日本郵便研究

郵便局の新サービス「ゆうパケット」と「クリックポスト」

投稿日:2014年5月23日 更新日:

image_pdfimage_print

日本郵便から発表された、新サービスの名称が「ゆうパケット」と「クリックポスト」

商品としてはいずれも同等で、ゆうパケットが一般事業者向けで、クリックポストがヤフーを経由した個人向けサービスになっているのが特徴です。

ゆうパケット差し出し見本2 clickpost

名称が異なるのは、日本郵便が専用で販売する商品と、ヤフーブランドで販売する商品の違いとみています。

 

ただ、サービスレベルが似て異なるのは、ゆうパケットは事前契約が必要という観点から、「料金後納」が必須とみられ、クリックポストはヤフーで払い込みをすることでポスト投函ができるという仕組みになっています。

 

ゆうパケットの最大の特徴は「料金がオープンプライス」になっている点。

 

予想が外れない前提で申し上げれば、ポスパケットと同じ料金体系ではないか?とみており、そうなれば上限360円、下限が100円程度では無いかと思います。

ヤフーが164円として販売していることから、この料金帯を選べる事を意味しています。

 

ただ、私が少し気がかりなのは、既存のポスパケットとの兼ね合いがどうなるのかです。

ポスパケットの利点は、元払い・着払いができる点ですが、ゆうパケットはこういったサービスレベルが簡易版ゆうパックに近い側面を持っているように思います。

サイズが60サイズ以内で1kgという制約から考えると、ポスト投函を前提としたサービスレベルで、全国一律のサービスには最適とみています。

 

詳細の情報や契約条件等については、後日調べてみたいと思います。

Facebook Comments

-日本郵便研究
-

執筆者:

関連記事

no image

業務効率化と企業の信頼性を上げる工夫。料金後納郵便のその活用

郵送と物流の効率化を目指すには 郵送で使う封筒の工夫が何よりも大事。 封筒も一般的に「長3」タイプが多く使われ、これはいわゆる「A4を3つ折りにして入る封筒」をさすものです。 私の会社では一般的に使用 …

no image

社用封筒と料金後納郵便

ようやく、会社の封筒をゴム印から印刷に切り替えたものの一種のためらいがありました。 料金後納郵便を一昨年にはじめてから封筒も作らねばと思っていましたが、わざわざ印刷会社に出すまではないだろう。 と言う …

no image

郵便局と郵便事業が合併「日本郵便」

平成19年の民営化から早5年が経過しようとするところで、先の国会で会社統合が決まったこの2社 細かい話は割愛しますが、さてこの「日本郵便」は、そもそも郵便事業会社が使っていた名称で、10月1日からは、 …

料金後納郵便で「配達証明」や「内容証明」は出せるのか?

人生で数える程しかもらったことは無い、内容証明郵便ですが 内容証明郵便自体、弁護士の専売特許か?と言えば、実際は違わず誰でももれなく出す事ができるものです。 料金後納郵便で「配達証明」や「内容証明」が …

後納ポストイン(後納郵便)の活用とその後

後納ポストインを使い始めて早3ヶ月。 あまりにも多い、事案を抱えつつドタバタがありましたがようやく収束したところです 私の会社では、後納郵便を定期的に差し出す事にしています。 これまでは、郵便差し出し …