日本郵便研究

郵便局の新サービス「ゆうパケット」と「クリックポスト」

投稿日:2014年5月23日 更新日:

image_pdfimage_print

日本郵便から発表された、新サービスの名称が「ゆうパケット」と「クリックポスト」

商品としてはいずれも同等で、ゆうパケットが一般事業者向けで、クリックポストがヤフーを経由した個人向けサービスになっているのが特徴です。

ゆうパケット差し出し見本2 clickpost

名称が異なるのは、日本郵便が専用で販売する商品と、ヤフーブランドで販売する商品の違いとみています。

 

ただ、サービスレベルが似て異なるのは、ゆうパケットは事前契約が必要という観点から、「料金後納」が必須とみられ、クリックポストはヤフーで払い込みをすることでポスト投函ができるという仕組みになっています。

 

ゆうパケットの最大の特徴は「料金がオープンプライス」になっている点。

 

予想が外れない前提で申し上げれば、ポスパケットと同じ料金体系ではないか?とみており、そうなれば上限360円、下限が100円程度では無いかと思います。

ヤフーが164円として販売していることから、この料金帯を選べる事を意味しています。

 

ただ、私が少し気がかりなのは、既存のポスパケットとの兼ね合いがどうなるのかです。

ポスパケットの利点は、元払い・着払いができる点ですが、ゆうパケットはこういったサービスレベルが簡易版ゆうパックに近い側面を持っているように思います。

サイズが60サイズ以内で1kgという制約から考えると、ポスト投函を前提としたサービスレベルで、全国一律のサービスには最適とみています。

 

詳細の情報や契約条件等については、後日調べてみたいと思います。

Facebook Comments

-日本郵便研究
-

執筆者:

関連記事

no image

内容証明郵便のからくり。後納料金にできない「証明料」の怪

先般からある件で、内容証明郵便を差し出す事になった際 「窓口提出」の内容証明と「オンライン」の内容証明では手数料が違う事はわかりました。 しかし、日常から「後納郵便」を使う私にとって衝撃的な事実がわか …

料金受取人払郵便の申請

昨日に続き、郵便局の話題。 結構、郵便局の話が多いのですが、別に関係者じゃありません。>念のため 以前からやってみようと思った、料金受取人払扱いの承認が先日おりました。 じつはコレ結構面倒で、管轄支店 …

no image

後納郵便と集配業務の基本的な仕組み

自称日本郵便研究員のおおくすです。 さて、日頃から疑問(?)な後納郵便の仕組みについて、私見を交えながらご紹介。 これは、長崎支店をベースに説明していますが、他の支店も基本的には同じ流れをくんでいます …

料金受取人払郵便作成支援ソフト~Ez Post Print

料金受取人払郵便の事を紹介したのが6年前。 初めて作る料金受取人払郵便はとにかく、失敗の連続。 何度も郵便局へ通い、書類をそろえ原稿を作り、審査を待つ。   料金受取人払郵便作成支援サービス …

後納郵便と後納ポストインを使いこなす

後納ポストインをつかいはじめて丸2年が経過した。 ボクの会社において、後納郵便で差し出すのはむしろ当たり前、いや自然になってしまったのが恐ろしい。 ほとんどがキャッシュレスビジネスに特化しており、後納 …