近頃Apple Macintoshの修理が増えた

先月から、Apple PC(通称Mac)のパソコンの修理が異様なほど増えて、連日連夜の作業ですでにぐったりしている、おおくすです。
アップルのパソコンは、ライトユーザからヘビーユーザまでそろっており、私も最近になってMac Book Airを1台使っています。

アップルのパソコン修理・サポートに関しては、対応できる企業が少なく、スキルに差があるのは事実です。

macos10_9

特に最近増えた傾向としては、メーカの公式サポートが終了したMacOS(特にPowerPC系)の修理・設定のサポート多く、先月からほぼ毎週1回のペースでiMacにMacProをはじめ、Mac miniやG4mac等かなりの台数設定サポートを行っています。

今日は、Macをメインにしている会社でのサポートでしたが、端末とネットワーク機器の調整で一日外出でした。

Appleのパソコンは高度な知識と技術力が要求され、私も幾度となく辛酸をなめてきました。

それくらい、Macのサポートはやっかいです。

Windowsの場合はその点、まだ易しいのもあります。

 

先日、「MacとWindowsの対応比率はどのくらいか?」と言う話に、私は「Macが1に対して、Windowsが9」くらい。と答えました。

長崎市内だけでもMacを使っている顧客は、かなりいらっしゃいます。

多いところで20数台導入も大口顧客にいるため、パソコン修理はスピードと的確な対応力が求められます。

 

もちろん、すべてが私のところで対応できる案件とは限らない為、「この案件はメーカ依頼」を前提に対応願う。

と言う事ももちろんあるからです。

 

とはいえ、ほとんどのケースにおけるお客様対応の基本は

「パソコン操作・設定に関する実地対応のヘルプ」が欲しい訳で、Macアプリや操作に精通している「マニア」よりも、パソコン機器の挙動に明るい「専門家」が求められるのは言うまでもありません。

と言う訳で日々勉強です。

Comments are closed.