携帯電話を賢く購入するには?

携帯電話が以前に比べ、高額になったことは記憶に新しい事とおもいます。

普通なら携帯電話を購入するのは、今使える携帯電話を壊れるまで使ってから・・・と思いがちですが

経済的負担がなければ、壊れないうちから「購入」しておくことが、携帯電話を賢く長く使う秘訣です。

私自身、現在使用している携帯電話は約2年前に購入しましたが、使用し始めたのは今年に入ってからです。

約1年間、放置していた事になります。なぜこういう事にしているのか?

それは、故障したときの携帯電話修理費等のリスクを軽減する為であります。

また、近年の流行りである「2年縛り」契約がブームになっている以上、いかに短期間で機種を買換出来るか行う事も大事では無いかと思われます。

携帯電話の平均寿命は2~3年と見られ、1年で買い換えるには「早すぎる」のが個人的な見解です。

電話会社各社「2年分割」が当たり前になってきた事をみれば、1年で分割して決済出来るようにするのが、経済的には少し負担が上がりますが、精神的には短期間であるため、楽です。

携帯電話を機種変更しても1年分割で購入して、その間使用しなければ「分割金」を支払っても「機種は新品のまま保管」、分割金を支払い終わる頃に、新しい機種を使い出す。それから1年経つ頃に、今度は分割無しで機種を「一括購入」出来る事を考えれば、購入の仕方で「経済的負担」を最小限に留められる事は、大きなメリットと思っています。

いずれにしても
>機種変更したからすぐに使用開始ではなく
>故障するまで「新しい携帯は使用しない」
>分割するなら1年で完済する
>可能な限り機種は「一括購入」が良い

といった事はあまり知られていません。

たとえば、auのシンプルプランで980円をえらんでも分割金で2年間840円ならば、840円割高の2年契約の従来プランで契約するのと全く変わりません。

それならば、一括で購入するか、従来プラン(いわゆるフルサポートコース)が良いのは明白です

ソフトバンクが「他社の方法」を見習ったのか、「機種」+「基本料金」は絶対支払う条件に改定したのはその為だろうと思われますが、プレリリースでも触れられず、プラン紹介でも素通りされていますが

ソフトバンクに限って言えば、「ロープライス利用」のユーザーをつぶすためであり、今までの良さをみすみすつぶした様に感じます。

携帯電話の購入方法がますます、難しくなったと感じます

Comments are closed.