沈黙は金

「情報に価値がある」
そんな話を聞いて久しい。
自分のよた話は大したことない。と思っていたところ、最近はどうも違う事を知る。
沈黙は金と言う言葉は、この歳になって実感し、知っている事をすべて話すのではなく、知っていても「知らないふり」をする事の大事さがあるからだ。
場をわきまえると言う意味でもあるし、本当に必要な事をしっかり話す事の意義があるからだ。
どんな事よりも
「人はよく考え、よく聞いて、よく見て、話す。」
大事な事は、「情報はしっかり集めて」黙って実行。
本来の言葉の流れとして
「沈黙は金、雄弁は銀」
しかし、日本では
「口は災いの元」
とも言う。
何がともあれ、「黙っておけ」という事には変わりなさそうです。

Comments are closed.