仕事の本分を考える~10年後もビジネスを続けるポイント

割とマイペースな私にとって
仕事の本分とは何か?を自問自答してきました。
ボクの中で、仕事とは「人の役に立つ事」と思っています。
相手に提案し開拓する「提案型」もあれば、私のように問題に対処する「対応型」もあります。
何が自分にできるかを考えた時に、継続してビジネスを続けられるポイントを私なりにまとめて見ました。
ビジネスの存続は「継続収入」をいかに得られるかと言う事。
1:安定顧客の獲得
2:新規開拓をする投資
3:いつでも業態変更ができる体制
と言われます。
これは、ほかのビジネス書にあるありきたりの事ですが、さらにこれにくわえて大事な事として
1:在庫を抱えない
2:すぐに提供できる
3:どこにも無い独自のモノ
と言うことになるだろうと思います。
じゃあ、私自身このことをやっているのか?と言う問いについて
私の場合は、顧客層に若干問題ありで、小規模法人・個人に強い。と言うところがあります。
一方、大規模法人の獲得はほとんどできず(同業他社と勝負しても勝てない為)現在に至っているところです。
大規模法人に対してなぜ、ビジネスの獲得ができないか?と言うのは
「大規模法人には私の会社では提供するネタがない」と言う事です。
動くお金も大きければ、リスクも大きい。
小規模法人の場合は、動くお金は小さいが、リスクも小さい。
数を多く集めて、リスクを分散させると言う事も日常から取り組んでいます。
ビジネスにおいて大事な事は
「リスクを減らし、利益を増やす」
もちろん、優良顧客ばかりをつかめる訳ではありません。
世間一般に「不良顧客」と呼ばれるケースはもちろんあります。
本当のうまみは、不良顧客からいかに売上を上げるか?
たとえるなら、「ふぐ刺し」はうまいが、「ふぐ毒」には気をつけろと言う事。
ふぐ刺しに目が行きすぎて、肝心のふぐ毒に気づかなければ意味が無い訳です。
身の丈に合った仕事をしつつ、時には「勝負」する事も大事だと痛感する今日この頃です。

Comments are closed.