IP電話(BBIQ光電話)~本当に便利?

最近一番取り組んでいる話題です
事務所環境を一気に改善させるべく、小さなものから一つずつ捨てる事を始めました
まず、ゴミを減らす・・・・環境資源に大事な事ですが・・・なかなか減りません。
無駄な契約を見直す・・・・代替手段との比較を取りながら・・・・
その中でも、一番効果的な話題が
電話回線の見直しといった所が良く取り上げられますが
一般回線をIP回線へ移行することは、どんなに安くなっても触手が伸びません。
追加でIP回線を付加していても、あまり効果を見いだせず結局廃止
IP回線の魅力は「全国一律通話」である点に尽きます。
さらに、基本料金が300円~(BBIQなど)とリーズナブルですから、NTTなどに比べると5分の1程度に費用を抑えられます
かくいう私の会社でもBBIQが敷設されているので、IP回線(光電話)がよさそうですが
使い勝手が悪い事で、使っていないのが現状です。(現在は廃止しましたが)
古い人間なのか、どうしても光電話には未だに抵抗があり、ポータビリティをかけると安くなる営業マンの声も無視してそのまま使った経緯があります。
BBIQのIP電話(光電話)が使えなかった大きな理由として
「NTTの一般回線に比べ、付加サービスが少ない(全サービスの移行が出来ない)」
「BBIQだと電話帳が有料になる(結構大事な事)」
「特殊番号への発信に制限がある(すべてに発信できるとは限らない)」
これは、NTTのIP電話(ひかり電話)にも同じ事が言えるため、安いから良いとは言えず、発信先規制にいたっては、BBIQよりもさらに減ります。(オプションなどは、BBIQより幾分か充実しています)
形だけ固定電話として使うにはこれほど便利なサービスはありませんし、用途を限ればの話です
私にとってみれば、あまり役に立たないサービスと映ってしまうのは致し方ありません。

Comments are closed.