雲仙のツツジと散策

今日は、昼から雲仙まで出張しました。
お客さんと商談もかねてあちこち立ち回って仕事がなかなか進まないところですが
暇あれば立ち寄りたいところも蓋あけてみると思ったほど立ち寄れず・・・。
久しぶりに雲仙焼の窯元を訪ねてみました。
陶芸家の石川氏がロクロを引く姿を見ると、はたからみると簡単そうに見えるのですが、
手慣れた動きで、同じ形を次々に作っていく姿はまさに達人そのものです。
当代の石川氏は大の機械いじりが大好きな方で、ハイテク機器の話題にはいつもことを欠きません。
ホームページも自ら制作管理するほどの腕前です。
雲仙の夕暮れはすでに寒さもピークになっており、少し肌寒い感じがしました。
雲仙の温泉街は、ミヤマキリシマ(通称:雲仙ツツジ)が見頃を迎えており、仁田峠のほうもそろそろ満開になるのと思いました。
雲仙の空は雲一つ無いさわやかな青空でした。
仕事で出かけてなければ、どこかの温泉に浸って、のんびりといきたかったところですが
なかなか思うように仕事が進まないのが現実なのかもしれません。

Comments are closed.