、わずかな手出しで新品が購入できるなら、新品のほうがよいのでは無いかというのが私自身の考えです。
パソコン自体も年々、低価格傾向にあり、私たちが考える相場で買い取り・販売するのは正直厳しくなりました。
しかしながら、買い取り市場・個人売買市場は依然活発に動いていることから、今後もこの分野に対する動きは注目してよいのでは無いかと思うのが正直な感想です。
ますます、目が離せなくなりました。

Comments are closed.